こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP横溝正史 ≫ 俳優さんたちが濃密 横溝正史シリーズII「夜歩く」

俳優さんたちが濃密 横溝正史シリーズII「夜歩く」

近くのレンタル屋さんで、「横溝正史シリーズII」を借りてきました。
主要な作品、「犬神家の一族」「本陣殺人事件」「獄門島」「悪魔が来たりて笛を吹く」「悪魔の手毬唄」は「I」でやってしまった。
だから「II」に残されている大作と言える原作は、「八つ墓村」「女王蜂」ぐらい。
それも、映画が公開されてしまっているので、結末を知っている人が多い。

「I」で「獄門島」を放送した後に、映画「獄門島」が公開されたのですが、こちらは映画の方が原作と犯人がちょっと違ってました。
これはテレビを見て、犯人を知っている人が多かったのもあるでしょうし、市川監督がこのシリーズの犯人に共通点を持たせたかったのもあるんでしょうね。
それで今度は「八つ墓村」「女王蜂」、こちらのテレビ版が、原作とは一部、違っている。

しかしこのシリーズ、「I」が放送されたときは、テレビ版だからスケールダウンしているかと思ったら、そんなことはなかった。
「犬神家」は、松子を演じた京マチ子さんが妖艶に熱演。
父・犬神佐兵衛との対決をより、時間をかけて描いた為、松子の哀しみも相当なものになりました。

「獄門島」は原作通りに作った「獄門島」として、後々にまで残る名作になったと思います。
「悪魔が来たりて」は、沖雅也さんの演じた役も、あのフルートの曲もすばらしい。
草笛光子さんは、もっとキリッとした役の方が似合うと思ってますが、これも熱演。
映画版も良くできていると思うんですが、こちらのテレビ版の方が私は好きです。

「悪魔の手毬唄」は、これは映画がすばらしいんですが、テレビ版の夏目雅子さんは、一見の価値、絶対にありと思います。
この他に「I」では「三つ首塔」も放送されました。
「三つ首塔」は、これ以降、2回ほど2時間ドラマとして映像になったのを見ましたが、この連続ドラマ版が一番良いと思います。

こんな風に「I」で主要な作品はしっかりとやってしまったので、「II」の方はどうしても、こじんまりした感じにはなってました。
でも、怖かったな~。
「真珠郎」を思い出した人が、「怖くて親にしがみつくようにして見ていた」と言ってました。

「夜歩く」も題材が首なし殺人だから、怖くないわけがない!
しかも「夜歩く」は今見て思い出したんですが、タイトルに女性の低い声でかすかに聞こえるコーラスが流れる。
さらにその時映っているのが、首から上が見えない白いドレスを着た女性の姿。
題材が首なし殺人なんですから、これが怖い、怖い。

最初の殺人が発覚する時なんか、血のついた足跡があって、部屋の奥に大量の血が落ちている。
そしてベッドの上にあるのは、首と手首のない死体なんですから、こりゃ夢に出そうなほど怖い。
子供にはこれ、かなり怖かったと思いますよ。

さて、この死体。
首がないし、両方とも足に傷があるということでこの遺体、由緒ある古神家の娘・八千代の婚約者なのか、古神の兄なのか、どちらかわからないんです。
そしてその後、兄の首が見つかる経緯がまた、すごいんです。

古神家の先代当主の弟が、池に手を入れると、ふと人の髪に触れる。
不思議に思って手をもっと入れると、今度は人の顔に触る。
ぎゃーっ。
悲鳴あげてましたけど、見ているこっちも、ぎゃあ!ですよ。

この後、警察が来て、池をさらう。
1人の刑事が水面にゆらめく髪を見つけると、警部が何でもいいからあげてみろと言う。
だからこの刑事が思い切ってこれを引っ張って警部の前に差し出すと、それは…、首だった。
金田一も警部も、見ているこっちも「ぎゃー」。

この後も、首なし殺人が続く。
そういえば、「I」では「悪魔が来たりて」の、誰もいないはずの2階の部屋からフルートの音楽が聞こえてくるのが、怖かった。
友人は夜、奥方と乳母の前に、生死不明の行方不明の夫らしき人影がこちらを覗き込むシーンで、夜中、トイレに行くのが怖くなったと言ってました。

それで、この「夜歩く」ですが、伊藤雄之助さん、菅貫太郎さん、清水紘治さん、岸田森さんが出てる!
何、この私が大好きな俳優さんたち。
なぜこんなに出ているの!

そしてヒロイン・八千代は范 文雀さん。
美しい!
俳優さんたちの怪演と范 文雀さんの美しさで、原作と違う部分があっても見ていられる。
原作と違う部分は、この原作をドラマ化するのに、こうした方がいいという判断での変更だったかもしれません。

岸田森さんが、八千代の恋人。
変人であり、俗物でもある新進芸術家を、乗りに乗って演じているのがわかります。
「夜歩く」は、「この家に普通の人はいないの、普通の人は?」と言いたくなるほど、やってることが背徳というか、反社会的なことばかり。

先代の妾から妻に昇格した女性は、南風洋子さん。
「助け人走る」で、助け人に依頼をする船宿の女将を演じてました。
ここではトラブルメーカーの女性を演じてます。
どっちの役もお似合いです。

池で首を見つけてパニックに陥るのは、菅貫太郎さん。
先代の弟でありながら、南風洋子さん演じる先代の妻に言い寄る。
この先代の妻と、先代が生きている頃から通じていたと噂のある、ここの家からすると元・家老に当たる家柄の男は、伊藤雄之助さん。
伊藤さんと菅さんの争いも濃い。

八千代とは血の繋がりはないと思い込み、妹と岸田森さんとの間を裂こうとするのは清水紘治さん。
岸田さんと清水さんの間にも、当然争いがある。
いや、彼ら全員、南風さんと范さんを巡って、仲が悪い。
そこに殺人が起きるんですから、そりゃもう大変。

他には村井国夫さん、谷隼人さんも出演。
しかし、この人たちの中にいると、どうです。
2人は、すごく常識人、すごく普通の人に見えるんです。
俳優さんたちが思いっきり、背徳の世界を、存分に表現してくれてます。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
当時、TV版「横溝正史シリーズ」を見ていなかったので、土曜日に、先日勧められた「犬神家」をレンタルしてきました。
日曜にかけてゆっくりと見ようとしていたのですが、全5話、その日に一気に見てしまいました。
工藤栄一監督らしい映像は第4話くらいにしか見受けられなかったですが……。
京マチ子さんの迫力と妖婉さ、母と娘としての哀しさがググっと迫ってきました。
生首と逆さ死体のクオリティには笑ってしまいましたが……爆。

「悪魔の手毬唄」が市川作品のなかで最高傑作なのは同意です。
で、TVはやはり夏目雅子さんを見ているのがいいですねぇ。佐藤友美さんも好きな女優でしたし……。
BS放送中の「横溝正史シリーズ」は今後、録画していくつもりなのですが、「夜歩く」に范 文雀さんが出演しているのなら、レンタルしてこよかな……

それにしても、ちゃーすけさんは原作の細部までよく覚えておられますね。
ぼくも当時、横溝正史の金田一モノはほとんど購入して読んでいるのですが(後に引越しの際に原作文庫を全部処分してしまったのが惜しくて)、「夜歩く」とか「迷路荘の惨劇」「三つ首塔」などはストーリーも犯人さえ覚えていません(笑)

西田“金田一”の「悪魔が来りて笛を吹く」は、当時ガッカリした覚えがあるのですが、再見してみてもいいのかな?
2012年06月12日(Tue) 10:28
micmacさん
編集
>micmacさん

>当時、TV版「横溝正史シリーズ」を見ていなかったので、土曜日に、先日勧められた「犬神家」をレンタルしてきました。

さっそく!何だか、ありがとうございます。

>日曜にかけてゆっくりと見ようとしていたのですが、全5話、その日に一気に見てしまいました。

引き込まれますよね。
あれが昔は週に一度だったんですから、1週間待ち遠しかったはずです。

>工藤栄一監督らしい映像は第4話くらいにしか見受けられなかったですが……。

テレビ版の佐兵衛には子供の頃の佐清と珠世が一緒にいる時ですが、佐清に対する優しさが見えましたね。
こういう場面を入れられるのが、テレビ版の良いところだな~と思いました。

>京マチ子さんの迫力と妖婉さ、母と娘としての哀しさがググっと迫ってきました。

必ず、犬神家の跡継ぎに佐清を据えてみせるという母親としての戦う顔。
生涯、自分も母も愛さなかった父親への戦う顔。
良かったですよね~。

>生首と逆さ死体のクオリティには笑ってしまいましたが……爆。

そーなんです、あそこが残念なんです。
生首はチラッとしか出ないんですが、ほとんどお人形でした。
だから一瞬しか出さなかったんですね。
どうして、こんなものに…と思ってしまいましたよー。
他は犬神家の紋章をつけたりする手抜かりのなさなのに、死体が…。

>「悪魔の手毬唄」が市川作品のなかで最高傑作なのは同意です。

最後の「あなたは…、愛していましたね」の声がかき消されるラストまでが、本当に見事でした。
これをリメイクするのは、相当に難しいだろうと思ったんですが、稲垣くんの「手毬唄」の犯人は「悲しみ」より「狂気」を強調してましたね。

>で、TVはやはり夏目雅子さんを見ているのがいいですねぇ。佐藤友美さんも好きな女優でしたし……。

夏目さん、光り輝いてますよね~!
佐藤さんも素敵です。

>BS放送中の「横溝正史シリーズ」は今後、録画していくつもりなのですが、「夜歩く」に范 文雀さんが出演しているのなら、レンタルしてこよかな……

范 文雀さん、綺麗ですよ~。
ああ、もっと、今も見たい女優さんでした。

>それにしても、ちゃーすけさんは原作の細部までよく覚えておられますね。
>ぼくも当時、横溝正史の金田一モノはほとんど購入して読んでいるのですが(後に引越しの際に原作文庫を全部処分してしまったのが惜しくて)、「夜歩く」とか「迷路荘の惨劇」「三つ首塔」などはストーリーも犯人さえ覚えていません(笑)

いえいえ、やっぱり引っ張り出して確認したりしてます。
原作読んで、「ああ、違うんだな」と思ったところは、結構覚えてますね。
「夜歩く」の原作は1人の登場人物の目を通して語られているので、確かに金田一耕助主人公のこのドラマにするなら、こういう風に変えなくてはいけなかったかなあと思います。

「三つ首塔」は映画「獄門島」の和尚さんの佐分利信さん、米倉斉加年さん、殿山泰司さん、ピーターさん、小松方正さん、小池朝雄さん、大関優子(佳那晃子)さんと、これまた魅力的なキャスティングなんですよー。
「必殺」でよく悪役をしていた早川保さんが、刑事さんなのも楽しい。
真野響子さんがヒロインなんですが、私は大関さんが「これぞ大関(佳那)さんだ~!」という感じで好きなんです。

>西田“金田一”の「悪魔が来りて笛を吹く」は、当時ガッカリした覚えがあるのですが、再見してみてもいいのかな?

映画とドラマ、見比べると、ドラマ版のすばらしさを感じる人が多いんじゃないかなと思います。
映画、好きな人もいるし、はまり役の人もいるんですけど、やっぱりドラマ版はすばらしいです。
2012年06月12日(Tue) 15:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL