「暗闇仕留人」では貢のかざした三味線のバチの刃に、仕留め直前の貢が映ったりしてる。
耽美というのではないけど、苦悩するインテリの仕留人・貢の仕留シーンは、ずいぶん凝っていると思いました。
「仕置屋稼業」では、もちろん、沖雅也さんが演じる市松ですね。
市松の場合、見せ方もですが、特に人物像も「必殺」的に凝ったように思います。

親子二代にわたっての、殺し屋。
本当の父親は幼い市松を残し、仲間の罠にはまって死ぬ。
市松は父親を殺した男に育てられ、人に対してまるで感情を動かさない殺し屋となる。
だが感情がないのではない。

手ぬぐいを扇に乗せて標的に渡し、女の子の目の前に竹串をかざすクールさ、冷酷さ。
殺しを目撃したと思った途端、小さい女の子にも手をかけそうな青年。
しかし女の子が見ていないとわかると、実に優しそうな笑みを浮かべ、女の子を抱き上げる。

この捉えどころのなさ。
移り変わる表情。
スタッフが沖雅也という素材を得て、それを十分に生かそうと作り上げたのが市松であることがわかります。
後にスタイリッシュとは、こういうことなのか、と思いました。

仕業人では、やいとや又右衛門の赤く焼けた針と、痙攣する悪党を見た時、アッと思いました。
この辺りに来ると定番とも思える、針を使った仕置を新しく見せる手腕。
常に常に、新しいことを考えていたんだなと思います。

真っ暗闇の中、ふーっ、ふーっと赤く、小さな火花を散らしながら灯る灯り。
勝負に勝つ必要などはない。
一瞬のスキで仕留めれば良いだけ。
腕っぷしに自信はない色男であるやいとやという男の、底知れない怖さを感じる殺しでもあります。

仕事人シリーズを見ていると、三味線屋の勇次のシーンがすごく凝っていることに気付きます。
髪の具合、うつむいた顔に映る陰影。
悪へのクールさ、冷酷さ。
それは悪への怒りでもある。

勇次の殺し方って、すごく苦しいですよね。
本人もしばし、地獄の責め苦を味わせている。
被害者には溜飲の下がるやり方なのかもしれません。

同時に、あんなに苦しめるということに嫌悪感を持つ人もいるかも。
諸刃の刃の殺し。
秀だって、かんざしを刺したまま、しばし、ピン止めされた虫状態にしていることもありますが。

勇次の着物に書かれた南無阿弥陀仏には、驚きましたけど。
あれは吊るされている悪党に対して、弔いの言葉でしょうか。
それとも、あなたはもう終わりだよ、と冷酷に告げているのでしょうか。
中条きよしさんならではの、スタッフの仕掛けですね。

思えば必殺って、マンガ的、アニメ的なものを実写化したかもしれません。
何気なく見える並びも、奥に行くほど影が濃かったり。
当時は、本当にものすごい実験的な映像だったんだろうな、と思います。


スポンサーサイト
2017.05.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2511-3337d99c