株価も、えらい下がって始まった連休明け。
自分で自分に「ひえ~…」と驚く。
気圧が低くなるのが悪いのか、気温が急に夏になるのが悪いのか。
かったるい~!


このお休み中に録画していた「猫弁」を見ました。
「猫弁」は殺人事件が起きないので、サスペンスを期待していると違うかもしれませんが、逆に良かった。
大家さんも優しかったし、事務所の中では画面に猫が常に映っていて、脱力して笑えました。

話は靴磨きのおばあちゃんが出てきた時に、ああ、この人が本当は会長さんなんだなとわかってしまったけど、渡辺美佐子さんはさすが。
画面が締まる。
人間関係が次々繋がって行くのも、予想がついたとしても、こうやって楽しませるもの。

現代の童話として見られました。
棺誘拐犯が霊柩車の運転手さんが首になったのを見て、後悔するところとかも良かった。
誰も死なない、不幸にならなくて、ほのぼのと終わって良かった。
これはこれで良かったんじゃないかな。

続編があれば見ます。
いや、見たい。
次回、できれば猫弁のキレ者のところを見せてほしいです。
さ、私は私で、重い腰あげるぞ。


スポンサーサイト
2012.05.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2216-d6e53415