こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP暗闇仕留人 ≫ 主水を屈折させ、「必殺」に永遠の問題を突きつけた糸井貢

主水を屈折させ、「必殺」に永遠の問題を突きつけた糸井貢

電車に乗ってましたら、目の前の広告に石坂浩二さんが出てました。
今、「暗闇仕留人」の、繊細でいつもどこか哀しい糸井貢を見ているので、つい、注目してしまう。
友人が「昔のホームドラマで優しくて、知的な二枚目を演じてて、あの頃、石坂浩二って素敵なお兄さんって感じで、すごく好きだった」と言う。

ああ~、そうそう、そんな感じだった。
「女の子は、ああいうお兄さん、好きだよね」って、そうそう、そんな感じ!
だから「暗闇仕留人」を一番最初の放送で見た時、「へっ?!あの優しいお兄さんが?!」ってビックリしたんだっけ。

普段、殺し屋役とはまったく縁のないようなイメージの俳優さんを選ぶ。
視聴者を驚かせ、その俳優さんの新しい顔を見せる。
それが「必殺」の、殺し屋を演じる俳優さんの選び方だったとは…。
ホームドラマの優しいお兄さんとして石坂さんを認識していた子供は、まさにその「必殺」の戦略に乗せられたのでした。

こうして見直すまで、断片的にしか覚えていなかったんですが、それでも覚えていた印象深いシーンがいくつかあります。
まず、お雪さまご一行の悲劇、最後にそのお雪を食べるシーン。
そして、津川さんとの川の中のシーン。
津川さん、すごかったんですねー、貢を沈めて逆襲にあうシーン、覚えてました。

あやさんの衝撃のシーンも覚えてましたし、その後、何度か貢の武器が変わったのも。
それから、貢は絵が上手い!
実際、石坂さんは絵はプロ級だそうですが、貢は絵が上手いというのも覚えていた。

そしてもちろん、最終回。
いやー、子供には衝撃でした。
知ってる優しいお兄さんが死んじゃったような、そんな衝撃がありました。

途中の変貌や最終回の話からして今見ると、貢は死ぬべくして死んでることがわかるんですが、細かい話は忘れてました。
でも貢の死は、相当の月日が経っても覚えてました。
それほど衝撃だったんですよ。
「ど、どうしよう、あの優しいお兄さん ←まだ言ってる、が…」と、オロオロしました。


その後、石坂さんは、金田一耕助として日本中に認識されました。
あ、貢さん、生き返った…とは思わなかったですけど、何だかホッとしました。
それぐらい、貢の最期は子供には衝撃だった。

良く言われていることですが、古谷一行さんの金田一はすごく人間っぽい。
逆に石坂さんの金田一は、どこか、浮世離れしているところがある。
石坂さんは金田一耕助を、「相当の身分のある男の愛人の子」と設定して演じていたそうです。

なので人とは違った角度からものを見るし、子供の頃から我慢をしてきて、耐えること、自分を抑えることに長けている。
本心を人に明かさないし、喜怒哀楽もあまり表に出さない。
これを知って、「ああ、だから金田一は由緒ある家で、日の当たらない子供にスポットを当てた事件を掘り出すことができるんだ」と思えましたね。
やっぱり石坂さんって本当に知的な俳優さんなんだなー、と思いました。


そんな石坂さんが「仕留人」の糸井貢を演じたんですから、影響が「必殺」にも「主水」にもないわけなかったんです。
貢は「必殺」に対し、明確な答えが出ない問題を提起した。
糸井貢こそ、主水を屈折させた男。

主水は、いや、「必殺」の殺し屋たちは、貢の提起した問題に明確な答えを持たない。
殺した男の遺児の恨みの目を見た鉄が己代松に、「でっけえおつりが来たもんだ」と、割り切って言うぐらいしかない。
「必殺」は、いえ、全ての悪党を退治する時代劇に、貢は永遠の命題を突きつけたと言えます。

悪党を退治するのに、違和感を持つ。
こんな男を、裏の仕事に引き入れるべきではなかった。
そして、最期の仕事となったあの男を貢にやらせるのではなかった。
貢は、自分たちが殺してしまったのだ…。

さらに主水をもっと切なくさせたのは、そんな貢が死ぬ間際に言った一言だったと思います。
裏稼業に疑問を呈し、主水たちとはやはり異質な男に思われた貢が言った最期の一言。
息を吹き返して伝えた一言は、貢が最期だから言えた、彼らを仲間と思っていたからこその言葉だった。


「仕置屋」で最初、主水は裏稼業に戻るのに、かなり躊躇していました。
そしておこうが主水に被害者の手紙を読ませようとした時、暗い顔をして「金だけで良いんだ」と言う。
「仕留人」の時は大吉と嬉々として出会い、半次とおきんに話を持ちかけた主水が。
貢の死に様は、裏稼業に生きがいを感じていた主水を挫折させてしまった。

こんな役ができたのは、石坂さんが貢だったからでしょう。
もちろん、時代からすれば「仕留人」世界は、「仕置屋」世界には繋がってないんでしょう。
だけど、主水の中には貢がいる。
「仕留人」最終回を見て、これ以後、主水の中には貢が存在していたように思えてしかたがありません。


余談ですが、「仕業人」の「必殺」放送200回記念で、貢を演じた石坂さんがコミカルにお医者さんで登場したのは、うれしかったですね~。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
時系列を考えると悩ましいですよね。w

助け人で堀部安兵衛の高田馬場での決闘の話題が手いました。後に仕事人のスペシャルで主水は赤穂浪士の討ち入りに絡んでいます。この間って10年もなかったはずなのに、助け人に絡んだ主水と、赤穂浪士に絡んだ主水の年齢に開きがありすぎですよね。10年以上の年月が流れているとしか思えない。w

劇場版4作目は旋風編の後に公開されていたと思うのですが、順ちゃんが活躍している所から、最終話で銀平のみが死亡したパラレルワールドの物語かも・・・。

新仕事人でお加代が「八丁堀とは10年の付き合い」とか言っちゃってるし、そもそも最初のウチは上方からやって来たはずのおりくさん&勇次が、いつの間にかお江戸の人間になってしまっているし・・・新仕事人は謎だらけです。

その他、あっちこっち突っつけば突っつくほど時系列におかしな事が出てきてしまう必殺シリーズ・・・そういう部分には、見て見ぬ振りをするのがよい・・・のかなぁ・・・。^^;

そんな中、小松政夫演じる亀が、同じ役で新仕置き人に出てきたときは嬉しかったですね。
あと、どこかで出てきた「なりませぬぅ・・・」w
2012年05月09日(Wed) 12:05
No title
編集
仕留人は「時をかける中村主水」の先駆作品ですね。貢のキャラありきの幕末設定は「からくり人」や後の幾つかのSPに比べてそれ程、生きているわけではないのですが。

なお石坂浩二さんは貢と金田一の間には大河ドラマ「元禄太平記」で柳沢吉保という冷徹主人公(20年後の「四十七人の刺客」でも再演)、金田一終了頃の「草燃える」では、この時期の集大成ともいえる源頼朝。義経に対する愛憎半ばする感情とか、実の娘に「地獄に落ちろ」と詰られるとか壮絶(笑。

「ウルトラQ」のカラー化記念書籍でもナレーション役の石坂さんインタビューが記載されて大河にも言及されています。「太閤記」で石田光成役をやってたとか、冒頭で新幹線が走ってますとかフィルムが殆ど残っていない作品について語られてもリアルタイムでない世代は分からんというーの(笑。

>あと、どこかで出てきた「なりませぬぅ・・・」w
14話の「男狩無用」。亀吉は確か次の回だったかと。
2012年05月09日(Wed) 16:24
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>時系列を考えると悩ましいですよね。w

そうなんですよ~。
オギャンさんも書いておられますが、「新・仕置人」に妙心尼が出るんですから。
しかも「全然変わってない」と主水がつぶやくんですから、あの世界は存在しているのかと思ってしまう。

>助け人で堀部安兵衛の高田馬場での決闘の話題が手いました。後に仕事人のスペシャルで主水は赤穂浪士の討ち入りに絡んでいます。この間って10年もなかったはずなのに、助け人に絡んだ主水と、赤穂浪士に絡んだ主水の年齢に開きがありすぎですよね。10年以上の年月が流れているとしか思えない。w

「必殺忠臣蔵」でしたっけ。
あれを考えると、すごく混乱します。

>劇場版4作目は旋風編の後に公開されていたと思うのですが、順ちゃんが活躍している所から、最終話で銀平のみが死亡したパラレルワールドの物語かも・・・。

お玉も二丁拳銃で駆けつけますもんね。
ああ、そうか、お玉がいる時の話なんだ、と。

>新仕事人でお加代が「八丁堀とは10年の付き合い」とか言っちゃってるし、そもそも最初のウチは上方からやって来たはずのおりくさん&勇次が、いつの間にかお江戸の人間になってしまっているし・・・新仕事人は謎だらけです。

おりくさんと勇次はほんとに、「あれ?!」でしたね。

>その他、あっちこっち突っつけば突っつくほど時系列におかしな事が出てきてしまう必殺シリーズ・・・そういう部分には、見て見ぬ振りをするのがよい・・・のかなぁ・・・。^^;

考えちゃいけないのかもしれないんですが、ちゃんと話は作品から作品にと繋がってるんですよね。
だから混乱する~。
どうしても繋がりを考えてしまう~。

>そんな中、小松政夫演じる亀が、同じ役で新仕置き人に出てきたときは嬉しかったですね。
>あと、どこかで出てきた「なりませぬぅ・・・」w

電線音頭踊ってましたね。
電線じゃなかったですけど。
そして妙心尼さん登場。
相変わらず(笑)。
やっぱり作品世界は繋がってる?!
2012年05月09日(Wed) 23:57
巨炎さん
編集
>巨炎さん

>仕留人は「時をかける中村主水」の先駆作品ですね。貢のキャラありきの幕末設定は「からくり人」や後の幾つかのSPに比べてそれ程、生きているわけではないのですが。

「からくり人 血風編」はもう、全編、幕末ものと言った感じですが、それに比べると「仕留人」はそうでもない。
最初の頃はそれでも、大砲の試し撃ち、異人相手の娼館構想、主水の異人の夫婦話、黒船によるコロリ騒動、鉄砲商人、おきんと半次の売る怪しげな商売もの…と幕末っぽさが出てるんですが、中盤は幕末という設定無しでもいける話が多いですもんね。

>なお石坂浩二さんは貢と金田一の間には大河ドラマ「元禄太平記」で柳沢吉保という冷徹主人公(20年後の「四十七人の刺客」でも再演)、金田一終了頃の「草燃える」では、この時期の集大成ともいえる源頼朝。義経に対する愛憎半ばする感情とか、実の娘に「地獄に落ちろ」と詰られるとか壮絶(笑。

あー、「元禄太平記」「草燃える」ありましたね。
鎌倉に「草燃える」のロケ地という表示があるのを見た時は、「大河ドラマって、たいしたものだなあ」と思いました。
貢の後かな、民放ドラマで「霧の感情飛行」というドラマに出ていたのを、うっすら覚えてるんですが。

>「ウルトラQ」のカラー化記念書籍でもナレーション役の石坂さんインタビューが記載されて大河にも言及されています。「太閤記」で石田光成役をやってたとか、冒頭で新幹線が走ってますとかフィルムが殆ど残っていない作品について語られてもリアルタイムでない世代は分からんというーの(笑。

おお、それは読んでみたいです!
石坂さんといえば、「ウルトラQ」のナレーションも思い出されますね。
「明日の朝、空を見たらそこにあるのは太陽じゃなくて、バルンガかもしれません」と言われて、本気で心配しましたよ!

>14話の「男狩無用」。亀吉は確か次の回だったかと。

そうそう、男性を引きずり込む魔性の姫のお話でしたね。
若い男性を引っ張り込んでいる妙心尼さん、主水が「変わってない」だか「進歩してない」だか「反省してない」だか、とにかく変わってなかった!
亀吉は以前のように「(言い)つけちゃうから!」と、チェック入れてましたね!

>仕留人は「時をかける中村主水」の先駆作品

これは…、ピッタリな表現ですね~。
2012年05月10日(Thu) 00:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL