こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日常生活 ≫ 誘わない

誘わない

2月20日に、友人からあるマルチのシステムに誘われた話を書きました。
その後は彼女とはそういう話にならないよう、気をつけて接してました。
2人きりにならないと、そういう話はしないし。
そして本日。

4月になってすぐのある日に、その組織で健康、そして体質改善のミーティングがあるのでぜひ、参加してほしいとのこと。
彼女が言うには、いつも自分が勉強していることなので、私にとっても必ずプラスになる話であることは間違いない。
本当に貴重な機会で、逃したらもったいない。

しかし、私はその日はおそらく、送別会になる。
そう言うと、予定があったら、こちらを優先して。
本当に貴重な話なので、もう用事が入っているので無理です!と断るぐらいやってほしいと言う。

とにかくいけるかいけないかの予定だけは教えてくれと言うので、「わかった」と伝えました。
すると、「じゃあ確定ね!絶対ためになるから。楽しみにしてて!時間と場所は連絡する」と言う。
あれあれあれ?
わかったのは、予定を教えることで、参加することじゃないつもりだったんだけど。

もうダメだ、はっきり言うしかない。
だから、すぐに「いやいや、その日は送別会だから」と断る。
それに私は参加するつもりがないと言う。
だが、彼女は送別会にならないことを祈っていると言う。

絶対に聞いてほしい話。
予約が必要なので、参加するか不参加かの連絡をくれと言う。
またどこかに座らされて、食事も摂らずに延々と話を聞かされて、ビデオを見て、ニコニコしながら、でもこれまた延々と説得される。

みんなが幸せになるシステムの説明。
会社の会合のDVD、この会社に関わった人の友人の有名人たちを紹介する。
そして商品の説明。

それでも首を縦に振らないので、別のDVDを見せる。
会社が優秀な人に用意した旅行、ホテル、食事、パーティ。
そしてさらにセレブなこの会員の人々の暮らしぶりを紹介した本を見せる。
どうですか、怪しい会社じゃないことがおわかりいただけたでしょうと言われても。

お腹空かさせて、延々説明しているだけで人のことを考えてないと思ってしまう。
その点、ある会社はすごいぞ。
ランチだもん。

食べ物で釣って、それでその後、説明に連れて行くもん。
マルチでも、怖ろしい組織でもないけど。
食べ物とは、人の本能を知り尽くしているなと思った。
人様はただでは、何一つくれないとおもっていなければいけないんだな。

話を友人の勧誘に戻すと、この前はこれで、3時間過ぎた。
今度は終電まで行くのだろうか。
周りは圧倒的に、あちら側の人が多い。

あれね、もうとにかくこの状況から抜けたいと思って承知する人もいると思う。
だけど、絶対、それで済むわけがない。
人を誘って来いとか、そういう話になると思う。
いや、でも彼女だって営業でそういうの、すごく嫌がっていたじゃないか。

しかし、彼女は本当に良いことをしているつもりだから平気なんだな。
私は彼女から、こういう誘いを受けていることを、他の人には話していない。
彼女と疎遠になっていくしかない、悲しい。
本気でいいことをしていると思って、誘ってくる彼女を避けなければならないのが悲しい。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL