こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺シリーズ ≫ 「暗闇仕留人」で思い出した疑問

「暗闇仕留人」で思い出した疑問

時代劇専門チャンネルでは「暗闇仕留人」が、始まってます。
テレビ埼玉でも「助け人走る」が終わって、「暗闇仕留人」が始まりました。
「新・仕事人」だか、「仕事人III」がこんな風に重なったことがありましたっけ。

「暗闇仕留人」は、おきんと半次が出ている「仕置人」の続編っぽいんですが、舞台が幕末。
この後の「仕置屋稼業」「仕業人」「新・仕置人」「商売人」と続く世界とは、別の時間枠で展開しているような設定。
しかし主水、おきん、半次の関係から「仕置人」と世界は繋がってるようですし、ここが混乱するんですよね。

見ていて思い出したんですが、これ、半次が途中から突然、出なくなるんです。
この理由が、最後までわからなかった。
劇中でも語られなかった。
まるでいないのが当たり前のように、仕留人全員が半次のことに触れずに話が進んで行きました。

半次が最後に登場した回の前に半次が故郷に帰る、「切なくて候」という話がありました。
自分が故郷を出た原因ともいえる、若い義理の母を巻き込んだ仕留め仕事の話でした。
ここで半次が姿を消すなら、自分の業の深さと裏の仕事の空しさに嫌気がさしてしまった、という予想がつくんです。
しかし、そうじゃない。

大吉の過去が関わってくる「切なくて候」の次の回「過去ありて候」を最後に、半次は消えている。
「切なくて候」の後、「過去ありて候」で普通に仕事をこなしていて、その後に消えるから、消えた理由がわからない。
しかも「過去ありて候」で、大吉が半次に「お前、在所はどこだ?」と聞いている。
すると半次は「調布の先の、府中ってところだ」と、ちょっとユウウツそうに答えてるんですね。

あれー、この前、「切なくて候」で、大吉と半次は半次の故郷で哀しい仕事を終えてきたじゃないですか。
しかも大吉は、故郷に帰った半次が、いつもとはまったく様子なのもつぶさに見ている。
そこまで見ておいて、「在所はどこだ?」って辻褄が合わない気がします。
逆に、この「過去ありて候」の後に「切なくて候」が来れば、ユウウツそうな半次の顔が伏線になっている。

「切なくて候」では「一生一度の頼み」で身内の復讐を自分の手で成し遂げる為、半次は主水と大吉に動いてもらった。
悪の鷹匠を仕留めた後、半次は繋がれていた鷹を逃がす。
半次が大吉と江戸に戻る夕焼けの中、飛んで行く鷹を見て、「あの鷹、どこに帰るんだろう」。

「奴にもきっと生まれ故郷があるんだろう」と、大吉が言う。
「生まれ故郷か…」と、空を見つめて2度と戻らない故郷を背中にして、半次はつぶやく。
確かに、これで半次が消えちゃったら、かなり哀しかった。

だけど、理由は察することができた。
今まで、半次がいない時は、「長崎に品物を仕入れに行ってる」とかおきんの説明があったんですね。
だからせめて、「半次は長崎で仕入れに行った」とか語られていると良かったのに。

「仕留人」では、「仕置人」からのおきんの相棒・半次がこんな風に消えてしまったのは寂しすぎる。
半次がいなくなったので、おきんは「仕留人」の最終回で雪の舞う中、1人江戸を去っていきました。
おきん自身はしっかりと前を見つめて気丈に去っていきましたが、その姿は寂しく見えた。

「助け人」の最後は、文十郎とお吉、利吉としの、2組が好きな人と一緒に去って行けた。
あんなに好きだった文十郎と去っていく、お吉の笑顔。
きっと幸せな家庭を築くであろう、利吉としの。
好いた者同士が一緒になれたという点では、「助け人」は救いがあった最後だったんですね。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
半公の話・・・たぶん制作が間に合わなかったか何かして、放送の順番がずれてしまったのでしょうね。基本的に話が連続していない、一話完結の物語だから・・・でも、変更してみたら珍しくお話に連続性みたいなものがあっておかしな事になってしまったって所でしょうか?

助け人でも頭領が度々不在になっていましたが、名前だけ出していかにもいる体の時もあれば、旅に出ていることになっているときもあり、また何も一切語られないこともあったりして、すごく苦労しているのが伺えますね。

仕留人第1話では鉄と錠の名が出てきますからね。半公もおきんも手は遺書が回っているけれど、死ぬのなら江戸でって決死の覚悟で戻ってきたって言ってますし、明確に仕置人の後日談なんですよね。
なので、仕置屋家業以降がパラレルワールドなのかもしれませんね。
2012年04月12日(Thu) 13:44
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>半公の話・・・たぶん制作が間に合わなかったか何かして、放送の順番がずれてしまったのでしょうね。基本的に話が連続していない、一話完結の物語だから・・・でも、変更してみたら珍しくお話に連続性みたいなものがあっておかしな事になってしまったって所でしょうか?

ああ、放送の順番がずれた…、そういうこともあるんですね。
そういえば、「必殺」はいつも撮影がギリギリで穴が開きそうなときもあったんでしたね。

>助け人でも頭領が度々不在になっていましたが、名前だけ出していかにもいる体の時もあれば、旅に出ていることになっているときもあり、また何も一切語られないこともあったりして、すごく苦労しているのが伺えますね。

「助け人」の棟梁は、義賊大集合の話なのに出てこなくて、上方まで仲間を集めに行っていると姿を見せない理由を言っている回もありましたね。
為吉がいなくなってからは、旅に出ていると不在の理由がありましたが…。
確かにスタッフさんは、レギュラー揃っての撮影に苦労したんでしょうね。
半次は「仕置人」からのレギュラーなのに、一言の説明もなくて、寂しかったです。

>仕留人第1話では鉄と錠の名が出てきますからね。半公もおきんも手は遺書が回っているけれど、死ぬのなら江戸でって決死の覚悟で戻ってきたって言ってますし、明確に仕置人の後日談なんですよね。

「あの仕事は、錠や鉄みたいな奴がいなきゃできない」。
「どうせ死ぬならお江戸でって、帰って来たんだよな」。
「おい、俺だ!」と追う主水に「お久しぶり…」と言ったり、明らかにあの最終回で、江戸を脱出した後の話と続いているんですよね。

>なので、仕置屋家業以降がパラレルワールドなのかもしれませんね。

おこうが主水に「いっぺん、お仕置きをした人間は…」と言っているし、鉄との再会から、「仕置人」世界はあったことになってますよね?
「仕留人」コースと、「仕置屋稼業」コースがあるということでしょうかね、やっぱり。
2012年04月13日(Fri) 00:18
No title
編集
私も一度だけですが、テレビアニメの仕事をしたことがあります。
毎週土曜日の深夜に放送だったというのに、早くてその週の木曜日にできあがり。おそいと当日の夕方に放送局に届くという・・・案外テレビって綱渡りの仕事をしてるんだなって思いましたね。
もし放送に穴が開いてしまったらと、あの頃は毎日ハラハラドキドキの連続でした。
おかげで里程雲十分に出来ないままに仕上げに回したりして・・・あの作品(番組名は内緒!)は、もう、二度と見たくないですね・・・。
2012年04月13日(Fri) 12:22
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>私も一度だけですが、テレビアニメの仕事をしたことがあります。
>毎週土曜日の深夜に放送だったというのに、早くてその週の木曜日にできあがり。おそいと当日の夕方に放送局に届くという・・・案外テレビって綱渡りの仕事をしてるんだなって思いましたね。

アニメもそうだったんですか!
当日の夕方ってすごい。
交通機関が乱れたら、アウトですね。

>もし放送に穴が開いてしまったらと、あの頃は毎日ハラハラドキドキの連続でした。

間に合わなかったら、その週は休止で何か別のものに差し替えるんでしょうか。
たずわさっている方は気が気じゃないですね。

>おかげで里程雲十分に出来ないままに仕上げに回したりして・・・あの作品(番組名は内緒!)は、もう、二度と見たくないですね・・・。

1回分ぐらい、余裕があると良かったですね。
だからオギャンさんは、「仕留人」が製作が間に合わなかったんじゃないか?という予想をつけることができたんですね。
2012年04月13日(Fri) 14:54
No title
編集
昨夜、半次の最後のお話を観ました。
大吉が命を狙われる話は覚えていたのですが、あれが半次の最後のお話になってしまったのですね。

この最後のお話で大吉が半次の生まれを聴くのに、その前の回で府中に一緒に行っている・・・やはりおかしいですね。放送の順番が亜くぁったと鹿思えませんね。
さらに、その前の回では大吉が半次を巻き込んでこっそえりと二人だけで仕事を仕様として主水達に怒られる。そんな話があった翌週にまたもや今度は半次が大吉に頼んで内緒で府中で仕事を仕様としている。
大吉と半次、どっちが首になるかは変わっていますが、2週続けて同じ仕組みの話を放送しているあたりも、やはり放送の順番が変わったのだと思った方が自然ですね。
2012年05月02日(Wed) 13:38
オギャンさん
編集
>オギャンさん

お返事遅くなってすみません!

>昨夜、半次の最後のお話を観ました。
>大吉が命を狙われる話は覚えていたのですが、あれが半次の最後のお話になってしまったのですね。

大吉メインの話は、なかなか良かったです。
半次メインの話は哀しい、本当に「切ない」話でしたねえ…。

>この最後のお話で大吉が半次の生まれを聴くのに、その前の回で府中に一緒に行っている・・・やはりおかしいですね。放送の順番が亜くぁったと鹿思えませんね。

当時はビデオもないし、一週空いて、気にならなかったのかもしれないですが、DVDや再放送で見るとすごい違和感ありました。
それで、「あれ?だって一緒に生まれ故郷行ったじゃない。あんなに哀しい事件を一緒に見たじゃない」って思っちゃったんです。
どれぐらいの時間が経った設定かはわからないですが、さすがにあれだけの、幼い弟まで巻き込んだ事件を忘れてはいないでしょうと。
何か、会話おかしいなと思ってしまった。

>さらに、その前の回では大吉が半次を巻き込んでこっそえりと二人だけで仕事を仕様として主水達に怒られる。そんな話があった翌週にまたもや今度は半次が大吉に頼んで内緒で府中で仕事を仕様としている。

もうだって、おきんなんか喚いちゃったし、主水には責められるし、貢には「なりませぬ」のところにまで押しかけられちゃって、相当懲りてたでしょう。
半次は大吉にまで組み伏せられて疑われたし、絶対、どんな仕事でもみんなで相談して受けるってあれで徹底されたはず。
それと、半次の回と、その前と、2回続けて罪もない子供が犠牲になってますしね。

>大吉と半次、どっちが首になるかは変わっていますが、2週続けて同じ仕組みの話を放送しているあたりも、やはり放送の順番が変わったのだと思った方が自然ですね。

やっぱり製作側の都合で、放送順序がおかしくなったんでしょうか。
そういうことがあるんですね。
半次メインの回と、大吉の過去話の回と、入れ替えて考えると、しっくりします。
2012年05月03日(Thu) 10:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL