連休の最後の日は、昨日煮込んでおいたチキンカレーに野菜を加えて、また煮てそれを食べる。
そしてコーヒーを入れて、アイスクリームと甘いものを食べる。
見るのは録画しておいた時代劇、時代劇三昧。

すると、上野山功一さんが出演されてました。
この前の「右門捕物帖」の「くちなしの花」では、若バカ殿の側用人で、辻斬りを止めるどころかあおっていた。
それを嗅ぎつけた若き同心を斬殺し、遺体を引き取りに来た右門たちを嘲笑った。

ああ、ひどいわ…。
許せないわ…。
そう思わせてくれないと、最後が盛り上がらない。

しかし最後は、目付からの探索を恐れた旗本屋敷から放り出され、哀れにもパニックに陥った。
うーん、確かにこの人、すごく悪いんだけど。
一番悪いのはバカ若殿だし、この人にあのバカ若殿をいさめることはできなかっただろうしなあ。
悪いのはこの人だけじゃなくて、この人をアッサリ切り捨てる武家のシステムも悪いんじゃないかなあ、などと思わせてくれました。

「必殺必中仕事屋稼業」でも、悪徳同心。
こちらのお話も、書きたいと思います。
上野山さんはこの後の「必殺」シリーズの「仕置屋稼業」でも、悪徳同心でしたね。
水芸の女性にお座敷ストリップ(まあ!)なんかさせるんですが、この方、もみ上げが特徴的で、出るとすぐにわかります。

「必殺仕置人」では、私の好きな話「ぬの地ぬす人ぬれば色」で大奥に使える伊賀者でした。
この回の被害者は、後に仕事人シリーズでお加代を演じる鮎川いづみさんの「ゆき」。
ゆきの婚礼のための友禅をほしがった将軍の側室のため、この伊賀者はゆきの許婚も父親も斬り捨て、代金を投げ捨てる。
事の露見を恐れ、密かにゆきを葬ろうとの画策から大奥に上がらされたゆきが、廊下で庭に控える上野山さんを見て、凍りつく。
すると上野山さん、不敵な笑い。

さらに側室の嫌がらせは続き、ついにはゆきをこの伊賀者にくれてやる話になる。
上野山さんは、近くできらびやかな大奥の女性たちを見ている。
だから何が望みかと聞かれると、大奥の女性を妻にしたいと言うんですね。

そうすると側室が、ゆきをくれてやると言う。
ゆきは愕然。
自分が憎まれ、恨まれ、殺してやりたいとさえ思っているであろう女性を妻に押し付けられる。

しかし上野山さんは言うのだった。
自分たち、伊賀者が嫌われているのは知っている。
それならば、自分を憎む女を妻に!と。

この時のゆがんだ笑い。
きらびやかな大奥の女性を見て、警護している。
しかし、嫌われ、さげすまれている。
見ていてこの辺り、この男にも屈折するまでのいろーんな、経緯があったんだろうなあと思わせます。

これが決定打になって、ゆきは自殺してしまうんですけどね。
仇は仕置人が取ってくれます。
錠が上野山さんの伊賀者と対決するために、腕を鉄でガードしてくるんです。
クライマックスの殺陣もまた、見所。

でも上野山さんの「必殺」での悪役といえば、私は何と言っても「暗闇仕留人」の18話がすぐに出ますね。
主人公たちを追い詰める悪人の中でも、上野山さんが演じる弥七が実働部隊。
この話は数ある「必殺」シリーズの作品の中でも、私は最も暗く、後味が悪く、つらい作品だと思ってます。
しかし、そう思わせるだけの俳優さんたちの熱演で、忘れられない回です。

被害者も、加害者の上野山さんの執拗さ、たちの悪さで、「こういうことはしたくないな…」。
「こういう風に人を追い詰めたくないな…」。
「あんなになってしまう人を見るのは、嫌だな…」と思わせてくれる。
ただ、今日みたいな連休の最終日には見ないほうが良いと思います。

「大忠臣蔵」では密偵だったり、「弥次喜多隠密道中や「おらんだ左近事件帖」でもお見かけしました。
そして今日は松平右近事件帳の22話「日本橋の団十郎」で、上野山さん発見。
濃い悪役ぶりで、大いにクライマックスまで盛り上げてくれました。
「濃い!」が好きな私には、たまらない悪役さん、たまらない濃さであります。

つい先日、長谷川明男さんはどうされているのかと思ったばかりなので、上野山さんについて調べてしまいました。
すると何と、腹話術で「福島のコーモンチャマ」という八兵衛の相棒を連れて、講演会をやっていらっしゃいました。
俳優生活50年の間の、いろんなお話を聞かせてくれているそうです。

ぎゃー、聞きたいよー。
私としては、喉から手が出るほど聞きたいお話だと思う。
福島で、お店もやっていらっしゃる。
まだまだ、お元気でいてほしいですよ~。


スポンサーサイト
2013.05.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2581-bdd31073