「三毛猫ホームズの推理」。

原作のホームズとは違うけど、猫がかわいかった。
この撮影に使うのに、大人しくて、扱いやすい三毛猫ちゃんがこの子だったのではないかな?
あの猫ちゃん、賢い。
ちゃんと演技してる!

笑ったのは、相葉くんが抱っこして、学部長室に入る時。
手足を動かしていて、あれ、抱っこしてるの大変なんですよねー。
「降ろせ」「離せ」ってな感じで動いていて、あれやられると、そのまま抱っこしているの大変。
あの時だけ、暴れてましたね。

家猫でもやっぱり猫科の動物って肉食動物で、肉食動物はやっぱり、すごいんだよねーと思う時があります。
このサイズ以上の猫科の動物だと、人間が一緒に暮らすのはなかなか大変というのがわかる。
あちらはじゃれているつもりでも、こちらには致命傷。
ライオンやトラやヒョウ、チーター、いや、山猫クラスにだって背中にじゃれつかれたり、猫パンチされたら「きえー」なんて言うだけじゃすまない。

さて、尾美としのりさんは上手いだけに、怖くてうるさくなってしまっていたのが残念。
怖くてうるさい怒鳴り声だと、猫で癒されるだけにハッとしてしまう。
もうちょっと、笑える風に変えたほうがいいんじゃないかと思いました。

石坂浩二さんは、さすが、役をものにしている感じがしました。
もうちょっと出番が多いと良いなと、個人的な好みで思います。
マツコデラックスは、猫を連想させるように猫っぽいメイクでやってるなと思いました。

原作とは別物と思っていたのと、猫を見たかったので、言いたいことはあっても私としては満足しました。
来週も猫見たさに、きっとチャンネルを合わせると思います。
…こんな感想じゃいけないか。
でも今後に期待してますよー。


スポンサーサイト
2012.04.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2176-0e4c2a58