こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺以外の時代劇 ≫ 助けてあげたい 「暴れ九庵」

助けてあげたい 「暴れ九庵」

見たことなかったのですが、現在「暴れ九庵」という時代劇を見ています。
しかも途中から。
風間杜夫さんの時代劇初主演作だそうです。

九庵は漢方医。
漢方医と見せて、実は裏の仕事人…ということもなく、本当に漢方医さんです。
熱い正義の心をたぎらせ、事件に遭遇すると怒りに燃えて殴りこむ。

萬屋錦之介さんの「おめえたっちゃ、人間じゃねえ!たたっ斬ってやる!」の先生を思い出しますが、全然違う。
だって、九庵先生、弱いんだもーん!
武器は、自分が愛用している高下駄。
それで悪党のところに殴りこんじゃうって、無茶。

だから、正義の味方なのに無残に出血はするわ、髪振り乱しちゃって結構、ひどくやられる。
しかしこれが、風間杜夫さんの持ち味を生かしていて、おもしろい!
風間さんは「スチュワーデス物語」で、一躍スターになりましたが、それはこのドラマの少し前らしい。
「スチュワーデス物語」の「教官!」を受けて、この役ができたと言うわけですね。

そう考えるとこの、弱い正義の味方も納得してしまう。
なんというか、助けてやりたくなるキャラクターなんですね。
実際、九庵はいろんな人に助けられてる。
殴りこみも、本業の医者でも助けてもらう。

後半から見たんですが、風間さんの出番が少ない回もあるんですね。
忙しかったのかな。
変り種の時代劇で、楽しくて好きですよ。
途中から見たので、今度は最初から見るつもりです。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL