こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPアニメ・コミック ≫ いきなり最終回 「北斗の拳」

いきなり最終回 「北斗の拳」

東京MXテレビで月曜日夜7時30分から放送されている「北斗の拳」ですが、CATVで見られるアニマックスでも放送してました。
…と思ったら、いきなり最終回前~!
ケンシロウがカイオウと戦って、カイオウの拳が破壊されてる~!
リンが眠りについてる~!

がくっ。
ラオウを見るには、MXを待ってないとダメなんですね。
しかしアニマックスは毎日放送してくれたみたいですが、MXの方は先が長い。
まだジャッカルが出て、デビルリバースが出てるところでした。

ということは、テレビアニメではまだ、南斗聖拳のシンがいるんですね。
私は勝手に、もう、拳王がトキを幽閉していた牢獄「カサンドラ」でしたっけ?
あの獄長・ウイグル辺りかと思ってました。

アニメは原作とは違って、カーネル率いる「ゴッドランド」の部下たちもシンの配下だし、サイドストーリーも多い。
連載がまだ続いていたので、先にアニメを作っちゃうわけにいかないですからね。
原作知っていると「早く早く!ラオウが出て来てほしい~」と歯がゆいんですが、放送当時、そこは割り切って楽しめてました。

今週の放送終了後、コミックを探しました。
すると、ラオウ編終了までは順番どおりにあったけど、その後の天帝~カイオウ編がないっ!
カイオウが滅びるところからは、ある。

私はカイオウが嫌いなのか。
アニマックスもコミックも、いきなり最終回。
自分が悪いのよ。

この後はラオウの子・リュウとの旅の話があったのが、私の持っているコミックスではいきなりリュウが預けられている。
そして記憶をなくしたリンとバットを結びつけて、終わり。
どーしたの、他の部分はどこに行っちゃったの!って、誰かに貸したか紛失してるんですね。

しかし、ラオウに子供がいたのには驚いた。
一体、誰との間の子なんですか!
海のリハクの娘・トウとの間に生まれた子なら、まだわかる。


それで「北斗の拳」って終了後も、外伝とか、テレビアニメとは別のオリジナルアニメ作品とか、いろいろあるんですね。
確かに登場人物多いし、それぞれにドラマ背負っているのでできそう。
ケンシロウの他に、3人も兄がいるわけですし。
ラオウとトキには、原作では兄弟のドラマがちゃんと用意されてました。

しかし、ジャギにはなかった。
3男ジャギにはラオウやサウザーのような、圧倒的な強さに裏打ちされた悪の魅力…というのもない。
ひたすら卑屈で、卑怯。
だから、大して描写することも、そんな必要もないキャラだったのかもしれません。

ジャギは2人の兄が強い、または崇高だったので、コンプレックスを感じていたんでしょうね。
さらに下の弟が伝承者としてできた男になっちゃったので、ヒネちゃった。
学校の時の友人が、「小さい頃、ピアノ習ってたんだけどね。1年やってた私に、あっさり弟がバイエル追いついた時のこと思い出すと、ジャギの気持ちがわからんでもないわ」と…。

そう考えるとジャギも哀しい…。
凡人の私にもこの気持ちはわかる、うむ。
気持ちだけ、行動はダメ。
リュウケンはラオウの前に、ジャギも封じておけば良かったかもしれませんね。


そして、私の好きな「サイレントサバイバー」のオープニングに現れるのは、シン、レイ、シュウ、サウザー、トキ。
もう1人はリュウガ、でよろしいんでしょうか。
オープニングのケンシロウの後ろに現れるレイ、シュウ、トキ、リュウガはわかるんですが、バチバチに対決したシンやサウザーの顔が穏やかなのが感動的です。
「横溝正史」といい、今のドラマも楽しいけど、昔のものも懐かしく、楽しいです。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL