終戦記念日ということで、いろんな戦争の映像を見ました。
これは、1979年のTVドラマ「白昼の死角」のエンディング。
まだまだ、戦争が生々しい記憶として語られる時代だったんですね。



白昼の死角 1979TV版 投稿者 retudou


今、「大都会Part2」を見ていますが、この中でも戦争経験者、陸軍にいた犯人や刑事さんなどが出てきます。
そろそろ定年退職かという年齢ではありますが、実際の戦争経験者がいたわけですね。
どうりで、描写にリアリティがあったはずです。
当時、こういうものを見ながら、私たちは戦争経験者から直接話を聞く、最後の世代なんだと思いました。
スポンサーサイト
2013.08.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2684-413068ab