マンガ的、アニメ的?

「暗闇仕留人」では貢のかざした三味線のバチの刃に、仕留め直前の貢が映ったりしてる。
耽美というのではないけど、苦悩するインテリの仕留人・貢の仕留シーンは、ずいぶん凝っていると思いました。
「仕置屋稼業」では、もちろん、沖雅也さんが演じる市松ですね。
市松の場合、見せ方もですが、特に人物像も「必殺」的に凝ったように思います。

親子二代にわたっての、殺し屋。
本当の父親は幼い市松を残し、仲間の罠にはまって死ぬ。
市松は父親を殺した男に育てられ、人に対してまるで感情を動かさない殺し屋となる。
だが感情がないのではない。

手ぬぐいを扇に乗せて標的に渡し、女の子の目の前に竹串をかざすクールさ、冷酷さ。
殺しを目撃したと思った途端、小さい女の子にも手をかけそうな青年。
しかし女の子が見ていないとわかると、実に優しそうな笑みを浮かべ、女の子を抱き上げる。

この捉えどころのなさ。
移り変わる表情。
スタッフが沖雅也という素材を得て、それを十分に生かそうと作り上げたのが市松であることがわかります。
後にスタイリッシュとは、こういうことなのか、と思いました。

仕業人では、やいとや又右衛門の赤く焼けた針と、痙攣する悪党を見た時、アッと思いました。
この辺りに来ると定番とも思える、針を使った仕置を新しく見せる手腕。
常に常に、新しいことを考えていたんだなと思います。

真っ暗闇の中、ふーっ、ふーっと赤く、小さな火花を散らしながら灯る灯り。
勝負に勝つ必要などはない。
一瞬のスキで仕留めれば良いだけ。
腕っぷしに自信はない色男であるやいとやという男の、底知れない怖さを感じる殺しでもあります。

仕事人シリーズを見ていると、三味線屋の勇次のシーンがすごく凝っていることに気付きます。
髪の具合、うつむいた顔に映る陰影。
悪へのクールさ、冷酷さ。
それは悪への怒りでもある。

勇次の殺し方って、すごく苦しいですよね。
本人もしばし、地獄の責め苦を味わせている。
被害者には溜飲の下がるやり方なのかもしれません。

同時に、あんなに苦しめるということに嫌悪感を持つ人もいるかも。
諸刃の刃の殺し。
秀だって、かんざしを刺したまま、しばし、ピン止めされた虫状態にしていることもありますが。

勇次の着物に書かれた南無阿弥陀仏には、驚きましたけど。
あれは吊るされている悪党に対して、弔いの言葉でしょうか。
それとも、あなたはもう終わりだよ、と冷酷に告げているのでしょうか。
中条きよしさんならではの、スタッフの仕掛けですね。

思えば必殺って、マンガ的、アニメ的なものを実写化したかもしれません。
何気なく見える並びも、奥に行くほど影が濃かったり。
当時は、本当にものすごい実験的な映像だったんだろうな、と思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

殺しの美学

こんばんは。

必殺で殺しを華麗に見せるのは沖雅也の市松が最初かな~(京本政樹は組紐屋の竜を演じるにあたり市松を手本にした)。折鶴の殺しなどとても印象的(敵は血の気が引いて真っ青に、逆に折鶴は血を吸って真っ赤に染まる)

やいとや又右エ門も、色男だがヤサ男なので一瞬勝負で針を敵に突き立てる、素手で針を持ってる自分は熱くないのかしら?とは思うが。
しかしこの男は普段の性格が良くない・・・(笑)

三味線屋の勇次も華麗ですよね、吊るした後にゆっくりうつむいた顔を上げ、カメラ目線で睨む…、目つきが恐いです中条さん。

>あんなに苦しめるということに、嫌悪感を持つ人もいるかも。

視聴者にはいませんが、登場人物にはいました、必殺仕切人の2話で、仕立て屋の新吉に「人を苦しめて殺すのは感心できねぇな」と言われてます。

勇次は必殺の中でも、華麗さ・残酷さをもって殺しの美学という言葉が似合う殺し屋の1人ですね。

必殺の技で自分がやられるならどの殺し技がいい?なんて質問されたら・・・

鉄や大吉みたいに素手を体内に入れられるのは嫌だし、針を首や額に刺されるのも嫌、屋根から転がされるのも嫌、火薬を飲み込まされて体内爆発も嫌、大きな旗で串刺しや大女にひたすら殴られるのも嫌、もちろん糸で吊り下げられたり、紐で屋根まで引っ張り上げられたりするのも嫌・・・全部嫌!!

失礼しました。

こんばんは

さっきめっちゃ長文書いたんですが、「不正な投稿と判断されました」と出て・・・

「殺」の文字がいっぱい使ったからかな?

もう一回短めに書いたけどだめでした。

これはどうかな?送信して見ます。

ヒコさん

>ヒコさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>必殺で殺しを華麗に見せるのは沖雅也の市松が最初かな~(京本政樹は組紐屋の竜を演じるにあたり市松を手本にした)。折鶴の殺しなどとても印象的(敵は血の気が引いて真っ青に、逆に折鶴は血を吸って真っ赤に染まる)

市松は本当に、沖さんを最大限に活かしたたキャラクターです。
沖さんも活きていますが、市松は沖さんならではのキャラクターですよねえ。
京本さんが憧れたのもわかります。
京本さんは吊るし技の竜も良いですが、市松みたいに刺す技もやってみたかったんじゃないでしょうか。

>やいとや又右エ門も、色男だがヤサ男なので一瞬勝負で針を敵に突き立てる、素手で針を持ってる自分は熱くないのかしら?とは思うが。
>しかしこの男は普段の性格が良くない・・・(笑)

あれ、熱くない部分があるんでしょうね。
そうなんですよ、治療している人たちにはとっても当たりが良いし、子供には優しい。
でもこの人は基本的にエゴイスト。
市松はエゴイストを装った良い人なんですが、やいとやは逆ですね。

>三味線屋の勇次も華麗ですよね、吊るした後にゆっくりうつむいた顔を上げ、カメラ目線で睨む…、目つきが恐いです中条さん。

あのシーンにスタッフの力が入っていると思いました。
凄みがあります。

>>あんなに苦しめるということに、嫌悪感を持つ人もいるかも。
>視聴者にはいませんが、登場人物にはいました、必殺仕切人の2話で、仕立て屋の新吉に「人を苦しめて殺すのは感心できねぇな」と言われてます。

やっぱり、そういう考えも出てきますよね。
でも被害者にはすごく溜飲の下がる殺しだろうな、と思います。

>勇次は必殺の中でも、華麗さ・残酷さをもって殺しの美学という言葉が似合う殺し屋の1人ですね。

まさに。
直情的ではないんですが、あの殺しに悪に対する静かな、でも強い憤りを感じます。

>必殺の技で自分がやられるならどの殺し技がいい?なんて質問されたら・・・
>鉄や大吉みたいに素手を体内に入れられるのは嫌だし、針を首や額に刺されるのも嫌、屋根から転がされるのも嫌、火薬を飲み込まされて体内爆発も嫌、大きな旗で串刺しや大女にひたすら殴られるのも嫌、もちろん糸で吊り下げられたり、紐で屋根まで引っ張り上げられたりするのも嫌・・・全部嫌!!

やっぱり、どれも嫌!
竹鉄砲で撃たれるのも嫌だし、カミソリも怖いし、髪の毛で首絞められるのも嫌!
どれも痛いし、その瞬間はものすごい恐怖でしょう。
そう思わせないと、仕置になりませんもんね~。

コメントありがとうございました。

ヒコさん

>ヒコさん

>さっきめっちゃ長文書いたんですが、「不正な投稿と判断されました」と出て・・・

すみません、本当にすみません。
これ、私自身の返信がはじかれることがあるんです。
気を付けます。

>「殺」の文字がいっぱい使ったからかな?

でも、話の内容によっては使う文字ですし…。
どういう基準だろう。
とにかくすみません。

コメントありがとうございました。

ほっとしました

ちゃーすけさん、こんばんわ。

私の書いた投稿、ちゃんと送信されてたみたいです。
さっき帰って、気になって見に来てみたら!

「殺しの美学」のタイトルのやつです、送信ボタン3回くらい押して諦めて、2つめの短い書き込み書いて投稿(こちらはすんなり送信されました)。

ちゃんと投稿されてたみたいで、ホッとしました。良かった~~!
ありがとうございます!

ヒコさん

>ヒコさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

すみません、たまに何がいけないのか、私自身のコメントも弾かれるんです。
気をつけて見るようにします。
前にも投稿できないという方が、いらっしゃいました。
これからもこんなことがあるかと思いますが、また良かったら来てくださいませ。
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード