夕方、消防自動車が何台も走っていくのが音でわかりました。
そこで、ふと、思い出した話。
学生時代に聞いたんだか、読んだかした話です。

ある人が飼っているワンちゃん。
なぜか、消防自動車のサイレンを聞くと、ものすごい声で遠吠えし始める。
さらにどうやるんだか、時には首輪から抜けて後を追いかけてしまう!

今だったら道路なんか危なくて走れないし、走っていたら通報されてしまう。
当時はまだ、のんきな時代だったんですね。
消防自動車を追いかけていったワンちゃんは、火事の現場でワンワン吠えているのだそう。
興奮しているようにも見えるし、まるで消防隊員にハッパかけているようにも見える。

しかし、ついにその家には消防署から「お宅の犬が、良く消防の後をついて来ています。危ないし、消火活動に差し支えるかもしれないので、ちゃんと犬を押さえていてください!」と苦情が来たそうです…。
そりゃ、迷惑だ。
家の人にも申し訳ない。

普段は大人しい、やたらに吠えたりしないワンちゃんだし、他のサイレンには反応しない。
なぜ、消防自動車のサイレンにだけ反応し、現場までついて行き、吠えているのかわからない。
結果、家では「こいつの前世は火消しだった」ということで、落ち着いたそうです。
め組のひと、か…。←古い


スポンサーサイト
2012.10.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2414-83e3be66