こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺仕事人2009~ ≫ 「必殺仕事人2013」で2月も早い

「必殺仕事人2013」で2月も早い

「必殺仕事人2013」が放送されるのですね。
「2012」から1年。
「2010」があって「2011」がなかった。
でも今後はこのペースで年に一度、放送してくれるんでしょうか。

「2012」は、高橋英樹さんが初の悪役で登場。
初めてとは思えなかった!
今回はどなたがゲスト…と、思ったら、里見浩太朗さんなんですね。
うれしいなあ。

こういう、時代劇の大御所が悪役で出演してくれる。
時代劇を盛り上げようとしてくれているのもわかるし、現在の仕事人を、盛り上げてくれようとしている。
「必殺」ではない時代劇をやっていた大御所だからこそ、「必殺」というものを認めてくれているんだな、と思います。

里見さんが時代劇について、インタビューで答えているのですが、これがまさに時代劇を演じてきた人の言葉です。
「見る人を、だれも経験したことのない時代の世界に導いてくれて、夢を見させてくれるのが時代劇だった」。
本当にそうです。

個人的には、明治からはどうしても外国との戦争がこの後続くと考えてしまう。
そうするとどうしても「この後は大変なんだよね…」と、思ってしまう。
戦乱の世を描いた時代劇もありますが、江戸時代が舞台だと、そういうことは考えない。

題材になっている人たちは、時代劇だろうが現代劇だろうが、どうしたって大変な状況に置かれてしまうことには変わりはない。
でも国中、どこでも誰でもつらい耐乏生活や窮屈や空襲に人々が怯え、大量に殺される…なんてことにはならない。
そういう意味では、安心して見ていられるんですね、江戸時代は。

また、大御所以外の出演者も楽しみ。
これまでで印象に残ったのは、「2010」での若き勘定吟味役・風間右京乃助を演じた小澤征悦さん。
理想を追い求めてきた若き吟味役が、ついに悪のサイドに堕ちる瞬間の表情が良かった!

今回は渡辺大さんですね。
放送は2月16日日曜日、夜9時から。
こんなの待っていると、2月も早い…かも。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ちゃーすけさま、お邪魔します。

情報ありがとうございます。
必殺といい、鬼平といい、こういう企画が続くのはいいですね。
楽しみにしています。

でも紋次郎は、ないのね……。
寂しいです。
いつか帰ってきて欲しいです。
2013年02月02日(Sat) 10:15
お夕さん
編集
>お夕さん

こんにちは!

>必殺といい、鬼平といい、こういう企画が続くのはいいですね。

こうして時代劇が単発でも作られるのは、うれしいですよね。

>でも紋次郎は、ないのね……。

そうなんです!
紋次郎はどうしてしまったのか。
てっきり、一年に一度ぐらいはやってくれるものと思っていたので、あれっきりというのが淋しいです。

>いつか帰ってきて欲しいです。

私もです。
敦夫さんのシーンは、さすがの貫禄でしたね。
あの飲んだくれオヤジの話でも良いな、なんて思いました。
2013年02月02日(Sat) 17:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL