こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ それはお客様

それはお客様

作家・大佛次郎さんといえば、まさに文豪。
その作品のパワーは、すばらしいもの。
この文豪は猫とは切っても切れない関係だったということで、その点でも私は恐れ多くもこの文豪の大佛先生が大好きです。
大佛先生にとって、猫は人生に必要不可欠な伴侶だそうです。

生涯に飼った猫は、5百匹と言われています。
常時10匹は家にいて「ここの家なら」と、猫を捨てていく人までいた。
だから大佛家ではついに、猫は15匹までという不文律ができた。
それを超えたら、大佛先生が家を出ると。

ところがある日、ずらりと並んでご飯を食べている猫を数えたら、1匹多い。
16匹いる。
だから先生は奥様に「1匹多いぞ!俺は家を出る」と、おっしゃった。
すると奥様「それはお客様です。ご飯を食べたら帰ります」。


スポンサーサイト

Comment

猫15匹。
編集
わー、猫が15匹も家に居るなんて、素敵。
私は、猫は福を運んでくると信じているので、15匹も居たら、家じゅう福だらけ。
猫といえば、、「猫侍」面白そうですね。
サイトを見たら、とても美しい白ネコがいました。なんとも魅力的な白ネコでした。
早く観てみたいです。
北村一輝さんも、かなり興味があります。
ずっと昔に何かのドラマで彼の事を知り、どんなドラマか、どんな役かも忘れましたが、
「北村一輝」の名前は、頭に残りました。
その後、あるドラマで幼児の臓器売買をするタイ人の役をしていて、
「アッ、この人!!」大きな役を掴んでいた事にうれしくなったことを記憶しています。
時代劇にでたり、ホストになったり、古代ローマ人になったり、、。
時代も国籍も超えるスケールの大きな俳優さんですね。貴重だと思います。
エキゾチックで、アクションも上手くて、英語も話せるらしい、、
今、ちょっと思ったのですが、北村さんなら、もしかしたら、、
アジア人初のジェームズ ボンドも夢ではないかもしれない!
北村さん、そんな計画あるのかな?
2013年10月06日(Sun) 16:49
パイナップルさん
編集
>パイナップルさん

>私は、猫は福を運んでくると信じているので、15匹も居たら、家じゅう福だらけ。

素敵な考え方ですね!

>猫といえば、、「猫侍」面白そうですね。

予想よりおもしろかったです。

>サイトを見たら、とても美しい白ネコがいました。なんとも魅力的な白ネコでした。

かわいいんですよ~、ほんとにかわいい。

>早く観てみたいです。

あっ、まだ放送していない地域もあったんですよね。
うっかり、ネタバレ…。
次回から気をつけます。

>北村一輝さんも、かなり興味があります。
>ずっと昔に何かのドラマで彼の事を知り、どんなドラマか、どんな役かも忘れましたが、 「北村一輝」の名前は、頭に残りました。

最初はこの人が出てくると、大概怖くなる展開なんだよね、と思ってました。

>その後、あるドラマで幼児の臓器売買をするタイ人の役をしていて、
>「アッ、この人!!」大きな役を掴んでいた事にうれしくなったことを記憶しています。

あ、私も見てましたよ!

>ちょっとの出番の役から始まって、
>時代劇にでたり、ホストになったり、古代ローマ人になったり、、。
>時代も国籍も超えるスケールの大きな俳優さんですね。貴重だと思います。

あのホスト役も良かったですね。
本人照れてましたが。
濃いお顔なのですが、ローマ人というのには笑いました。

>エキゾチックで、アクションも上手くて、英語も話せるらしい、、
>今、ちょっと思ったのですが、北村さんなら、もしかしたら、、
>アジア人初のジェームズ ボンドも夢ではないかもしれない!

無国籍の雰囲気がありますもんね。
アクションができるというのも、英語もできるというのも、強みですね。

>北村さん、そんな計画あるのかな?

そのうち、進出しそうですね。

草なぎさんのドラマも始まります。
哀しい出来事もありましたが、それだけにいいものを作ってほしいと期待してます。
2013年10月06日(Sun) 23:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL