「大都会 闘いの日々」。
石原プロ製作の、「大都会」シリーズの第1弾。
もう、何十年ぶりに見ました。

実は私が見始めたのは、「大都会Part2」から。
松田優作氏の演じる徳吉刑事が、渡哲也さんの主人公・黒岩刑事とコンビを組んでいたアクションドラマです。
「大都会」は夕方からの再放送で見ました。

アクションの「Part2」を見ていたので、このドラマには戸惑いました。
内容も子供には理解しずらかったですしね。
スッキリ解決しないので、爽快感がない。
だからアクションを期待していた同級生、つまり子供はあまり「おもしろくない」みたいな反応でした。

しかしこういう反応が、次の「Part2」の誕生に結びついちゃったんでしょうか。
でも大人の社会派ドラマを作っているんですから、子供の反応がこれで当たり前。
これで良かったんでしょうが、視聴率的に許されなかったのかな。
今見ると実に、味わい深いです。

だけど、女性がいじめられすぎ。
わかってるんです。
必然ですよね。

このいじめられ方に不快感があるのは、女の感想だからということで、許してください。
でも、気が狂いかねないと思うけどなあ。
この描写は、男性が作ったドラマだと思ってしまうけど、当時はこんな感じの描写だったかも。

「必殺」だって、他のドラマだってこんな感じだったか。
今の刑事ドラマで男性刑事に「なんか文句ある?」と言ったり、女性の管理官だったりする現在のドラマを考えると、遠くに来たなあと思ってしまう。
同時に石原プロっていうのは、男の世界だなあとも思ってしまう。
タバコの匂いと煙が、漂ってきそうな画面であります。

「大都会」当時の石原裕次郎さんや、渡哲也さんの容貌が若い。
まだ青年の面影を宿している。
だけど渋い。
神田正輝さんには「新人」のクレジットが、ついてますよ。

深町課長刑事に、佐藤慶さん。
彼のエリートのエゴ、保身は現場の刑事たちにとって、時には犯罪より高い壁となる。
「踊る大捜査線」とは描写が違うけど、これは根底は同じなんですね。

1~3話まで見ましたが、来週放送の4話は松田優作氏がゲスト出演。
これ、徳吉刑事を見ていた子供たちにはやっぱり、結構ショッキングな役柄でした。
でも後の優作氏を思うと、俳優としては彼は徳吉よりこういう役がしたかったんだろうな、と思いました。
記憶に残っている4話が実際どうなのか、見るのが楽しみです。


スポンサーサイト
2014.05.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2874-157b832a