こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺以外の時代劇 ≫ 「江戸特捜指令」で風吹ジュンさん

「江戸特捜指令」で風吹ジュンさん

中村敦夫さんの毎回の変身が、と~っても楽しい「江戸特捜指令」。
この前の回は何と、風吹ジュンさんが悪女役で出演してました。
最初はしおらしいお店の娘でしたが、中村さんは見抜いていた。
自分たち隠し目付を罠にかけて誘い込み、からくり屋敷に閉じ込めた首領はこのかわいらしい娘だということを。

実は彼女、隠し目付に悪党の父親を仕置されていた。
この父親がからくり人形を操る悪党で、隠し目付のからくり人形に敗れ去ったのでした。
いきなりかわいらしかった風吹さんが、正体を指摘されて顔を上げると吊り目縁取りメイクになっているのはおもしろかった。

「そろそろ殺せ!」などと、過激な言葉は吐いているのですが、これがかわいらしくて参っちゃった。
あどけなさが出ている。
見ていてそれでも一生懸命、悪女を演じているので何だか「がんばって!」と声をかけたくなる。
「さあ、くたばれ!」とか何とか言うのを聞くと、「かわいい~」と言ってしまう。

だって本当にかわいいんですもん。
これがもう少し経つと、妖艶な女性役もぴったりになるんですよ。
男性を惑わす妖艶な役も、けなげで放置できないような役も。
ちょっと気だるさを漂わせていた。

秋吉久美子さんとか、桃井かおりさんとかとは違うけど、彼女もちょっとアンニュイな女優さんだった。
50代になってまたよくお見かけするようになりましたけど、素敵な年齢の重ね方してる女優さんだなと思いました。
あのかわいらしさは健在で、この方は性格がかわいらしいんじゃないかな?と思いました。

まだまだあどけないかわいらしさのある、風吹ジュンさんを見られて、得した気分の「江戸特捜指令」でした。
役は残念ながら、アッサリ隠し目付にやられてしまいました。
隠し目付の逆襲のからくりに引っかかり、「何だ?」「早くしないと爆発するぞ!」とか叫ぶ姿もかわいい~。
この役はほんとは、かわいくちゃダメなのかもしれないけど、かわいいものはかわいい、かわいかった。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL