こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPドラマ・2時間ドラマ ≫ 聖ロザリンドのような「可愛い悪魔」アリス

聖ロザリンドのような「可愛い悪魔」アリス

ある動画サイトをあちこち、さまよっていたら、何と、82年に放送されたドラマの映像に遭遇。
翌日、学校でこの少女を真似たりしたぐらいなので、見た人にはかなりのインパクトがあった。
内容はそれほど覚えているわけじゃないんですが、今でもドラマ自体は覚えているほど、印象的だった。
秋吉久美子さんが主演。

主人公の女性は恋人を死に至らしめた罪を背負っているんですが、心神喪失のため、服役することはなかった。
しかし、その代わり、病院に入院していた。
だが彼女は仮退院することになり、恋人の親戚…だったと思うんですが、自信がない、が彼女を引き取る。
主人公が連れて行かれたのは人里離れた別荘地で、そこには恋人の親戚の少女、8歳のアリスがいた。

アリスは義兄の青年を慕っていた。
そんなある日、青年の近くの女性が、納屋で焼死する。
主人公はやがて、青年に近づく女性たちが次々、事故で非業の死を遂げていることに気づく。
そして、その近くにはいつもアリスの影がちらついていた。


…というお話で、むか~し、読んだマンガ「聖ロザリンド」を思わせる話でした。
「聖ロザリンド」は天使のような少女・ロザリンドが、次々と殺人を犯していくホラー。
ロザリンドとしては、悪気はないんです。

ひどいママが目覚めないようにしてあげると言って、ママの顔にバターを塗ってねずみに食べさせて殺す。
家族が冷たいから死にたいと言ったおばあちゃんの車椅子を、沼に向かって突き飛ばし、「これで天国に行けるのね。よかった」と微笑む。
収容されていた修道院の井戸に、「神様に会える薬」を投げ込んで、シスターを全滅させる。

最期は父親がママに会う為に旅をしていたロザリンドに会うことができる。
父親はロザリンドを雪山に連れて行き、まっすぐに行けばママに会えると言う。
ロザリンドは進んでいく。
そして、ママの幻を見て、この罪深い無垢な少女は天国に召されていく…という話でした。


しかし、ドラマの方のアリスは、はっきり悪意と殺意を持っている。
納屋に閉じ込めた女性が振り向いた窓にアリスがのぞいていて、「しんじゃえ~」と笑いながら花火を持っている。
アリスは必ず、微笑みながら「しんじゃえ~」と言って犯行に及ぶんですね。
この「しんじゃえ~」を、翌日の学校で、みんな、真似した。

アリスの犯行に気づいた主人公に、アリスの母はついに、アリスの異常性を明るみにする決意を語る。
だが、アリスは罠をしかけていた。
屋敷に着いて最初から、丸いガラスの大きな壷が目に付いていたんですが、アリスはこれを実にうまく、母親に向かって落とす。
すると、母親の首から上がすっぽり、この壷にはまってしまうんです。

すごい、壷に当たるとかならわかりますが、勢いよく落ちてきた壷に頭が入っちゃうんですよ!
笑っちゃうところですが、最初から目に付いていたガラスの丸い大きな壷がこんな伏線になっていたなんて。
ガラス越しに絶叫する母親の顔は、まさしくホラー!

苦しみながら母親は家の中をさまよい、表に出て海岸で倒れる。
ガラスが割れ、顔に刺さっている~!
主人公はアリスが仕掛けたロープの罠に足を取られ、宙吊りになっている。
反対側には重量がある壷が結ばれているため、下りることができない。

主人公の顔の近くにアリスが来て笑う。
だが、主人公は何とかロープを外し、海岸まで逃げる。
アリスがナイフを手に追って来る。
主人公は側にあった、鎌を手にアリスと対峙する。

そこへ電話が通じないことを不安に思った青年の車がやってくる。
青年が降りてきたのを見たアリスは、とっさに頭を抱えて身を小さくして座り込む。
アリスの向かい側には、鎌を構えた主人公…。

主人公は目を覚ますと、青年がいて、もう大丈夫だと言う。
安堵した主人公から青年が離れると、白衣を着た医師がやってくる。
重い扉が閉められ、主人公は絶叫する。
ここは、元の病院だ…。

アリスの正体に気づいた男が、アリスが犯行を話したのをテープに録音していた。
男はアリスに殺されてしまったが、テープは破損されながらも残っていた。
音楽スタジオに勤務する女性は、テープの再現を頼まれていた。

青年がスタジオから出て行った後、女性は一部の再現に成功する。
しかしテープからは、意味のあまりない会話の断片しか聞こえてこなかった。
「なぁんだ、これだけか」。

病室から戻った青年を、アリスが迎える。
アリスはとても楽しそうに、青年と手を繋ぎ、車に乗って屋敷へ帰って行く。
おもしろい遊びをしようと、アリスははしゃぐ。
もう2人きり、誰もアリスの邪魔をする人間はいない。

主人公は、病室で思う。
結局、自分の言うことは誰も信じてくれなかった。
8歳の女の子が、次々と人を殺すなんて、誰が信じてくれるというのだ。

でも、ここが自分には、ふさわしい場所なのかもしれない。
なぜなら自分は、恋人を自分だけのものにしたくて、殺してしまったのだ。
間違った愛が、深すぎたのだ。

そんな自分は、アリスと同じだ。
アリス、「可愛い悪魔」。
私があの子を、責められるだろうか、と。


これ、確か、放送された後、新聞の読者の投稿欄に「主人公が陥れられたままで終わって、納得が行かない」という投書が載りました。
なるほど、と思いました。
私はこれは主人公の恐怖を一緒になって味わうものだと思って見ていたのですが、納得が行かない人もいるんだなあと思いました。
いや、むしろ、納得が行かないのは、真っ当な感覚なのかもしれないと。

すると、製作者側から、「病歴のある主人公が、誰にも信じてもらえない恐怖を描いたものと思っていただければ」という返事が載りました。
こちらも、なるほど、と思いました。
確かに怖かった。

私は見事に、作った人たちが思うとおりの視聴者だったわけです。
後で知ったのですが、大林宣彦監督の作品だったんですね!
道理で、どこか「HOUSE」みたいな雰囲気があったと思いました。
いや~、再放送も見た覚えがないけど、動画サイトで遭遇するとは驚きました。


そういえば1996年の「三毛猫ホームズの推理」も、大林監督でした。
土曜日の連続ドラマ「三毛猫ホームズの推理」も、来週で最終回。
三毛猫の出番が短くても、目が離せないぐらい、あの猫はかわいい~。
でも今週は見ていて盛り上がりました。


スポンサーサイト

Comment

編集
ちゃーすけ様、こんにちは。
私も「可愛い悪魔」大好きでした。当時、私も小学生でしたがアリスが従姉妹に少し似ていたのでちょっと他人事に思えなかったです(笑)。
たしか私の記憶では秋吉さんは恋人が別れ話をして家を出てく時に「死んじゃえ」と言った途端、車にひかれて死亡してしまい、そのショックで入院してたとおもいます。その後、亡き姉の夫である義兄の勧めで義兄の姉(アリスの母)の家に住むことになります。 秋吉さんの姉は結婚式当日、五歳(?)のアリスにウェディングベールをねだられ、断ったため殺されたんですよね(汗)。
学校の先生もオルゴール人形くれなかったから殺しちゃうし(誰かさんと誰かさんが麦畑の歌の英語版を一番上手く歌った子が人形をもらえるってことだったんですが)、目撃した変質者っぽい男も家ごと燃やして証拠消してしまうし、凄かったです。
でも風景が洋風でおしゃれでアリスの服も可愛くて、憧れました(笑)。
2012年06月18日(Mon) 00:49
なかさん
編集
>なかさん

こんにちは、いつもありがとうございます。

>私も「可愛い悪魔」大好きでした。

あ~、覚えている方もやっぱり、いらっしゃるんですね!
うれしい。

>当時、私も小学生でしたがアリスが従姉妹に少し似ていたのでちょっと他人事に思えなかったです(笑)。

アリスに似ているとは。
ニコニコ笑って「死んじゃえ~」と言うのが迫力でした。

>たしか私の記憶では秋吉さんは恋人が別れ話をして家を出てく時に「死んじゃえ」と言った途端、車にひかれて死亡してしまい、そのショックで入院してたとおもいます。その後、亡き姉の夫である義兄の勧めで義兄の姉(アリスの母)の家に住むことになります。 秋吉さんの姉は結婚式当日、五歳(?)のアリスにウェディングベールをねだられ、断ったため殺されたんですよね(汗)。

おおーっ…、感動…。
秋吉さんが病んだのは、そんな経緯でしたか。
なかさん、すごい!

そうです、そうです、親戚関係で、アリスの家に行ったのは覚えていたんですが、お姉さんのだんなさんでしたか。
お姉さんをアリスが殺してた、それがあの花火を持っての「死んじゃえ~」ですね。
恐るべき少女、アリス。

>学校の先生もオルゴール人形くれなかったから殺しちゃうし(誰かさんと誰かさんが麦畑の歌の英語版を一番上手く歌った子が人形をもらえるってことだったんですが)、目撃した変質者っぽい男も家ごと燃やして証拠消してしまうし、凄かったです。

アリスの周りで事故死しているのは、みんなアリスなんですよね。

>でも風景が洋風でおしゃれでアリスの服も可愛くて、憧れました(笑)。

日本というより、ヨーロッパかアメリカの避暑地で起きた出来事みたいな雰囲気でした。
あれから30年!
アリスも38歳、どんな大人になっているんでしょうね。

途中で、ああいうことはやめたのか。
だとしたら自分のしていることに気づいて、悔いたのか。
捕まったのか。

それともあんなことを繰り返しながら、無事大人になっているのか。
な~んにも悪いと思ってないのか。
考えると怖いです~。
2012年06月18日(Mon) 10:29
すっきりしました~!ありがとうございます
編集
はじめまして。
今朝突然このドラマを思い出し、検索してみたところたどり着きました。
10歳くらいの記憶だったのでいろいろな話が混ざっていて、なかなか題名を思い出せなかったんですが、ふっと思い出し、ダメもとで検索したところ、大当たりです。
頭から壷はよく覚えていたんですが、忘れていた部分が殆どだったので詳しく内容を書いていてくださり、嬉しくなりました。
「アリス」とか、「しんじゃえ~!」思い出しました!
オトナになった今、もう一度見てみたくなりました。本当にありがとうございます☆

もしご存知でしたら教えていただきたいのですが、やはり同じくらいの時期にテレビで見たのですが、青い瞳の人形が館を徘徊して殺人を犯す,そんなドラマ?映画?もありませんでしたか?
チャイルドプレイじゃないです。それよりずっと昔で、全体的にチープな感じがしたので私は「可愛い悪魔」と混同してしまっていました。もしかしたら同じようなドラマシリーズかな、と思っていますが。

こちらについては題名に「青い瞳」とか「青い目」とかそんな感じのワードが入っていたような記憶と人形が真っ暗い廊下を歩いているという記憶くらいしかなく、出演者も日本人だったかどうかさえわからずなかなか見つからないんですよね。もしご存知でしたら教えてください。

ちなみに当方40ですが、今思うと昔のテレビドラマって、結構印象的なもの、多かったですよね。
2012年10月18日(Thu) 13:53
Hiromiさん
編集
>Hiromiさん

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。
なのにお返事が遅れてすみません。

>今朝突然このドラマを思い出し、検索してみたところたどり着きました。
>10歳くらいの記憶だったのでいろいろな話が混ざっていて、なかなか題名を思い出せなかったんですが、ふっと思い出し、ダメもとで検索したところ、大当たりです。

そういうことって、ありますよね。
おぼろげだったり、他の記憶が混ざっていたりするけど、印象的な場面だけは覚えている。
何のドラマだったか知りたい!
そういう時、ネットがない時代はお手上げでした。

>頭から壷はよく覚えていたんですが、忘れていた部分が殆どだったので詳しく内容を書いていてくださり、嬉しくなりました。
>「アリス」とか、「しんじゃえ~!」思い出しました!

ああ~、良かった。
私もそういうお手伝いができると、うれしいです。
あれはすごく頭に残るシーンですよね。

>オトナになった今、もう一度見てみたくなりました。本当にありがとうございます☆

今はもう、規制で放送できないんでしょうかねえ。
少女の怖さが良く出ているので、もう一度見たいです。

>もしご存知でしたら教えていただきたいのですが、やはり同じくらいの時期にテレビで見たのですが、青い瞳の人形が館を徘徊して殺人を犯す,そんなドラマ?映画?もありませんでしたか?
>チャイルドプレイじゃないです。それよりずっと昔で、全体的にチープな感じがしたので私は「可愛い悪魔」と混同してしまっていました。もしかしたら同じようなドラマシリーズかな、と思っていますが。
>こちらについては題名に「青い瞳」とか「青い目」とかそんな感じのワードが入っていたような記憶と人形が真っ暗い廊下を歩いているという記憶くらいしかなく、出演者も日本人だったかどうかさえわからずなかなか見つからないんですよね。もしご存知でしたら教えてください。

こ、これは!もしかして!
「怪奇大作戦」の「青い血の女」では?!
http://kotatuneco.blog59.fc2.com/blog-entry-1986.html
良ければこちらでご確認ください!
この「怪奇大作戦」は私は「人食い蛾」や「白い顔」で、「ああ、これは怪奇大作戦だったのか!」ということがありました。

>ちなみに当方40ですが、今思うと昔のテレビドラマって、結構印象的なもの、多かったですよね。

昭和40年代のドラマって、断片的にでも頭の中にいつまでも残っているんです。
でもそれが何かわからなくて、歯がゆいんです。
きっともう、ずっとわからないんだろうなと思うと切ないです。
だからそういうのがわかるお手伝いができると、うれしいんです。
良ければまたいらっしゃってくださいね。
2012年10月19日(Fri) 10:04
うわ~!まさにそれです!
編集
ちゃーすけさま、こんにちは。
昨日に続き、本日もすっきりさせてくださりありがとうございます!

まさにそれ、絶対それです。
記憶が「可愛い悪魔」よりも曖昧なのはもっと幼少の頃に見たのか、それとも怖いので目を背けるシーンが多かったのか。。。。

いずれにしてもちゃーすけさんの記事を読んでみて、そうそう!そういえば!という部分、多数。間違いないです。

それにしても今でも脳裏に残るあの暗い廊下を進んでくるシーン。怖かったですね~。

他にもいくつか同じくらいの時期に見た、印象的なワンシーンのものがあるので、ちゃーすけさんのこれまでの記事を読み漁る必要がありそうですw。

また寄せてもらいますね!
2012年10月19日(Fri) 11:53
Hiromiさん
編集
>Hiromiさん

再びの訪問、ありがとうございます!

>昨日に続き、本日もすっきりさせてくださりありがとうございます!
>まさにそれ、絶対それです。

おーっ、これでしたか!
良かった!

>記憶が「可愛い悪魔」よりも曖昧なのはもっと幼少の頃に見たのか、それとも怖いので目を背けるシーンが多かったのか。。。。

これ、子供の頃だったらものすごく怖いと思います。
「マタンゴ」もそうだったんですが、直視できません。

>いずれにしてもちゃーすけさんの記事を読んでみて、そうそう!そういえば!という部分、多数。間違いないです。

良かった~!

>それにしても今でも脳裏に残るあの暗い廊下を進んでくるシーン。怖かったですね~。

あれだけで見たら私は気絶しそうです。
人形が歩いてくるなんて。

>他にもいくつか同じくらいの時期に見た、印象的なワンシーンのものがあるので、ちゃーすけさんのこれまでの記事を読み漁る必要がありそうですw。

ありがとうございます。
見つかると良いですね。

>また寄せてもらいますね!

ぜひ、いらしてください。
再びのご訪問、ありがとうございました!
2012年10月19日(Fri) 20:20
No title
編集
はじめまして。
「聖ロザリンド」で検索していてたどり着きました。
わたし、「聖ロザリンド」が子供の頃大好きで、
そして、テレビで見た「可愛い悪魔」も忘れられず、
大人になってからビデオを買ってしまったほどでした。
両作品に共通する魅力がありますよね。

両者に触れていらっしゃることに共感を得て
ついコメントさせていただきました。

これからも時々お邪魔させてくださいませ。
2012年10月19日(Fri) 22:51
とりこさん
編集
>とりこさん

はじめまして。
ようこそ、ご訪問ありがとうございます。

>「聖ロザリンド」で検索していてたどり着きました。

古いマンガですが、一度読んだら忘れられないマンガですね。

>わたし、「聖ロザリンド」が子供の頃大好きで、
>そして、テレビで見た「可愛い悪魔」も忘れられず、
>大人になってからビデオを買ってしまったほどでした。
>両作品に共通する魅力がありますよね。

ビデオがあるんですか!
どちらも愛らしい少女の、無邪気な怖さをうまく表現してましたね。
誰もこんなかわいらしい少女を疑わない、わかった時は最期。

>両者に触れていらっしゃることに共感を得て
>ついコメントさせていただきました。

ありがとうございます。
うれしいです。

>これからも時々お邪魔させてくださいませ。

ぜひ、またご訪問ください!
2012年10月20日(Sat) 00:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL