おとなしく仕事をしていたら、なんだか部屋が臭い。
気のせいかと思っていたけど、やっぱり臭い。
外から臭いは、やってくる。
しかも、あろうことか、子供の頃、田舎に行って、この臭いがするとおばーちゃんが「田舎の香水だ」と称した、あの臭いがするっ。

まさかっ。
ここは大都会の、ど真ん中だぞっ。
よくテレビに出てくる、大都会の象徴のような建物が見えるし、「こんなとこに毎日いるってどんな気分だろう」と思わずにいられない建物がたくさんある。
だが、臭いっ!

ついに1人が立ち上がり、窓を閉めに行った。
あっ、やっぱり、あなたも臭いと思ったのですか!
すると、みんな「臭いよね?」と言い始めた。
まさかねえ、こんな場所でね?と、みんな思ったらしい。

そして帰り道。
駅から電車に乗った。
すると、臭いっ。

なんだこりゃっ。
さっきもこの類の臭い、してました。
なんだなんだ、こりゃ。

さらに、別の電車に乗換えで乗る。
すると、また臭いっ。
…な~んか、私、今日はこの臭いに追われてるなあ。

鼻が臭いを記憶してしまって、しばらくはダメでした。
追いかけて、臭い。
こんな日もあるのね。
くんくんっ。


スポンサーサイト
2013.11.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2763-4560f2a4