こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP必殺シリーズ ≫ あなた様のお命を占のうております…

あなた様のお命を占のうております…

時代劇専門チャンネルで「必殺仕切人」を、初めて見ています。
見たことなかった。
いや、楽しい。
狼男が出現したと江戸で噂になったり、鳥人間コンテストがあって、賞金目当てにみんな、飛ぼうとしていたり。

京マチ子さんが演じるお国は、悪人を仕置きする時、占いしてるんですね。
易をしている、ジャッジャッという音に気づいた悪人。
「何者じゃ!何をしておる!」と言う。
すると、お国「あなた様の命を占のうております」と答える。

「何い!」
「卦は凶!」
「貴様!」

途端にお国、持っていた筮竹を投げる。
相手がひるんだ瞬間、すでにお国は相手の背後にいる。
すばやい!

一体どうやって?!
動いたの、見えなかった!
「お命、終わります」。
そして、口にくわえた赤い筮竹を相手の首にグッサリ。

黒い笠、黒い着物。
笠を止めるために編みこみとなった紐の1本と、袖や襟から見えるのが紅色。
京マチ子さんの唇と、筮竹も紅色。

黒い闇と紅色、京マチ子さんの白い肌のコントラスト。
そして目力が、美しい凄みをもって迫る。
う~ん、美しい。
これだから女優さんは「必殺」シリーズに出演するのを、喜んだんでしょう。

撮り方だけじゃなく、京マチ子さんは相手を刺す仕草まで、優雅で指先までが美しい。
「仕舞人」の踊りもすばらしかったけど、こんな仕草までが、美しい。
何気なくやっているけど、この所作ってなかなかできないと思う。
京さんは、ものすごく肉体を鍛錬していたと思う。

ちょっと前、岡田茉莉子さんが、女優とはすべてに優れた女性でなければと言いましたが、岡田さんも80歳とは思えない美しさと若さだった。
あの年齢で、あの状態というのが、どれほどすごいことか、年齢を重ねてくれば誰もがわかるはず。
この岡田さんを見て、京マチ子さんを思い出しました。

お2人とも、「優れた女性」「女優」なんだな。
山田五十鈴さんもそうだったんだと思います。
岡田さんは言うことが厳しいと言われていたけど、自分にはもっと、並外れて厳しい人なんだろうと思います。
「仕切人」、やっぱり大女優は見ていて楽しい。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL