CM
まるで、ドラキュラ伯爵の館といった屋敷の中にいる女性。
突如現れる、怪しい貴族の男。
「私はモスキート伯爵」。

隣にはまた、別の男がいる。
「友達のダニーです」。
こちらも不気味な落ち着きを見せている。

あわや、女性は吸血鬼の餌食…、と思ったが、女性は十字架、じゃない殺虫剤を取り出す。
「ぎゃああ」と逃げていく、モスキート伯爵とダニー。
立派な門の外で、先ほどの渋さやどこへやら「覚えてろっ!」と2人はアッカンベーをする。

何のCMだったかなあ…。
モスキート、つまり蚊。
そしてダニーはダニ。

要するに吸血生物を吸血鬼にしてるんですが、前半のゴシックな雰囲気とそれが見事に崩れるラストが面白かった。
ダニの話を聞くと、反射的にこの「ダニーです」を思い出してしまう。
ということは、好きなCMなんでしょうね。
もういっぺん見たい。

でもこういう生物とは、縁がないほうが良いに決まっている。
現実の蚊やダニは、映像見てるだけで、何だか痒いような気がしてしまう。
見てるだけで、殺虫剤吹きかけたくなってしまう~。

スポンサーサイト
2013.02.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2519-e3239e88