こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日常生活 ≫ 夏の前には梅雨

夏の前には梅雨

友達が、今日からロンドンへ行ってしまった~。
お産間近の従姉妹がロンドンで不安そうだから、付き添うとのこと。
そういうことで、1ヶ月いて、戻って来る。

この為に4月一杯で、5年いた会社も辞めた。
一見、優雅なことしていると思われるけど、彼女は旦那さんの仕事の関係で、すごく苦労しながら働いていた。
だから、やっとこういうことができるようになったと言って喜んでいたので、決して優雅にのんきに仕事して、そして辞めたわけではない。
空港からさっき、電話をくれた。

すごいんですって、空港もバス乗り場もタクシー乗り場も、警察が一杯いて。
そうか、容疑者逃走中ですね。
あの容疑者が大金を引き出した銀行が、この友達の旦那さんの勤め先の近くにある銀行らしい。
だからもう、大変な騒ぎになっているとか。

一方、これから行くロンドンは女王様とオリンピックで、盛り上がってるみたいじゃないですかー。
それで教えてもらったけど、今、ヨーロッパでは日本人に対して、とっても親切だったりするらしい。
大震災のニュースを知っている人が労わってくれているのもあるけど、あの大震災での日本人の態度が尊敬されているのも大きいよう。

イギリスのBBCかなんかが、世界の何十カ国で何万人に調査した結果、世界に良い影響を及ぼしている国として、今年は日本が1位になったとか。
日本が悪い影響を及ぼしていると答える割合の方が多い国は毎回2つだけらしく、毎年、日本は大概、3位内には入っているらしい。
良い話だー。

それでこの友達は以前、ヨーロッパに行った時、現地の人に道を尋ねた。
すると、「あなたは日本人ね」と言われた。
「お礼を言って、きちんとお辞儀をするのは日本人」と言われたんだそう。
良い話だー!

しかし、この友達が戻ってきた頃には、梅雨はどうなってるかなあ。
もしかすると、今年の梅雨のジメジメを経験することがないかも?
今から一ヶ月じゃ、まだ梅雨か。


以前書きましたが、以前、レーヨンを夏の素材というのがよくわからなかったんですね。
つまりあれはシルクを人工的に作ろうとしたもので、紙と同じだから、湿度や汗には弱い。
また、汗をあまり吸い取る感じでもない。

蒸すということを考えて作られても、いない。
だから、風通しもイマイチ。
結果、日本の夏には合わない…、というのが、私のレーヨンへの印象でした。

なのに何で、レーヨンは夏の素材といわれるのか?
それはヨーロッパの夏の湿度が、日本のように高くないからなんですね。
湿度が高くないヨーロッパの夏では、確かにさらっとした肌触りのレーヨンは、夏の素材でしょう。

そういうことで、湿度の低いヨーロッパから、梅雨の日本に戻って来ると、湿気に驚くぞ。
昔、雨の成田に到着して、いきなりベトベトして、「うは、何、これ」と思ったことがあります。
ちょっとして「あっ、これは湿気だよ!」「わー、湿気ってすごかったんだなー」と言って、人を呆れさせました。
でもねー、お肌や喉がカサカサってことは、ないんですよねー。

加えて、日本は地震の国だから、断層がいっぱいあって、そこから出る水の質が良いらしい。
だから日本と似た気候のアジアで、お肌が綺麗な国と言われてる国は他にもあるけど、日本は気候のほかにもうひとつ。
断層から出る水が、良いんだそう。
良い話だー?

つまり雨も、雨の季節も必要なもの。
夏の前には梅雨。
だけど、あんまり梅雨がしとしと長引きませんように。
しとしとした長雨も嫌だけど、強烈な集中豪雨で災害が起きませんように。


ところで「三毛猫ホームズの推理」。
あの三毛猫さん、すごい。
義太郎へのヒントで、玄関に入ってくる、そして座る、右側にある靴箱を見る、立ち上がって靴箱をカリカリッとひっかく、来た道を去っていく。
これ、どーやって演技させてるのかと思います。

誘導して、座らせる。
ここまでよそ見させず、スムーズにさせるの大変。
靴箱見させる、立ち上がってカリカリさせる。

どーやって!
ひとつひとつをやってもらうのに、ずーっと待ってるならともかく、あの三毛猫さんは全部ちゃんとやって去っていった。
今回、ドラマにはいろんな「?」があったんですが、あの三毛猫さんはすごいなー。
あの三毛猫さんは結構、視聴率持っているんじゃなかろうか。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL