こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日常生活 ≫ そんな気がしない

そんな気がしない

携帯に届いたメール、「○○さんから『Fecebook』にお友達申請」とありました。
「F『e』cebook」?
「F『a』cebook」じゃなくて?

これは、あれですか。
うっかりクリックすると、料金が発生するとかいうやつですか?
送られてくるのは、2度目なんですが。
いずれにしよ「Fecebook」とか書いてくる者は、疑ってかかるに限る。

もう12月29日。
今朝はビルに窓拭きの人が来ていた。
怒涛のような12月で、28日で休みに入ったけれど、今年も終わりなんて信じられない。
自分が年末の大掃除をちゃんとできる…、いや、やれる気が全然しない。
どーしよう。


スポンサーサイト

Comment

1年がどんどん早くなります
編集
こんばんは
いつの間にかクリスマスが過ぎ、あっという間の大晦日だなんて、いつにも増して時の早さに驚く昨今です。年々、経験値の積み重ねをしていると言うのに……ですよね。

Fecebookですか、そりゃまた新手の出現ですね。Facebookには今年のはじめに友人から誘いがあったので登録したのですが、全然活用していません(笑)。毎日、誰それがどこにいるとか、何をしているとか、「そんなこと知りゃあせん」という感じでしょうか………爆。

今日は家の掃除でしたが、毎年、大掃除というものをしたことがなく普段通りの掃除で済ませている自分です。

さて、新年早々の楽しみが、まず、朝ドラ「純と愛」の第二部突入。いよいよ余貴美子さん登場!
今年最後の回での余さんをみていると、「つるかめ〜」の余さんに近かったですね。
あと、新年公開の映画で「ストロベベリーナイト/劇場版」は必須。それに伴うTVでのスピンオフ・ドラマとオムニバス2時間ドラマも見逃せません。
今年の1月ドラマが「ストロベベリーナイトでしたが、2011年が「美しい隣人」でしたね。そんな前だったかしらという気がするのですが、2013年1月8日から、まさかの続編「サキ」が始まりますね。脚本家は変わりますが主人公はアノ沙希なら、どんな展開があるのか楽しみです。ただ、脚本家の渡辺千穂の「息もできない夏」は最終回の収束にガッカリした経験があるからなぁ……どうなんだろ…。
その「サキ」の裏で、NHK の「いつか陽のあたる場所」があるのも悩ましいです。この乃南アサさんの原作は傑作ですからね………。

長々と失礼しました。
今年もいろいろ楽しい記事を読ませていただきました。ありがとうございました。
寒いお正月になるといいます。お身体に気をつけて。
来年もよろしくお願いいたします。
2012年12月29日(Sat) 17:39
mickmacさん
編集
>mickmacさん

こんばんは!
お返事が遅くなりました、すみません。

本当にあっという間。
12月は本当にあっという間に過ぎました。

>Fecebookですか、そりゃまた新手の出現ですね。

はい、この記事を書いた日の夕方、ニュースでこういう「なりすまし」メールに気をつけるよう、呼びかけられていました。
びっくりです。
やっぱり、妙なサイトに誘導されたりするらしいです。

>Facebookには今年のはじめに友人から誘いがあったので登録したのですが、全然活用していません(笑)。毎日、誰それがどこにいるとか、何をしているとか、「そんなこと知りゃあせん」という感じでしょうか………爆。

私も全然、活用してません!
Facebookは、てんでダメです、やれてません。

>今日は家の掃除でしたが、毎年、大掃除というものをしたことがなく普段通りの掃除で済ませている自分です。

あ、そういうの素敵(笑)です。

>さて、新年早々の楽しみが、まず、朝ドラ「純と愛」の第二部突入。いよいよ余貴美子さん登場!
>今年最後の回での余さんをみていると、「つるかめ〜」の余さんに近かったですね。

余さん、良いですね~。
ついこの前は「家政婦は見た」の第1弾だったものを米倉涼子さんでリメイク?した「熱い空気」に出演しているのを見ました。
余さん、さすが、いい味出してました。
余さんが「新・家政婦」でもいいのに…と思いました。
ドアの前で聞き耳を立て、画策し、秘密をつかんで上機嫌で「はるみちゃ~ん」と歌う余さんも絶対良いですよ!

>あと、新年公開の映画で「ストロベベリーナイト/劇場版」は必須。それに伴うTVでのスピンオフ・ドラマとオムニバス2時間ドラマも見逃せません。

これも期待ですね。

>今年の1月ドラマが「ストロベベリーナイトでしたが、2011年が「美しい隣人」でしたね。そんな前だったかしらという気がするのですが、2013年1月8日から、まさかの続編「サキ」が始まりますね。

そう言われてみると、そうだったんですね!
「美しい隣人」はドラマでは夏だったのに、主人公の目元が寒々としていて。
特に隣家のだんなさんの渡部さんを、蜘蛛女のように罠を張って待ち受けているバーのシーンで、特に目元が冷え冷えとしていて、とても夏とは思えませんでした。

>脚本家は変わりますが主人公はアノ沙希なら、どんな展開があるのか楽しみです。ただ、脚本家の渡辺千穂の「息もできない夏」は最終回の収束にガッカリした経験があるからなぁ……どうなんだろ…。

うわ~、「息もできない夏」ですか…。
最終回を見なかったと言った人に、「見なくていいかも…」と言ってしまったのですよ、私。
今度は違う展開をお願いしたいところです。

>その「サキ」の裏で、NHK の「いつか陽のあたる場所」があるのも悩ましいです。この乃南アサさんの原作は傑作ですからね………。

乃南アサさんとNHKなら、おもしろいはずですよね。
見るものがいっぱいあって、うれしいことはうれしいです。

>長々と失礼しました。

いえいえ、コメントありがとうございます。
こちらこそ、今年も読んでくださって、ありがとうございました。

今年は寒いですね。
暖冬に慣れていたので、なかなかこたえます。
お身体に気をつけて、良いお年をお迎えください。
来年もまた、よろしくお願いいたします。
2012年12月31日(Mon) 00:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL