こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP怪奇大作戦 ≫ 刑法第39条 心神喪失者ノ行為ハ之ヲ罰セズ 「怪奇大作戦」

刑法第39条 心神喪失者ノ行為ハ之ヲ罰セズ 「怪奇大作戦」

幻の回と言われている「怪奇大作戦」の「狂鬼人間」。
少し前、いやだいぶ前、日本ではなく、外国関連で、これを見る機会がありました。
なるほど、見れば、この回が封印されてしまった理由はいくつか挙げられるでしょうね。

言葉の問題もあるでしょう。
放送禁止となった用語が、連発されている。
これ、消していたら話がわかんなくなっちゃう。

誤解を与える恐れもある。
現在、精神の病に苦しむ人を、ただでさえ苦しい闘病をもっとつらい思いをさせてしまうかもしれない。
それを思うと、封印せざるを得ない。
なるほど。

しかしこれは、決して、人を怖れさせようとか、そういう意図で作ったんじゃないと思います。
この回はある機械によって、人間を狂気に追いやり、犯罪を起こしても無罪にさせる女性を描いた話です。
その女性がなぜそんなことをするのかというと、彼女が夫と子供を殺されたのに犯人が無罪となった過去を持っているからです。
だけど、この話が誤解を呼ぶ恐れがあると判断する人がいるのもわかる。

なので以下、これを読みたい方だけクリックしてお読みください。
この話に関して、不愉快になるかもしれない方は、そんなつもりでは書いたのではありませんが、お控えください。
たまたまこの話を見られた人間の、単なるイチ・レビュー、感想と思っていただける方はお読みください。




刑法第39条
心神喪失者ノ行為ハ 之ヲ罰セズ
夜の、電車が止まっている線路で、自分を捨てた恋人を殺害し、笑う白いネグリジェの女性。

数ヵ月後、無罪になったこの女性が退院してくる。
白いネグリジェの女性が、退院のときは真っ赤な服を着ているんですね。
このコントラストの鮮やかさは、狙っていたんじゃないかと思います。

看護師たちに見送られ、彼女は晴れやかに歩き出す。
人を殺しても無罪になるほどの重症な人間が、数ヶ月で治るはずがない!
そんな重症なら、一生のはずだ!

彼女が退院する様子を見ていた町田警部は、怒る。
きっと彼女は、精神鑑定を欺いたはずだ。
しかし精神鑑定を欺くのは、不可能だ。

町田警部に声をかけるのは、SRIの牧。
気持ちはわかるが、彼女は完全に治ったのだ。
あきらめるしかないと牧に言われる、町田警部。

だが完治したはずの彼女は、あるブティックに向かい、そこでその女主人に大金を渡し、もう一度と懇願する。
ブティックの名前は、「それいゆ」。
しかし、「それいゆ」の女主人・美川冴子は「後にも先にも一度きり」と拒絶する。
SRIの牧は退院した彼女を尾行し、それを見ていたのだ。

やがてこの女性が起こした事件と、同様の事件が6件起きる。
悪徳金融業者の男性が日本刀で殺され、料亭から出てきた男が猟銃で殺害された。
だがいずれも、刑法第39条によって犯人は無罪となった。
ネグリジェの女性の事件を入れると、7件だ。

この辺り、日本刀で金融業者を殺す男性はなかなか怖い。
うーん、確かに子供が見たら、こういうのは怖いなあと思ってしまうかもしれない。
でも生ぬるい描写じゃ、この残虐さは伝わらないというところでしょうか。

いくらなんでも、人を殺した犯人が次々と無罪になるなんて!
町田警部は憤るが、どうにもならない。
そこでSRIも、捜査に乗り出した。

冴子に拒絶された女性が、今度は自分を捨てた恋人の、新しい恋人だった女性を殺害して逮捕された。
前と同じように狂気の笑いを浮かべる女性だが、今度は狂気を装っていると判明。
町田警部に「故意に人を殺した者は、死刑だ!」と言われて泣き崩れる。

そこで情状酌量のためにも、本当のことを語れと言われた女性は、数ヶ月前、元恋人が自分を捨てただけではなく、新しい恋人と一緒に自分を嘲笑ったことを語る。
ショックで女性は、自殺未遂事件を起こした。
病室にいる彼女を見舞ったのが、冴子だった。
冴子は死ぬぐらいなら、どうして相手を殺さないの?と言った。

それはもちろん、人を殺せば、自分が罪になるからだ。
だが冴子は、無罪になる方法を知っていると言い、退院したら自分を訪ねるように言った。
そこで彼女は、冴子にある機械、「脳波変調機」にかけてもらった。
彼女は一時的に完全に心神喪失状態となり、犯罪を犯し、無罪になったのだ。

この話を聞いたSRIは、冴子を罠にかけることにした。
牧は、恋人を無謀運転のスポーツカーにひき殺された銀行員を装った。
恋人は、SRIのさおり。
犯人は同じく、SRIのノム。

彼女の墓の前でたたずむ牧の前に、冴子が現れた。
冴子は、牧の状況を指摘する。
事件以来、仕事も辞めてしまった牧だが、相手を手に掛けることはできない。

そう、いくら憎くても、人は自分の身と引き換えに相手に復讐はなかなかしないもの。
それが人間。
保身でもなんでもない、自分を責めることはないと冴子は言う。
だけど、冴子が合法的に復讐を果たし、無罪になる手段を知っているとしたら?

なぜ冴子が、そんなことをするのか。
冴子は語り始める。
それは冴子が夫ともに脳波の研究をして、日本のキューリー夫妻と呼ばれていた頃のことだった。
幸せな家庭だったのに、冴子はある夜、一瞬にして、夫と子供を殺され、家を火事にされてしまい、失ってしまったのだ。

ここも相当、怖い。
何と言っても、平和な日常に、理由もなく突然乱入してくるというのが怖い。
人間が、根源に感じている恐怖を刺激する描写というか。
こういうのって原始時代、突然、暮らしているところに獣がやってきて狩られて行ったDNAかなんかの記憶なんだろうかとか、余計なことを考える。

だが、犯人の行為は罪にはならなかった。
刑法第39条
心神喪失者ノ行為ハ 之ヲ罰セズ…

嘆き悲しんだ冴子はやがて自分の研究を利用し、人間を狂気に追いやる機械を発明した。
この脳波変調機で狂鬼人間を造り、無罪にする。
冴子はこうやって、刑法第39条に、そして人を殺しても無罪になる人間に復讐することを選んだのだ。

得体の知れない美女だった冴子が、一気にかわいそうになる。
人権とか、いろんなことが頭に浮かんでしまう。
誰に殺されようと、無残に殺された側には関係ないんだと。

犯人の人権は、守ってくれる。
だが、殺された側の生きる権利は、残された側の気持ちは、誰が守ってくれるんだ。
冴子の心の叫びが聞こえてくるよう。

この回が問題にされたのは、ただでさえつらく、苦しんでいる精神の病気にかかった人やその家族が怖ろしいものとして認識されてしまうこと。
それが偏見となって、排除や冷たい目で見られる恐れがある話だからだと思う。
こんな恐れを抱くような歴史があったからだと思うし、その心配はわかる。
だけど見ていると、それが目的でこの話を作ったのではないとわかる。

ここでは、刑法第39条が問題になっている。
けれど問題は、殺された人の人生。
その人たちを愛している人たちの心の痛み。

これが、癒されない現実。
その怒りを訴えたくて作った話なんじゃないかと、思いました。
人を殺した人間が大手を振って歩くなんて!という、町田警部や冴子の憤りがこの話の訴えたいことではないかと思うのです。

さて、牧はその機械によって、狂鬼人間にしてもらう約束をした。
うまく行ったはずなのだが、牧の心はどうも晴れない。
牧さん、優しいんだよ。
冴子の心の叫びを、牧さんは聞いてしまってるんだよ。

約束の日、牧には町田警部たちの尾行がつくが、尾行はまかれてしまう。
人並みはずれて頭のいい冴子は、牧が囮であることに気づいていたのだ。
トラックの荷台にある脳波変調機を頭に取り付けられた牧に、冴子は叫ぶ。
「思う存分、あなたの仲間を殺す事ね!SRIの牧さん!」

冴子は念のためにと実弾ではなく、空砲のはずだった銃に実弾を込めて、牧を解放する。
狂鬼人間となった牧は、銃を乱射しながら町を行く。
人々が逃げていく。

ここも、かな~り怖い場面。
いや、岸田さんの迫真の演技。
先ほどの、優しい牧のかけらもない表情。

牧はうつろで、それでいて狂気のまなざしでノムを見つけ、「殺してやる」と叫ぶ。
驚いて逃げるノムを、執拗に追いかけていく。
転んだノムを追い詰め、殺してしまう寸前、牧は町田警部たちに取り押さえられた。

計画が失敗したのを悟った冴子は、逃げた。
だが逃げ切れないと知った冴子は、脳波変調機が乗っているトラックの荷台に駆け込む。
そして自ら機械を頭に取り付け、ボリュームを最大にひねる。
うわあああ。

見ているこちらも叫びたくなるが、冴子の悲鳴があがる。
的矢所長たちが、トラックの荷台にいる冴子を発見する。
だが振り向いた冴子はうつろな目で笑みを浮かべ、的矢所長たちを見るだけであった。
この女優さんも先ほどの知性的な表情はどこへやら、迫真の狂気の演技。

事件は解決し、SRIに町田警部がやってくる。
急激に脳波変調機の最大のショックを受けた冴子は完全に狂ってしまい、回復の見込みはないと言う。
もう、ずっと狂ったまま。
一生、狂ったままだろう。

本当に殺されるところだったと、笑うノム。
事件の解決を喜ぶSRIと町田警部。
彼らを背にした牧は、悲しそうに視線を窓の外に向ける。

牧の視線の先には、何が見えたのだろうか。
…牧さんの人の痛みを感じ取ってしまう優しさ。
その痛そうな表情で、こちらの心も痛む。

「かーらーすー、なぜなくのー。からすはやーまーにー…」。
鉄格子から外を見ている冴子の、無邪気でうつろな歌声が響く。
ぷつりと、冴子の歌声は止まる。

冴子はこの歌を、なぜ歌っていたのか。
彼女の頭の中には、何が浮かんでいたのだろうか。
だがその目はもう、何も見ていない。

なんという、哀しい、切ないラスト。
森田芳光監督が、10数年前、刑法第39条を題材にした「39」という映画を作りました。
あらためて「怪奇大作戦」とは、すごい作品だったのだと思います。


スポンサーサイト

Comment

No title
編集
どうも、こんばんは。封印作品にも関わらずこの回の動画はよくアップされていて自分もそれで観ました。この回の印象、役者の演技という点では日本刀男の大村千吉さんや錯乱して街中で発砲しまくる岸田森さんが圧巻でしたが、話は扱う題材が題材なだけになかなかこういう話は感情移入しにくいですね。最後にああなってしまった冴子も哀れだと思うんですが、まぁ、観ていて気が重くなるというか、いろいろ考えさせられる様な内容だったと思います。「死を呼ぶ電波」や「果てしなき暴走」等もそうなんですが、『怪奇』はこういった「復讐」ネタ(最後は結局復讐する側が破滅する-)が多い気がします。「かまいたち」も強烈な話で印象深いですよ。
2013年05月04日(Sat) 20:16
凸凹さん
編集
>凸凹さん

こんばんは。

>封印作品にも関わらずこの回の動画はよくアップされていて自分もそれで観ました。

よくアップされているんですか。
でも見るチャンスができて、見たい人にはうれしい環境になりましたね。

>この回の印象、役者の演技という点では日本刀男の大村千吉さんや錯乱して街中で発砲しまくる岸田森さんが圧巻でしたが、話は扱う題材が題材なだけになかなかこういう話は感情移入しにくいですね。

あの、子供が見たらうなされそうな怖い日本刀男は、大村千吉さんとおっしゃるんですね。

>最後にああなってしまった冴子も哀れだと思うんですが、まぁ、観ていて気が重くなるというか、いろいろ考えさせられる様な内容だったと思います。

最後の牧さんの表情、あれが事件の後味を物語ってますよね。
いまだにすっきり解決してない題材ですし。

>「死を呼ぶ電波」や「果てしなき暴走」等もそうなんですが、『怪奇』はこういった「復讐」ネタ(最後は結局復讐する側が破滅する-)が多い気がします。

15話「24年目の復讐」とか、13話「氷の死刑台」も復讐ものでしたね。
最後は本人も破滅してしまう。
「美女と花粉」は本人は仕返しだと思ってましたが、相手は彼女には何もしてない人たちでした。

>「かまいたち」も強烈な話で印象深いですよ。

あれはショッキングでしたね。
当時の公害がよくわかるドブ川に、「何か」が落ちるとか。
ワンちゃんがほえて、その後…、映像はないけど、なくてよかった。
それからさおりちゃん、実はマネキンですが、バラバラになるし。

あれを子供の頃見たら、眠れなくなるぐらい怖かったんじゃないかなと思いました。
事件現場を見たり、アロワナの食事風景を見て立ち上がる犯人の目。
最後に犯人は、動機を詰問されても答えないし。
「だから何で?」という答えが出なくて、ものすごく人を不安にさせて終わる。
「怪奇大作戦」はカテゴリがあるので、もしよろしかったら未読なら、お暇なとき、読んでみてくださいね。
2013年05月05日(Sun) 02:12
編集
なぜか最近パソコンで見れてしまった回です
この番組は結構怖い話しも多いんですが、あなたのレビューを読んでいると、気づけなかったことに気づけて、岸田さんと言い冴子と言い凄い演技だったんだなと思いました
確かにこれは欠番回にされても仕方ないかもしれませんが、とても良い作品だと思います。
そういう意味ではもったいないですね。
2015年02月07日(Sat) 00:07
特撮ファンさん
編集
>特撮ファンさん

>なぜか最近パソコンで見れてしまった回です

良かったですね~!

>この番組は結構怖い話しも多いんですが、あなたのレビューを読んでいると、気づけなかったことに気づけて、岸田さんと言い冴子と言い凄い演技だったんだなと思いました

ありがとうございます。
子供の頃だったら、ただただ恐怖だったかもしれませんので、大人になって見ることができて良かったと思いました。
岸田さんが本当に良い演技してますよね。
みなさん、このテーマを前に、熱演しています。

>確かにこれは欠番回にされても仕方ないかもしれませんが、とても良い作品だと思います。
>そういう意味ではもったいないですね。

本当にそうです。
問題はあるでしょうが、製作者、俳優さんたちの情熱を感じる作品なので、見られるようになると良いんですけどね。
但し書きつきでも…、無理ですかねぇ…。
2015年02月08日(Sun) 13:44
動画サイトに感謝
編集
ちゃーすけさん、こんばんは。
必殺シリーズだけでなく、特撮関係まで深く掘り下げられていらっしゃるので
すべてを拝読するだけでも、相当な時間がかかってしまいそうで楽しみです!

さて、一時期の出版物では「放送禁止作品」を歌ったムック本などが多数ありましたが、想像だけで実際の映像が見れない状態だったので脳内妄想が暴走しまくっていました。今回「この作品のこの回」を動画サイトで見れたので感想を書かせていただければと思います。

まず、自分が幼少の頃には「普通に使われていた言葉」の羅列であり、当時の感覚とすれば「故意に悪意をもって使った言葉ではない」という感覚を消せませんでした。
当然「その言葉で傷つく人がいる限り、使わない方がいいに決まっている」なのですが、「『言葉狩り』的に騒いで本当の意味での問題提起や番組のメッセージをオミットする・・・」は行き過ぎの感がいがめません。よって「この刑法に関しての疑問点」と「役者さんの演技や編集の凄さ」を普通に堪能でき、素晴らしい作品との認識を持つことが出来ました。(岸田森さんは「新マンの坂田さん(プリズ魔)」「新仕置人第1話の筑波さん」と並ぶ演技でしたよね。怖かったです~)

今の時代に、自分の意見は危険な意見ととられるかもしれません。ただ、パラリンピックを見終えた直後だからなのか、「健常者とそうじゃない人」は「健常者が上から見ている物言い」でしかなく、大事なのは「自らの肉体を極限まで鍛えた上で競い合うこと」と「それに対する称賛」なので…パラの会場で頑張っている選手たちに対して「障害に対しての悪い感情」って出ますかね?

とは言っても現実問題難しいでしょうが、作品の伝えたい事を素直に受け止められる環境が出来るようになることを望んでいます。手法はわかりませんが…。
(仕掛け人の「地獄へ送れ~」も問題提起の点では決して間違っていないと思います)

2016年09月22日(Thu) 03:05
地味JAM尊さん
編集
>地味JAM尊さん

こんにちは。

コメントありがとうございます。

>必殺シリーズだけでなく、特撮関係まで深く掘り下げられていらっしゃるので すべてを拝読するだけでも、相当な時間がかかってしまいそうで楽しみです! 

ありがとうございます。
浅い知識と認識でやっております。

>さて、一時期の出版物では「放送禁止作品」を歌ったムック本などが多数ありましたが、想像だけで実際の映像が見れない状態だったので脳内妄想が暴走しまくっていました。今回「この作品のこの回」を動画サイトで見れたので感想を書かせていただければと思います。 

良かったですね!
良い時代になりました(?)

>まず、自分が幼少の頃には「普通に使われていた言葉」の羅列であり、当時の感覚とすれば「故意に悪意をもって使った言葉ではない」という感覚を消せませんでした。 

自分の子供時代にも、この話に使われている言葉は普通に使われていました。
それが他者に対する意識が低い時代と言われてしまうと、そうなのですが…。

>当然「その言葉で傷つく人がいる限り、使わない方がいいに決まっている」なのですが、「『言葉狩り』的に騒いで本当の意味での問題提起や番組のメッセージをオミットする・・・」は行き過ぎの感がいがめません。

そう思います。
この表現で傷つくと言う方がいらっしゃるなら、確かにそれはやはり止めるべきだと思います。
しかし、いけない言葉である、タブーに触れている、けれど考えて欲しいこと、大切に思われるメッセージ、伝えたいテーマが込められているものを封印までして欲しくはないなあと思う作品があります。
決して興味本意で扱っているわけではない。
むしろ封印することの方が、まずいのではないか。
そんな作品もあると思います。

>よって「この刑法に関しての疑問点」と「役者さんの演技や編集の凄さ」を普通に堪能でき、素晴らしい作品との認識を持つことが出来ました。(岸田森さんは「新マンの坂田さん(プリズ魔)」「新仕置人第1話の筑波さん」と並ぶ演技でしたよね。怖かったです~) 

これは今日でも浮上することがある問題で、被害者側の感情から描かれた、本当の問題作。
見終わった後、考えずにはいられません。
岸田さんの、わめき散らすだけではない、狂気の表現力。
すばらしい俳優さんだなあと思います。

>今の時代に、自分の意見は危険な意見ととられるかもしれません。ただ、パラリンピックを見終えた直後だからなのか、「健常者とそうじゃない人」は「健常者が上から見ている物言い」でしかなく、大事なのは「自らの肉体を極限まで鍛えた上で競い合うこと」と「それに対する称賛」なので…パラの会場で頑張っている選手たちに対して「障害に対しての悪い感情」って出ますかね? 

出ないですよね。
パラリンピックはオリンピック同様、あそこまで研ぎ澄まそうとする精神がもう、すごい。
人の、自分の限界を越えるとする姿に感嘆でした。
どんな場合でも状況でも、上から目線ってすごく不愉快ですよね。

>とは言っても現実問題難しいでしょうが、作品の伝えたい事を素直に受け止められる環境が出来るようになることを望んでいます。手法はわかりませんが…。 

時代劇専門チャンネルが「カムイ外伝」をちゃんと流してくれたんですが、その中で、この人はこれを忍びに生かして生きてきたのだ…と思うエピソードがありました。
子供の頃に見てすぐには無理でも、時間が経って見た時に感じることってありますから、できればちゃんと評価できるまで「待って」欲しいです。
とにかく、なくさないで欲しいです。

>(仕掛け人の「地獄へ送れ~」も問題提起の点では決して間違っていないと思います)

はい、その通りだと思います。
これもメッセージといい、映像といい、俳優さんたちの名演といい、すばらしい作品なので、どうか問題視して封印しないで欲しいです。

記事を読んでくださって、さらにコメントありがとうございました!
2016年09月25日(Sun) 02:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL