オリンピックの閉会式を見て、お盆のための買い物に行って来たんですが、何でしょう、この日差しは。
肌に痛いぐらいじゃありませんか。
そう思っていたら、35度あったらしい。

35度あると、日差しが痛い。
歩いていると、危険を感じるほどの暑さということがわかります。
友人は夏休みは図書館に避難すると言ってましたが、今時の公共機関は涼しくないらしい。

家にいると、エアコンを切られてしまうと友人は言います。
去年、「気持ち良さそうに寝ていたから、切ってやった」と言われ、「エアコンがついてるから気持ち良かったんじゃないの!」と猛抗議。
「普通、女性はエアコンが嫌いなのにおかしい!」
「女性で、ひとくくりにするな!」

それで大ゲンカ。
「起きたら頭痛がするのに、切るんだもん」とのこと。
確かに、頭痛まで行くとしたら、ちょっと危ない気がする。


すると今度は、叔母から文句の電話がかかってきました。
息子の嫁、つまり私にとっては従兄弟のお嫁さんの話。
何でも従兄弟のお嫁さんが暑がりで、設定温度24度まで下げてしまうらしい。
「普通、女はエアコンが嫌いなのに!」

おお、ここでも「女性はエアコンが嫌い」という言葉が出た。
「家の嫁は、おかしい!」
いや、さあ、叔母さん、それは人それぞれだからさあ。

「大阪から来て、暑いのは慣れているはずなのに!」
「関東の方がまだ、涼しいはずなのに!」
それも人それぞれだからさあ。
「家の嫁は、おかしい!」


そういえば、もう数年前だけど、以前、近くのスポーツジムの受付さんが、エアコンつけないで頑張ってた。
エアコンが体に悪いからじゃなくて、電気料金がすごくなって、家計が厳しくなるからつけないだけなんです、と。
結構、こだわった場所に住んでいたので、家賃が大変らしかった。

だからつらいんです、本当はつけたいんです。
明らかに無茶、無理しています。
エアコンも満足につけられない自分が、情けない。
電気料金が普通に払えれば、絶対つけてると思いますと言ってました。

すると、横にいた同僚さんは、食費削ってもエアコンは削れない。
夏バテどころか、もう命の問題だ、と言いました。
それは無理な場所に住んでいる、考え直せと。
命の問題!

確かに35度の中歩いていると、命の問題という気がしてくる!
私だってこんな日にエアコンつけられなかったら、図書館かどっかに避難しますわ。
ロンドン帰りの友人は、気温が15度から2倍の30度以上に跳ね上がったのに体がついていけず、完全に参っています。
東京でオリンピックやるとしたら、夏は厳しすぎるのではないでしょうか。


お盆休みに入ったせいか、家の裏手に当たる2軒の家は、夜になっても灯りがつかない。
いないんでしょうね。
お向かいも灯りがつかない。
そういえば、来週、私が瓶回収当番だったんですが、今週になっていた。

あれ?と思ったら、お向かいさんがいないから、私に回ってきたのかも。
とすると、今週末までお向かいさんはいないことになる。
珍しい。
お向かいさんはワンちゃんがいるので、めったに家を空けないのでした。

それで今夜は、あっちもこっちも真っ暗。
何から何まで、真っ暗闇じゃござんせんか、って。
古い。
お盆だなあ。


スポンサーサイト
2012.08.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2339-f1292752