先週からスタートした、木曜ミステリー「刑事110キロ」。
毎週木曜夜7時58分からなんですけど、5月2日の第2回のゲストは本田博太郎さんでした。
知らなかった~、危なかった~。

最近、たるんでいて、本田さんの出ている映画を知らないとか…。
見逃すともう、がっくりですから。
反省。

テレビ東京の午後1時半からの、「午後のロードショー」。
今週はゴールデンウィークで、ホラーを放送してくれています。
水曜日は何度か見ましたが、「ラストサマー」。
ホラー映画では若いヒロインは絶叫し、時には足手まといになりながら、ちゃんと最後は生き残るんですが、これもそうでした。

迫る殺人鬼を背後に、「早く早く」とドアを早く開けてくれるように懇願する第2ヒロイン。
それを見て、バカにしたような態度で、実にマイペースで、鍵忘れて取りに行ったりする、第2ヒロインの姉。
わざとのんびりしてるのか、って動き。

間一髪、ドアは開くんですが、何度見ても人をイライラさせる。
うまい場面ですね。
でもいくらイライラさせるからって、何の関係もないこの人を先に惨殺する犯人はひどい。
第2ヒロインは途中で殺されちゃうのが定番ですが、こっちもやっぱりそうでした。

しかしこの映画のヒロインって、余計なところで恋人を呼び止めたりするから、恋人が犯人にぶっとばされちゃう。
それで悲鳴を上げて、自分は扉を閉めて閉じこもっちゃったりする。
単なる邪魔。

最近はヒロインが闘って大逆転で殺人鬼を仕留めちゃうパターンがあるんですが、この映画のヒロインはそういうこともなかった。
きゃー、きゃーと、殺人鬼を前に叫んで逃げるだけ。
でもこれはこれで、いいんじゃないかな~と思いました。

「ラストサマー2」も見ましたが、こちらはハリケーンが来たリゾート地のホテルで次々殺人が起きる。
というと、おもしろいんですが、あんまりピンと来なかったです。
真犯人も、取ってつけたような印象でした。

木曜日は「エルム街の悪夢」。
これ、昔レンタルで見たときは何でか、画面が暗くて暗くて目一杯画質調整して見た覚えがあります。
テレビ東京の「午後のロードショー」は、結構な憩いです。


スポンサーサイト
2013.05.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2575-3ac641de