こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP草なぎ剛さん ≫ 神様のベレー帽

神様のベレー帽

「神様のベレー帽」、24日放送でした。
手塚先生というより、新米編集者の成長物語だったのは意外でした。
これはこれでありなのかもしれませんが、私は手塚先生の話だと思っていたので、「あれ?」と思いました。

伝えたいメッセージは手塚先生の「僕ができるんだから、あなたにもできる」なんですね。
それはわかるんですが、手塚先生が名作「ブラックジャック」を生み出す経緯が見たかった!
時代に取り残されるかもしれない転機で、あの名作が生まれる時。

「ブラックジャック」が最初は4話だったというのは、知ってました。
それが掲載されてからはすごい反響で、特に「ミユキとベン」の反響がすごかったと。
不良少年のベンがある日、知り合った臓器移植をしなければならない少女ミユキ。

ベンはブラックジャックの元を訪ねるが、手術費は持っていなかった。
多額の手術費用のため、ベンは強盗を企てる。
その頃、手術費用を請求したブラックジャックは、ミユキのいる病院に現れる。

病院の医師は、ブラックジャックの評判の悪さから追い返そうとする。
それに、ミユキは手術しても助からない。
だが、ブラックジャックは引かない。

しかし医師は評判とは裏腹の、ミユキの手術への情熱あふれる目を見て、ブラックジャックを受け入れる。
そこに「少年強盗です。警官に撃たれました」と、ベンが運び込まれてくる。
ブラックジャックを見たベンは、手術費用がないことを詫び、やっぱり自分は何の役にも立たない、屑だったと言って息を引き取る。

ベンに向かってブラックジャックは、「お前は役に立つ!」と叫ぶ。
ミユキの手術に、ブラックジャックはベンを使った。
手術は奇跡の大成功だった。

あの少年が奇跡を呼んだのか、と病院の医師は言った。
横たわるミユキに寄り添うベンの姿が、ブラックジャックには見えた。
ミユキの中で、ベンは生きている。

…という話で、確かにすごく印象に残る話なんです。
こういう話が生まれるまでの手塚先生の苦労とか、描いている最中の様子、ブラックジャックにこめた思い。
さらにはその反響。
ドラマでは、こういうのを見たかった。

天才なんだから、自分とは違う。
手塚先生にできたって、自分にはできない。
そう思っている人に対して、そうじゃないんだ。

確かに天才だけどその手塚先生だって、こんな苦労していたんだ。
周りも振り回されながら、だからそんな手塚先生についてきたんだ。
そこを描いた上で、「僕ができるんだから、あなたにもできる」の言葉が出てくると良かった。

さて手塚先生を演じた草なぎさんですが、草なぎさんは動いたらその役に違和感がないことが多いです。
だから手塚先生を演じることについては、大丈夫だと私は思ってました。
ちゃんとものにしているだろうな、と。

とんでもないことをしているのに、本人には全然その自覚がない。
草なぎさんは、天才と変人が同居している手塚先生を、嫌味なく見せてくれたと思います。
できれば今度は、手塚先生を丹念に追ったドラマで見たいなと思いました。


スポンサーサイト

Comment

同感。
編集
苦悩する手塚治虫、名作が生まれるまでの葛藤、敏腕編集者との熱い繋がり。
そのようなドラマを期待していたので、ちょっとがっかりしました。
最近の私は、「半沢直樹」のような芯の通った男のドラマに気持ちが傾いて、
ちょっと砂糖の味したドラマに満足できなくなっているのかもしれません。
わがままで周りを振り回すのに、愛される天才漫画家の空気は伝わったと、
思いますが、、。
佐藤浩市さんとクサナギツヨシの熱のこもったお芝居がもっと観たかったです。
クサナギドラマ。今回はハズレかな?
これからもクサナギツヨシを贔屓にしてやってください。
よろしくお願いします。次回はきっと、ご期待にそえるとお約束します(?)
2013年09月25日(Wed) 15:22
パイナップルさん
編集
>パイナップルさん

>苦悩する手塚治虫、名作が生まれるまでの葛藤、敏腕編集者との熱い繋がり。
>そのようなドラマを期待していたので、ちょっとがっかりしました。

佐藤浩一さんが出てきた時、手塚治虫の復活を信じる編集長と、飄々としながらもいいものを作りたいと情熱を注ぎ込む手塚治虫のドラマだと思ったので、申し訳ないんですが途中までほんと、「まだ?手塚治虫がメインのパートはまだ?」と思っていたんですよ。

>最近の私は、「半沢直樹」のような芯の通った男のドラマに気持ちが傾いて、
>ちょっと砂糖の味したドラマに満足できなくなっているのかもしれません。

私も半沢で、やっぱり登場する人物が繰り広げる人間ドラマ、彼らの生き様を描いたドラマはおもしろいなあと思いましたから。
手塚治虫のマンガにかける情熱や信念、それを信じる編集長やついていく人々のドラマだったらおもしろかったと思います。
良い素材、見ごたえあるドラマができる素材をそろえておきながら、残念と思ってしまいました。

>わがままで周りを振り回すのに、愛される天才漫画家の空気は伝わったと、
>思いますが、、。

草なぎさんの演技で、ただのわがままではない、憎めない、子供のような人…という雰囲気が出ていましたね。

>佐藤浩市さんとクサナギツヨシの熱のこもったお芝居がもっと観たかったです。

そうだったら、男っぽいドラマになったと思うんですよね。
草なぎさんならそういうドラマができるし、そうしてよかったんじゃないかなと思っただけに残念で。
和みや、話の一部として、あの新人編集者さんの成長物語も入れてよかったと思いますが…。

>クサナギドラマ。今回はハズレかな?

草なぎさんは良かったと思いますが、ドラマは違う角度でまた作ってほしい感じがしますね。

>これからもクサナギツヨシを贔屓にしてやってください。
>よろしくお願いします。次回はきっと、ご期待にそえるとお約束します(?)

いやいや、期待してますよ~!
早く新しい草なぎさんが見たい。
彼が出るというだけで、見る価値あります。
2013年09月26日(Thu) 00:29
本当は男のドラマなんです!
編集
この作品はコミック版の原作が存在します。

でも、そちらでも、それほど「ブラック・ジャック」に触れていません。
ただ、それを生み出したパワーは凄く強烈に描かれています。
手塚は仏の顔をした悪魔で、壁村は夜叉。
間に挟まれた編集者達の「地獄」を煙草のヤニとか泊まり込みの汗臭さ込みで
お世辞にも綺麗とはいえない作画で表現していているのです。
正に70年代の強烈さが爆発。(特に最初の1、2巻)

で、ドラマ版はAKBの姉ちゃんを無理やり主人公にして出演させたりして
そういった作風を完全に殺してしまっている…。
2013年09月29日(Sun) 19:00
巨炎さん
編集
>巨炎さん

こんにちは!

>この作品はコミック版の原作が存在します。

原作があるのは知っていましたが、コミックなんですね。

>でも、そちらでも、それほど「ブラック・ジャック」に触れていません。
>ただ、それを生み出したパワーは凄く強烈に描かれています。

そうなんですか。

>手塚は仏の顔をした悪魔で、壁村は夜叉。
>間に挟まれた編集者達の「地獄」を煙草のヤニとか泊まり込みの汗臭さ込みで
>お世辞にも綺麗とはいえない作画で表現していているのです。
>正に70年代の強烈さが爆発。(特に最初の1、2巻)

この、綺麗とは言えない作画に私は、永井豪さんなんかもそんな感じなんですが、あの時代の力を感じるんですよね。
実際に悪魔・鬼と夜叉が生み出したから、あの作品はすごくなったのかもしれません。
そんな間にはさまれた「普通の人々」の生活は、すごかったでしょうね~。
それがまた、作品の凄さになったんでしょうか。

>で、ドラマ版はAKBの姉ちゃんを無理やり主人公にして出演させたりして
>そういった作風を完全に殺してしまっている…。

ドラマは男たちがぶつかりあうドラマにして、彼女には癒しのパートを与えたなら、良かったんじゃないかと思います。
そのほうが彼女の評判も良くなったのではないかと思うと、いろんな面で残念なドラマになってしまいました。
2013年09月30日(Mon) 00:46
編集
ちゃーすけ様お久しぶりでございます。
こんな月日が経って申し訳ありませんがやっとご感想を拝見させていただきました。
ホントになんで原作通りに手塚先生と編集長をメインしてガッチリと男のドラマを描かなかったんでしょうね。
「仏の顔した天才で無意識に無邪気なる悪魔」なんて草なぎ剛のためにある役だったのに。でもあんなに何もさせてくれないドラマでもただそこにいるだけで天才と狂気の危うい感じを醸し出してる草なぎ剛はやっぱり特殊な役者だと思いました。
演出家と脚本家についてはちょっとどういうつもりか説明してほしいです(笑)。
今日は「独身貴族」第四回目です。三話が素晴らしく良くて面白かったのでぜひご覧になって下さいませ。今回も同じ演出家のようなので期待できます。(1話2話は少しイマイチ・笑)
2013年10月31日(Thu) 16:07
なかさん
編集
>なかさん

お久しぶりです。
また来てくださったんですね。
ありがとうございます!

>こんな月日が経って申し訳ありませんがやっとご感想を拝見させていただきました。

いえいえ、こちらこそありがとうございます。

>ホントになんで原作通りに手塚先生と編集長をメインしてガッチリと男のドラマを描かなかったんでしょうね。

本当に惜しい。
いい男のドラマになったと思います。
男2人がぶつかりあって作り上げた「ブラックジャック」という、大傑作。
いいドラマになったと思って。

>「仏の顔した天才で無意識に無邪気なる悪魔」なんて草なぎ剛のためにある役だったのに。
>でもあんなに何もさせてくれないドラマでもただそこにいるだけで天才と狂気の危うい感じを醸し出してる草なぎ剛はやっぱり特殊な役者だと思いました。

もう時間との勝負だというのに、自分のこだわりを通す。
さら~っと、信じられないことを言うんですよね。
その「サラッと」感が天才と狂気を感じさせる。
ほんとにもうちょっとそういうところを見たかったなと思います。

>演出家と脚本家についてはちょっとどういうつもりか説明してほしいです(笑)。

ですよねえ…、私も今考えても、納得いかないなあと思いますよ。
佐藤浩一さんという、すばらしい相手役までいてなんで?
全然、もったいない!

>今日は「独身貴族」第四回目です。三話が素晴らしく良くて面白かったのでぜひご覧になって下さいませ。今回も同じ演出家のようなので期待できます。(1話2話は少しイマイチ・笑)

見てますよ~。
あの彼の心が動き始めるみたいで、見せ所ですね。
2013年10月31日(Thu) 22:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL