この前、ぼんやりと天海祐希さんの主演ドラマを見ていました。
どうやら、取調室で犯人に自白を促す役目の女性のドラマらしい。
第1回のゲストが高島政伸さんで、天海さんが彼に自白をさせようとしていました。

その時、「普通は殺さない。その人にも家族があり、愛する人がいると思ったら、殺さない。殺せない」と言いました。
おっ?
リミット 刑事の現場」みたいなセリフだなと思って、ぼんやり見ていた気持ちがドラマに向きました。

「それが人間だから。なのにあなたはなぜ、踏み越えてしまったの。あなたはなぜ、人間をやめてしまったの」。
こんなセリフがあったか、どうか。
天海さんは、踏み越えてしまったあなたが私は悲しい、残念だと言ってました。

人間、生きていれば殺したいほど憎い奴が出てくる。
でも普通は殺さない、殺せない。
そいつにも家族がいて、愛する人がいる。
だから人間は人間を殺さない、殺せない。

でもこいつは、恨みもない、自分より弱い相手を選んで殺した。
なぜそんなことができたのか。
それはこいつが、人間じゃないからだ!
あの武田鉄矢さんのセリフはすごいセリフだった、すごいドラマだったなあと思い出しました。

今シーズンには他にも警察ドラマがありますが、もうひとつ見ているのが、日曜夜9時からの「最後の警官」。
本田博太郎さんが出演している!
日曜の夜、私は本田さんの出演を、心待ちにしながら見ています。
本田さん見たら、月曜に備えて早く寝なくてはいけないのでした。


スポンサーサイト
2014.01.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2815-8f74dd42