こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺シリーズ ≫ 見たいのに

見たいのに

時代劇専門チャンネルの「必殺アワー」、「仕留人」の次は「うらごろし」。
それでその次が「必殺まっしぐら!」だそうです。
あー、三田村邦彦さんのかんざしの秀さんがメインの作品ですね。

一度だけ、再放送で見ました。
最終回、意外な黒幕の正体と、黒幕の攻撃にビックリした。
そうしたら、ファミコンをベースにして作ったとかで、そうか、最後はああいう攻撃になるのか。
「まっしぐら」の次は何だろう、って、「まっしぐら」に失礼だな。

「仕留人」がうれしかったから、「仕置屋」とか「仕業人」もお願いしたいところです。
7月から山崎努さんの「雲霧仁左衛門」が放送されるらしい。
うわー、うれしい。

90年代最高の時代劇と言っていいほどの作品。
本田博太郎さんの「州走りの熊五郎」が、めちゃくちゃカッコイイ。
時代劇の新作は、ないものか。
「必殺仕事人2012」の連続ドラマは、やってくれないのか~。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ご無沙汰しておりました。

私の「見たいのに」は、やはり「木枯し紋次郎」です。江口紋次郎の制作は1回きり。
必殺は1年に1回でも、あるだけにまだ救われますが、紋次郎はありませんねぇ。

もう、諦めムード全開です。

何がネックになっているのかわかりませんが、ホント、「見たいです」。
いろいろ批判もあったでしょうが、そこは目をつぶって、平成の紋次郎復活を願っています。
2012年05月04日(Fri) 14:23
お夕さん
編集
>お夕さん

こんばんは!

>私の「見たいのに」は、やはり「木枯し紋次郎」です。江口紋次郎の制作は1回きり。

ああ~、そうです、これはなぜ作ってくれないのかと思います。

>必殺は1年に1回でも、あるだけにまだ救われますが、紋次郎はありませんねぇ。

そういえば、そうですよね。
シリーズになるかと思っていたので。
あの、紋次郎放送の時は必殺と紋次郎、豪華な気分になれました。

>もう、諦めムード全開です。

キャスト、脇まで熱演だったのに。

>何がネックになっているのかわかりませんが、ホント、「見たいです」。

何でしょうね…、そんなに作りにくい、制約があるものかな…?

>いろいろ批判もあったでしょうが、そこは目をつぶって、平成の紋次郎復活を願っています。

やっぱり、まずは復活してほしいですよね。
それから後、いろいろと以前の作品も見てもらえるし。
紋次郎もまた、これをテレビで見られるなんてすごい時代だったなあ~と思わせる作品なので、復活してほしいですね。
敦夫さんが出てきた時は、これだけでも見てよかった!と思いましたし。
2012年05月05日(Sat) 00:34
No title
編集
こんばんは。

「まっしぐら」最終回、呆然な展開でしたね。

闇の世界の構図は冒頭から明かされてはいたものの。。。

そもそも、最終回の最後の戦いに意味はあったのかな、とも思いますが。

「雲霧仁左衛門」、楽しみですね。
2012年05月05日(Sat) 21:51
愚夫愚父さん
編集
>愚夫愚父さん

こんばんは。

>「まっしぐら」最終回、呆然な展開でしたね。

はい、私は最初、ファミコンがベースになっているとは知らなかったし、ファミコンの展開も知らなかったのでビックリしました。

>闇の世界の構図は冒頭から明かされてはいたものの。。。

なるほど、ファミコンでは、ああいう展開なのかと思いました。

>そもそも、最終回の最後の戦いに意味はあったのかな、とも思いますが。

それで、最後、ヒロインを救いきったんですよね。
パラレルワールドなんでしょうが、あんな風にして救ったヒロインと秀、後にまったく関連づけがなかったのは寂しい。
あれはあの世界だけで完結しているんでしょうが。

>「雲霧仁左衛門」、楽しみですね。

楽しみです!
山崎さんの代表作のひとつに数えてもいいぐらい、良かったと思います。
2012年05月06日(Sun) 00:26
No title
編集
「まっしぐら」はまったく観たことないですけど、資料本に載ってるゲストの方々を見たら観たくなってきましたよ。

牧冬吉、佐藤京一、平泉成、亀石征一郎、うえだ峻、黒部進、潮哲也、八名信夫

特撮でもお馴染みの豪華共演ですね。
2012年05月06日(Sun) 07:44
シャオティエンさん
編集
>シャオティエンさん

いつもありがとうございます。

>「まっしぐら」はまったく観たことないですけど、資料本に載ってるゲストの方々を見たら観たくなってきましたよ。

私は「まっしぐら」は、ローカルの再放送で見ました。
レギュラーも「こんな俳優さんが出てたんだ~」と思いましたが、ゲストさんも意外にベテランさんで固めてたんですね。

>牧冬吉、佐藤京一、平泉成、亀石征一郎、うえだ峻、黒部進、潮哲也、八名信夫
>特撮でもお馴染みの豪華共演ですね。

本当ですね、こうやって並べてみると豪華!
2012年05月06日(Sun) 10:40
No title
編集
「うらごろし」は、唯一一度も観たことのない必殺なので、うらやましいですね。
テレ玉でいずれはやってくれると思いますが、そこに至るまではまだまだ先ですね。^^;

ところで、今頃になって気がついたんですが、オープニングの白黒の写真、おきんは写っていないんですね。助け人や仕掛人では正式なメンバーではないからと言うのがあったのかもしれませんが、仕置人や仕留人は正式なメンバーで、物語の頭から裏家業に手を染めていた人だけに、ちょっと意外でした。
まぁ、モノクロで怖い表情で写らないと行けないので、女優さんとして回避したというのはうなずけるのですが・・・。
^^;
2012年05月07日(Mon) 12:15
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>「うらごろし」は、唯一一度も観たことのない必殺なので、うらやましいですね。

私は最近まで見ていない作品が結構ありました。
「渡し人」「仕切人」「橋掛人」「激闘編」「旋風編」「風雲竜虎編」「剣劇人」。
うわ、多い。

つまり「仕事人III」以降、見てないんじゃないか?ということに気づきました。
これらは、ここ数年の再放送で見たものが多いです。
でも、オギャンさんが見たことない作品があるなんて、意外です。

>テレ玉でいずれはやってくれると思いますが、そこに至るまではまだまだ先ですね。^^;

そうですね、今年中には放送されるかな?

>ところで、今頃になって気がついたんですが、オープニングの白黒の写真、おきんは写っていないんですね。

そうなんですよ、半次はいるんですが、おきんがいない!

>助け人や仕掛人では正式なメンバーではないからと言うのがあったのかもしれませんが、仕置人や仕留人は正式なメンバーで、物語の頭から裏家業に手を染めていた人だけに、ちょっと意外でした。

ねえ、足抜けで話し合った時、大吉が「裏稼業にどっぷり浸かった女が今さら足洗うのか」と言っていたほど、裏稼業の人なのに。

>まぁ、モノクロで怖い表情で写らないと行けないので、女優さんとして回避したというのはうなずけるのですが・・・。 ^^;

そうか、半次がいるのに、おきんがいないのは、女性だからあんまり怖い顔させられなかった…というのがあるのかな。
おきん、綺麗だから迫力あると思うんですけどね。
おきんが年齢重ねて貫禄つけて、元締めやってるところなんか、見てみたかった~。
2012年05月07日(Mon) 20:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL