こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺以外の時代劇 ≫ 終わったんですか?! 「隠し目付参上」

終わったんですか?! 「隠し目付参上」

時代劇専門チャンネルで「隠し目付参上」を見ています。
これ、江守徹さん、大谷直子さん、竜雷太さん、秋野暢子さん、沖雅也さんが隠し目付として、三船敏郎さんの下で悪事を暴き、成敗してます。
大掛かりなトリック、からくり人形も登場して、なかなか楽しい。
今回は、次期将軍の御落胤登場。

次期将軍の子供を生んだ百姓の娘がなくなって、初めて自分の出生を知った青年が江戸城に将軍を訪ねてくる。
もちろんストレートには会えず、江戸城で老中が会議をする。
偽者だ、世を騒がす不届き者として成敗を主張する者。
だが三船さん演じる伊豆守は、青年を本物と考える。

隠し目付たちが調べたところ、本当の御落胤だとわかる。
しかし伊豆守と、次期将軍の失脚を狙う月番の老中は青年を利用することを考えた。
青年の命が危ない時、隠し目付が動く。

単純に言ってこういうストーリーなんですが、このドラマ、ラストがほんとーに!
あっさりしてるんですね。
悪人たちを成敗した後、そこで終わる。

この回の場合、青年は救出されてはいますが、その後どうなったのかはわからない。
田舎に帰ったのか。
将軍はそれなりのことをしてやったのか。

まあ、伊豆守がいますから、立ち行くようにはしたんでしょう。
なんていっても、悪人が斬られてそこで曲が流れて終わりなんですから想像するしかない。
あんまりにも「ぷつっ」と終わる。

「えっ?!終わり?!」とビックリする。
かえって余韻が残る…のかもしれない。
悪人成敗できたんだから、オッケーでしょ!という姿勢は、潔いかもしれない。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL