こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日常生活 ≫ ネッシーの日

ネッシーの日

日曜日の6月9日は、ネッシーの日。
知ってました?
ネッシーの日なんてあるんですね~。
空飛ぶUFO記念日っていうのも、最初に知った時おどろきましたけど。

子供の頃、夏休みだったと思う。
あるトロール船の網に、ネッシーみたいな生物の死体がかかったといって、新聞一面に写真が出たことがある。
「ニューネッシー」と名前がつけられたけど、ネッシーってネス湖にいるからネッシーなんじゃないの。
海にいたらそれは違うじゃないかと思ったんだけど、それほど未確認巨大生物、とりわけ恐竜タイプはネッシーが有名ということなんですね。

騒ぎになった。
連日、その話で持ちきりだった。
でもウバザメの腐乱して一部が落ちて、伸びたらああなるって言われてしまった。
さらに、持ち帰ったヒゲかなんか分析したらサメと判明したとか何とかで、急激に騒ぎは収まりました。

つーまんないの。
でも乗組員の人はあれはサメじゃなかった、足があったとか、サメにはない部分があったとか言ってたらしい。
サメを見慣れてる人が言うんだし、アミノ酸の指数分析の結果、サメとほとんど変わらないけど、ちょっと違ったとか。

肉の部分がサメとは違う、赤身だったとかも言われてた。
皮下脂肪もあったとか。
腐敗臭がサメとは違ったとか。
いろんなことを言われて、今も謎は謎みたいですね。

さて、未確認生物の代表のネッシーですが、1933年の6月9日が、ネッシーの記事が写真入りで新聞に掲載された日なんだそうです。
ネッシーは、いるほうが楽しい。
しかし、個体の数が20になると生物は絶滅の危機らしいし、湖に空気は少ないらしい。
ネッシーの寿命とか、個体とか考えると、いるのかなあ…と思ってしまう。

でも、昔っからこの辺りでは怪物の目撃があったというから、なんかいるんだろうなあとも思う。
ネス湖って、なんか神秘的なんですよね。
冷たい空気、静寂、古城。

うーん、信じちゃうかも。
何かいるかも。
見ちゃうかも、と思わせる、雰囲気がある。

最近、この近くの湖で、何隻も船がいて釣りをしている人の前を、巨大な生物が泳いでいく映像を見ました。
結構はっきりしていて、何かワクワクしました。
ワクワクするのは水棲生物だけで、陸上のはあんまり興味ない…。
深海魚好きの、水棲生物好きだからなのか。

前都知事・石原慎太郎氏が、当時の福田赳夫首相の援助でネス湖調査をやったりした時代があった。
都知事~、ネッシー好きですか~。
深海魚は、好きですか~。

うーん、こういう話はやっぱり楽しい。
未確認水棲生物好きの友人と、盛り上がる、盛り上がる。
変?


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL