改めて、久しぶりに「大岡越前」を見ています。
月曜日の夜8時に放送されていた、加藤剛さん主演の「大岡越前」。
あの頃はわからなかったんですが、今見るとすごい安定感なんですね。

「暴れん坊将軍」の元祖みたいな、お忍びで江戸の町に出る名君・吉宗を山口祟さんが。
長崎帰りの腕の良いまじめな医者・榊原伊織を竹脇無我さんが。
頑固で昔ながらの厳格な武士でありながら、人が良くて愛すべき越前の父親を片岡千恵蔵さんが。
そして江戸の町を、庶民を守っていく名奉行を加藤剛さんが演じてます。

俳優それぞれが、ぴったりのポジションに収まっている。
自分のキャラクターを十分に理解し、存分に持ち味を見せてくれる。
予想がつくものをそのとおりに見せてくれて、こちらはそれで喜んでしまう。
見る人がこうだと思っているものを見せてくれれば、それで満足。

「大岡越前」とは、そんな世界だったんだなあと思いました。
だから、ものすごい安心感がある、安定している。
これはこれでとっても楽しいです。


スポンサーサイト
2013.10.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2748-7083642f