こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日常生活 ≫ はながきく

はながきく

金曜日、家の近所の歯医者さんで、歯を抜くはずだった。
ところが歯医者さんに向かう時、家に来てくれたお客さんにバッタリ。
11年ぶり!

夏に家に来てくれた時は、私がちょうどいなかったので会えなかった。
今回ももう少しずれたら、会えなかったところ。
本当に申し訳ありませんと謝って、抜歯は月曜日に変更してもらうこととなりました。

すると、「これ幸いと、抜歯から逃げたんでしょ」。
ち、違わい!
確かに怖かったけど、逃げたんじゃないわっ!

そして、月曜日、抜歯してきました。
この前は大きな歯だったけど、今回はそうでもなかったので出血もすぐ収まりました。
たぶん、この前ほど痛まないだろうということ。
ドキドキしたけど、無事済んでしまった。

しかし歯医者さんに行く途中、何か辺りが臭う。
うーん、何だか臭い。
そう思ったら歯医者さんの入っているビルに、水関係のメンテナンスの会社が来ていて、長いホースを持って清掃していたらしい。
歯医者さんの後、地下の薬局で化膿止めの薬をもらったんだけど、薬局で心を和ませる池の水がカラッポだった。

私はどうも、匂いを記憶するタイプらしく、いつまでも匂いがしているような気がしてしまう。
匂いを記憶するからといって、警察犬のようなことができるわけでもない。
これの何がまずいかというと、悪臭がいつまでもしているような気がしてしまうこと、きつい香水の人が近くにいると酔ってしまうこと。
学生の時、帰りの電車で気持ち悪くなって、途中の駅で降りて、2時間ぐらい気持ち悪かったことがある。

そうしたら、香道をたしなんだことがある人が言ってましたが、嗅覚と言うのはかなりの部分が眠っている機能らしい。
だから嗅覚はちょっと鍛えられたら、どんどん目覚めて行ったとか。
それでどうしたかというとですね、電車の中、前に立っている人が何を食べてきたかがわかるようになってしまった。
いろ~んな匂いがわかるようになって、かなりつらかったらしい。

急速に発達したから、防御がついていかないんだよねと言っていた。
嗅覚が鋭いというのは、聴覚が鋭いとか、目が良いのと違って、嫌われるとも言っていた。
あ~…。
とにかく、臭いのはつらかったです、はい。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
私は子供の頃から蓄膿症で、おかげで臭いには無茶苦茶鈍感なのですが・・・

昔、原宿の外れにGheeというカレー屋さんがあって、週に1~2回、食べに行っていたほどのお気に入りの店だったんですね。
でも、会社が原宿から移転してしまってからずっと足が遠のいてしまって・・・一昨年の夏、久しぶりにあのカレーを食べたいと思って言ってみたら、お店が亡くなっていてすごくショックを受けたことがありました。
その年の秋、新潟に遊びに行ったとき、向こうの知り合いが「新潟にもようやく、オギャンさんに自慢できるようなカレー屋さんができました!」と言って連れて行ってくれたお店があったのです。

そのお店の前に立った瞬間、店内からは懐かしいスパイスの香りが・・・店内には行って一度深呼吸すると・・・間違いない!これは私が大好きなGheeのスパイスの香り!!!
お水を持ってきてくれた女性に「このお店、原宿にあったGheeというお店と何か関係がありますね?」

勢い込んでそう訪ねる私にあっけにとられる知人。
お店の人はニッコリ微笑んで「はい、マスターが、昔Ghee で働いていました♪」

知人はスパイスの香りで分かったqわたしに驚いていましたが、さすがに週に1~2回食べに行っていたお店でしたからね。
最後に言ってから4年ぐらい経ってはいたけれど・・・いくらハナが鈍い私の鼻だってそのお店の香りは忘れるわけがありません。
あの時は、懐かしいカレーとの再会に、感激したなぁ・・・。
そして、香りというモノは、人の脳裏に深く焼き付いているモノだと、その時しみじみと思いました♪
2012年10月16日(Tue) 19:54
オギャンさん
編集
>オギャンさん

>私は子供の頃から蓄膿症で、おかげで臭いには無茶苦茶鈍感なのですが・・・

匂い、臭いに鈍感なのは良いことですよ~。
つらい。

>そのお店の前に立った瞬間、店内からは懐かしいスパイスの香りが・・・店内には行って一度深呼吸すると・・・間違いない!これは私が大好きなGheeのスパイスの香り!!!
>お水を持ってきてくれた女性に「このお店、原宿にあったGheeというお店と何か関係がありますね?」

あー、私も好きなもの、食べ物にはより一層、敏感になるかもしれません。
あの、香水なんかは、この香りはこのブランドだなって思う何かがあるんです。
たぶん、調合というか、共通している何かがあるんですね。
それがそのブランドの個性なんでしょう。

>勢い込んでそう訪ねる私にあっけにとられる知人。
>お店の人はニッコリ微笑んで「はい、マスターが、昔Ghee で働いていました♪」

おー、すごい。
オギャンさん、鈍感なんかじゃないですよ。
働くところに働いている!

>知人はスパイスの香りで分かったqわたしに驚いていましたが、さすがに週に1~2回食べに行っていたお店でしたからね。
>最後に言ってから4年ぐらい経ってはいたけれど・・・いくらハナが鈍い私の鼻だってそのお店の香りは忘れるわけがありません。

おいしそうな香りを想像してしまう。

>あの時は、懐かしいカレーとの再会に、感激したなぁ・・・。

良かったですね~、出会えて。

>そして、香りというモノは、人の脳裏に深く焼き付いているモノだと、その時しみじみと思いました♪

これは本当ですね。
愛用していた香りを変えた後、しばらくしてそれを嗅ぐと、愛用していた時の思い出が蘇る。
良く聞く話ですが、例えば、子供の頃、夏の海辺で嗅いでいたオイルの匂いなどを嗅ぐと、子供の頃の夏の思い出が蘇ります。
小学校の側を通って、プールの塩素の匂いを嗅いだ時も同じでした。
機械油の匂いとか、それぞれに、いろんな思い出の匂いがあるみたいですね。
2012年10月17日(Wed) 00:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL