鬼平外伝

このお正月、時代劇専門チャンネル漬けでした。
1月4日にはオリジナル時代劇「老盗流転」も、見られました。
鬼平外伝が多いんですが、「夜兎の角右衛門」、「熊五郎の顔」も、去年見た「1月4日の客」も良かったですしね。

真田そばの店主が、1月4日に来る客と徐々に交流を持つようになる。
しかし、その客は盗賊の頭だった。
押し込みをして、そのたびに女をおもちゃにすると知った時、店主は頭を役人に捕らえさせるために協力をする。

「だんな。旦那は押し込みをする時、必ず、女をおもちゃにするんだってね」。
「それさえ知らなければ…」。
「御用だ!」と、張り込んでいた捕り方たちが頭に迫る。
「店主!」

だがそれは、捕まった子分の外道が、罪を軽くしてもらいたくてついた嘘だった。
それを知り、悔いた店主は、客の好きだった真田そばを打ち、牢に運ぶ。
いつかこうなると思っていた…、これが盗賊の末路。
頭は店主の気持ちを受け入れ、そばを食べる。

この世の名残のそば。
2人の笑顔。
通じ合う、暖かい気持ち。

頭は、極刑となった。
そして、次の年の1月4日。
店には一人の客も、来なかった。

頭は自分のことを貶めた子分と対面し、そのおかげで子分は島流しですんだことを知る。
島には、頭の下にいた者が何人もいる。
良かったな。
無事、お勤めが終わると良いな?

震え上がった子分は、助けてくれと懇願する。
この子分の運命も、描ききっている。
この松平健さんがまた、良いんですよ。
将軍様の印象が強いけど、すごい俳優さんです。

さすが、時代劇専門チャンネル。
やっぱり見ごたえある、上質な時代劇を作ってるんですね。
当たり前なのかもしれませんが、鬼平やら斬九郎やらを放送していた時の、フジテレビの時代劇を思い出させます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード