今年の梅雨は、体調がちょっとつらくなるかもしれない。
外出がままならなくなるかもしれないと言われていましたが、割りと平気だなあ…なんて思ってたんですが、先週から結構、かったるいです。
気圧が変わるのがつらいらしいんですが、午前中が特にかったるいのは、これは血圧?

絶対に焦って動き回ってはいけない、今後を考えたらできるなら大人しくしておいてほしい。
そうも言われていたので、大人しくしてます。
去年の今頃のことを考えたら、大人しくしていることぐらい、どうってことないです。


テレビ埼玉で「必殺仕置屋稼業」を放送しています。
今は梅雨ですが、この作品の中も湿度が高そうです。
見ていると、懐かしい日本の夏!という感じがします。
もちろん、「仕置屋」の方が、毎日放送されているのでどんどん先に進んでしまいますが。

でもそのうち、高校野球で中断されるのかな?
しかし、この市松は本当に美青年だと思います。
最後の曲の冒頭に現れる市松は、彫刻のような横顔をしている。

派手な柄や色の着物を着ているんですが、これが似合う。
最初は何気なく見ていたけど、これが似合うってすごいんじゃないか。
殺し屋にしては目立っちゃうんですが、市松のかすかな笑みの威力は、すごいものがある。

市松は単なる美形ではなくて、色気もすごいんですね。
その色気も人畜無害のものではなく、毒のある色気。
悪党の男や悪女が一瞬で魅了されるんですが、それも納得。
しかし、こんな美しい男と並ぶなんて、女優さんも大変だったなあと思ってしまう。

「必殺」の殺し屋さんたちには、それぞれ色気があります。
「仕事屋」の半兵衛さんや、政吉にも男の魅力がありました。
しかし市松は「妖艶」と言っていいんじゃないでしょうか。

それに、市松の美しさには、どこか、人を破滅させるようなものがある。
あの薄い微笑を見る為に、不幸になる人がいるような気がする。
そこがまた、良いんでしょう。
美形で、しかもスタイルもいい!

そうなると、人の嫉妬も相当に買ったように思いますが、それにしては沖雅也の目は哀しい。
もてて、幸せで充実しているようには見えない。
「必殺」のスタッフって、この沖雅也という題材を、本当に最大限に活かしましたね。
後に三田村邦彦さんも青年殺し屋で大人気になりますが、スタッフの俳優を見抜く目、キャラクターを作り上げる力には感心します。


スポンサーサイト
2012.07.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2291-11781a69