花粉用メガネを、今年は買いました。
視界が狭くなって、横の人も首を動かさないと見えないから、運転する人は怖いかも。
それと、混雑した駅のホームなんかも気をつけないといけないかもしれませんね。
しかしそのせいかどうかわからないですが、目のかゆみはずいぶん軽減されてます。

花粉用メガネにマスク。
もう、外気に触れてる部分のが少ない!
これでコート着てると、なんだかアヤシイ人なのだ。
それでも春が来たな、という感覚は良いもんですね。

一緒にお昼に外にご飯食べに行った人が「寒いのはもう飽きたね」って。
私の感覚では、寒いのはもう嫌だ、なんですが、「飽きた」っておもしろいなあ。
それで、昨日からはちょっと寒いんですが、窓を開けて冷たい雨の空気が入ってきた時、「うん、もう、こういうのはいいな」って思いました。
飽きた、ってこういうことか。

だんだん、日が伸びてきて、1日24時間は変わらないんだけど、昼が長くなると1日が長い気がするんですよ。
明るい間にできること、しておきたいことができる時間が短い。
洗濯物干せる時間とかも短いし。
外に出て、6時過ぎなのにもう8時?って思うような暗さだと、早く帰っていろんなことしなきゃって思ってしまう。

日が延びてくるのは、なんかうれしい。
風が強いのも、その風が生あったかいのもうれしい。
桜はもちろんのこと、街が、花屋の店先がピンク色っぽく色づいてくるのもうれしい。
あったかくなって人も動物も外に出てくるし、季節が変わったので入学やらデビューはする子供や人が多い。

そこで春の歌というと、キャンディーズの「春一番」っていうのは実に春らしさをうまく表現している曲なんですね。
どこかの子が隣の子を迎えに来ました♪
すずめの子が楽しそうです♪



この弾む感じ、すごくうまい。
明るくなってくる感じが、すごく出てる。
春っていいなと思う曲。
冬に聴くと、春を待ち焦がれてしまう曲です。



スポンサーサイト
2014.03.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2845-4ed7d048