美容師さんとすれ違い

なぜか12月は、気に入らない髪の状態ですごすことが多い。
忙しくて、美容院に行ってる時間がないせいか。
学生時代から、そんな状態が多かったような気がします。
伸ばしかけの、結べない、しかしうっとおしい、だがやりたいヘアスタイルになる途中ってことが多かった。

近年には、ちゃんとヘアカタログでヘアスタイルを指定しているのに、思いっきりシャギーを入れられて、別美容院に駆け込んだ思い出があります。
そういえば、いつもなんだか思うようにならないと思っていた。
この担当者さん、いつも私が思うのと違うヘアスタイルにしていたらしい。
気づくの遅い私も私だ。

このとき、はっきり、写真を見せているのに、「では、ここ(と言って、耳の上。こめかみの辺りを押さえる)で、いったん、きゅっと収まって、外ハネですね」と言われて気づいた。
とろいぞ、私。
「…いえ。写真どおりに」。
「はあ」。

しかし、できたのはその「いったん、きゅっと収まって、外ハネ」でした。
私も私だ。
やめりゃいいのに。

それで友達が進めてくれた美容院に駆け込んだら、一番短い髪が、やりたいヘアスタイルができるようになるまでは1年ぐらいはかかるということでした。
人類はもう、宇宙ステーションに滞在するんだから、そろそろ、1ヶ月で髪が10センチ伸びる方法が開発されてもいいのではないか。
無理か、そんな自然の摂理に反すること。
産業に対しても、いろんな影響がありすぎるか。

そして、前にも書いたと思うけど、もちろん、その後、この美容院には行かなかった。
しかし、まさになりたいヘアスタイルに近づいた、何度目かの美容院の帰り。
駅でいきなり声をかけられて、振り向いたら、その「いったん、きゅっと収まって、外ハネ」にした美容師さんだった。

美容師さんなんだから、美容院帰りだってわかっただろうな。
別の美容院にしたことも。
その後、そこに行かない理由もわかっただろうな。
ちょっと胸が痛んだ。

技術もサービスも、悪くなかったんですけどね。
美容師さんと、私の好みが合わなかったんでしょう。
これが美容院でなんか、思うようにならない、一番の原因のような気がする夜更かしの休日の夜。
話と関係ないけど、明日の朝はツナサラダに、トーストにマーマレード、ベーコンエッグにしよう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

美容室のいろいろ。

先日、美容師さんが「この秋は、こんな感じの前髪がいいですよ~。」って、
ちょっと厚めで長めの前髪にされて、「ちょっとな~・・・」と、思いつつ、
「ありがとうございました。」と、終わりにして、会計の時に本当に無意識に、
前髪をかき上げて、クシャクシャと、横に流しちゃって、気まずくなりました。
「あ、すいません。」思わず謝りましたよ。
以前は、よく美容室を変えてました。私は、おしゃべりな美容師さんが苦手なんです。
美容室に行く楽しみは、髪型を変えるほかにもう1つあって、
それは、ハイファッションの高価なモード誌を眺めることなんです。
自分では、なかなか毎月欲しい雑誌が買えないので。

役者・クサナギツヨシを温かく見守ってくださって、ありがとうございます。
確かに、この高齢化社会では39歳の俳優なんて、“まだまだこれから”、ですね。
80代でも、男っぷりのよい俳優さんも沢山いらっしゃいますもの。
今後は、「いいひと」に見せておいて、結婚詐欺師とか悪徳弁護士とか、
彼の武器は使い方次第で幅広く活かせる可能性を持っていますね。
ちゃーすけさんが教えてくださった、時代劇の話もいいですね。
彼の「昔っぽい」顔立ちと身体能力を活かせる時代劇、期待できます!
「スペシャリスト」の続編はいつになるのでしょうね?私も楽しみにしてます。
どんな役でも彼の魅力は伝わると、信じて、これからも期待したいです。
ちゃーすけさんも応援、よろしくお願いします。
20年くらいたったら、猫屋敷に暮らすへんなおじさんとか、、やってもらいたい。

パイナップルさん

>パイナップルさん

>先日、美容師さんが「この秋は、こんな感じの前髪がいいですよ~。」って、
>ちょっと厚めで長めの前髪にされて、「ちょっとな~・・・」と、思いつつ、

美容師さんとしては、時代の空気に取り残されないようにしてあげよう…と思ってるんでしょうが、明らかに似合わないとか、好きじゃない場合がありますね。
その時は、私は時代に取り残される覚悟で…、って大げさですね。
シャギーの時は、髪が細くて薄い私がシャギーなんていれたら、スカスカ…って思ってましたもん。

>「ありがとうございました。」と、終わりにして、会計の時に本当に無意識に、
>前髪をかき上げて、クシャクシャと、横に流しちゃって、気まずくなりました。

そうなんですよ~、つい自分の正直な心って、さりげないところで出ちゃうんですよね。

>「あ、すいません。」思わず謝りましたよ。

わかります、謝りながら、どうしてこっちが謝っちゃうんだろう…って気もするんです。
相手が良かれと思ってやったことに対して、ごめんね、なんですが。

>以前は、よく美容室を変えてました。私は、おしゃべりな美容師さんが苦手なんです。

ああっ、わかります。
会話が弾む人もいるんですが、苦手な人もいて。

>美容室に行く楽しみは、髪型を変えるほかにもう1つあって、
>それは、ハイファッションの高価なモード誌を眺めることなんです。
>自分では、なかなか毎月欲しい雑誌が買えないので。

私も、普段読まない雑誌が読めるの楽しいですね。
その中で、「あ、これは読みたい」と思って買っちゃったものもありますし。

>役者・クサナギツヨシを温かく見守ってくださって、ありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ、勝手な感想にお付き合いくださってありがとうございます。

>確かに、この高齢化社会では39歳の俳優なんて、“まだまだこれから”、ですね。

まだまだ、全然これからですよ~!

>80代でも、男っぷりのよい俳優さんも沢山いらっしゃいますもの。

今は60代はもちろん、70代なんか全然、現役の役やってますもんね。

>今後は、「いいひと」に見せておいて、結婚詐欺師とか悪徳弁護士とか、
>彼の武器は使い方次第で幅広く活かせる可能性を持っていますね。

彼はちゃんと、製作者の色に染まってくれますからね~。

>ちゃーすけさんが教えてくださった、時代劇の話もいいですね。
>彼の「昔っぽい」顔立ちと身体能力を活かせる時代劇、期待できます!

こんな感じの、人生の悲哀と不条理を味わってしまった男の役、いいと思うんですよ。
「スペシャリスト」も、そんな感じですね。

>「スペシャリスト」の続編はいつになるのでしょうね?私も楽しみにしてます。

あれはほんと、続きが気になるところで終わってますしね。
話が膨らみそうで、期待してます。

>どんな役でも彼の魅力は伝わると、信じて、これからも期待したいです。

「神様のベレー帽」だって、彼自身が力が不足していることはなかったですもん。
彼自身はあの世界を表現しようと、力を尽くしていたと思います。
むしろ、彼の熱演を生かす展開にしてくれなくて、とっても残念でした。

>ちゃーすけさんも応援、よろしくお願いします。
>20年くらいたったら、猫屋敷に暮らすへんなおじさんとか、、やってもらいたい。

こちらこそ。
きっと、「?」な役もこなしてくれますよね。
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード