こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日常生活 ≫ 真っ暗闇じゃござんせんか

真っ暗闇じゃござんせんか

オリンピックの閉会式を見て、お盆のための買い物に行って来たんですが、何でしょう、この日差しは。
肌に痛いぐらいじゃありませんか。
そう思っていたら、35度あったらしい。

35度あると、日差しが痛い。
歩いていると、危険を感じるほどの暑さということがわかります。
友人は夏休みは図書館に避難すると言ってましたが、今時の公共機関は涼しくないらしい。

家にいると、エアコンを切られてしまうと友人は言います。
去年、「気持ち良さそうに寝ていたから、切ってやった」と言われ、「エアコンがついてるから気持ち良かったんじゃないの!」と猛抗議。
「普通、女性はエアコンが嫌いなのにおかしい!」
「女性で、ひとくくりにするな!」

それで大ゲンカ。
「起きたら頭痛がするのに、切るんだもん」とのこと。
確かに、頭痛まで行くとしたら、ちょっと危ない気がする。


すると今度は、叔母から文句の電話がかかってきました。
息子の嫁、つまり私にとっては従兄弟のお嫁さんの話。
何でも従兄弟のお嫁さんが暑がりで、設定温度24度まで下げてしまうらしい。
「普通、女はエアコンが嫌いなのに!」

おお、ここでも「女性はエアコンが嫌い」という言葉が出た。
「家の嫁は、おかしい!」
いや、さあ、叔母さん、それは人それぞれだからさあ。

「大阪から来て、暑いのは慣れているはずなのに!」
「関東の方がまだ、涼しいはずなのに!」
それも人それぞれだからさあ。
「家の嫁は、おかしい!」


そういえば、もう数年前だけど、以前、近くのスポーツジムの受付さんが、エアコンつけないで頑張ってた。
エアコンが体に悪いからじゃなくて、電気料金がすごくなって、家計が厳しくなるからつけないだけなんです、と。
結構、こだわった場所に住んでいたので、家賃が大変らしかった。

だからつらいんです、本当はつけたいんです。
明らかに無茶、無理しています。
エアコンも満足につけられない自分が、情けない。
電気料金が普通に払えれば、絶対つけてると思いますと言ってました。

すると、横にいた同僚さんは、食費削ってもエアコンは削れない。
夏バテどころか、もう命の問題だ、と言いました。
それは無理な場所に住んでいる、考え直せと。
命の問題!

確かに35度の中歩いていると、命の問題という気がしてくる!
私だってこんな日にエアコンつけられなかったら、図書館かどっかに避難しますわ。
ロンドン帰りの友人は、気温が15度から2倍の30度以上に跳ね上がったのに体がついていけず、完全に参っています。
東京でオリンピックやるとしたら、夏は厳しすぎるのではないでしょうか。


お盆休みに入ったせいか、家の裏手に当たる2軒の家は、夜になっても灯りがつかない。
いないんでしょうね。
お向かいも灯りがつかない。
そういえば、来週、私が瓶回収当番だったんですが、今週になっていた。

あれ?と思ったら、お向かいさんがいないから、私に回ってきたのかも。
とすると、今週末までお向かいさんはいないことになる。
珍しい。
お向かいさんはワンちゃんがいるので、めったに家を空けないのでした。

それで今夜は、あっちもこっちも真っ暗。
何から何まで、真っ暗闇じゃござんせんか、って。
古い。
お盆だなあ。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
東京から小樽に引っ越して十数年の知り合いがいるのですが、「さすがは北海道!夏でも涼しいな!!」って思えたのは最初の2年ぐらいだそうです。
その後は体が慣れてしまって、小樽の夏でも暑い。
東京よりも晴れ羽化にしのぎやすいはずなのに、暑くてたまらないと行ってましたね。体って適応しちゃうんですね。


数年前からエアコンアシで生活指定折る私。
昨年まではエアコンがない生活って辛かったけど、今年は全然暑さが応えないんですよね。寝苦しくね寝付けなかったというのはまだ1回ぐらいしかないですね。
それどころか扇風機を付けない、氷枕を使わない、それで熟睡って事もしょっちゅうです。窓を細く開けているのですが、そこから少しでも風が入ってくればそれで大丈夫なんですね。
私の体もようやくエアコン梨の生活に適応できるようになったようです。w
2012年08月16日(Thu) 10:55
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>東京から小樽に引っ越して十数年の知り合いがいるのですが、「さすがは北海道!夏でも涼しいな!!」って思えたのは最初の2年ぐらいだそうです。
>その後は体が慣れてしまって、小樽の夏でも暑い。
>東京よりも晴れ羽化にしのぎやすいはずなのに、暑くてたまらないと行ってましたね。体って適応しちゃうんですね。

東北の雪深いところ出身の友人が、寒さに強かったのは最初の数年だけで、後は同じように寒がっていたのと似てますね。
北海道出身の友人も、最近の北海道は30度を越すし、住宅が機密性が高いのでものすごくしんどいらしいと言ってました。
ただ、私は湿度が低いので、こっちよりも不快ではないんじゃないかと思っているんですけどね。
機密性が高い住宅と聞くときつそうで、あまり言えない気もするんですが。

>数年前からエアコンアシで生活指定折る私。

そうですよね、オギャンさんはエアコンレスの生活なんでしたね。
私の元・同僚と同じ!

>昨年まではエアコンがない生活って辛かったけど、今年は全然暑さが応えないんですよね。寝苦しくね寝付けなかったというのはまだ1回ぐらいしかないですね。
>それどころか扇風機を付けない、氷枕を使わない、それで熟睡って事もしょっちゅうです。窓を細く開けているのですが、そこから少しでも風が入ってくればそれで大丈夫なんですね。
>私の体もようやくエアコン梨の生活に適応できるようになったようです。w

体が慣れたのでしょうか?
窓を開けて寝られるっていうのは、男性であり、上からも下からも侵入できない階ならではで、うらやましいです。
でも気をつけてくださいね。
知り合いに、熱中症患者さんが出ました。
お年寄りだからかもしれないんですが、暑さが気にならなくなっていて、気づいた時には熱中症が進んでいた…なんてことにならないよう、水分補給は十分に!
2012年08月17日(Fri) 00:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL