こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP俳優さん ≫ 美しいツーショット

美しいツーショット

「隠し目付け参上」の13話に、佳那晃子さん、当時は大関優子さんが出てました。
殿山泰司さんの悪徳検校に、麻薬取引に使う船のために乗っ取りを謀られる商人の妹役。
この殿山泰司さんも、癖のある、良い俳優さんでしたね。

気の弱い兄と違って、佳那さん演じるのは気丈な妹。
悪人たちに、食ってかかり、必死に店と兄を守る。
見てて、いつ、ひどい目にあわされるか、ハラハラしてしまいました。

検校側につくと見せかけて、兄妹を巧みに守るのが、隠し目付けの沖雅也さん。
気を失った佳那さんの目を覚まさせて、一緒に脱出。
佳那さんとのツーショットは、美しい~。

危ういところを助けられて、佳那さんも無事。
いや、ちょっと大変だったけど。
過去のドラマや映画の綺麗な佳那さん見られるのは、うれしい。
悲しいけど、林さんが魅力的な「仕事屋稼業」も見直そう。

スポンサーサイト

Comment

先日この回を見ました!
編集
ちゃーすけさん、また遊びに来させてもらいました^^
確かに美しい並びでございましたね。

私ね、佳那さんの凛とした強めの声が結構好みだったりします。
それが役柄を通すと、冷酷だったり、高飛車だったり、妖艶だったり、溌剌さだったりと、
幾通りにも聞こえて来るからホント凄いなぁって。
現在は闘病中だと最近テレビで知り大変驚きましたが、
なんとか回復なさって欲しいと思います。


「お千代さんと言ったけな? 兄貴と違ってだいぶ気が強そうだが、
 ここは黙って引っ込んでたほうが身のためだ」

兄貴(森下哲夫さん)が蔵に閉じ込められた際の佐吉(沖雅也さん)ですが、
このセリフの後、残る2人の悪党が蔵前から去るのを見送りながら、
えんじ色のいつもの法被? 羽織? の袖口に手を引っ込めて
「バイバ~イ」ってな感じで掌をパタパタと扇ぐ仕草が何とも素敵でねぇ!
その着物を使っての表現力と自然な演技が好きすぎて、
またまた何度も巻き戻しておりました^^;

ところで、この『隠し目付参上』(’76年4~9月)と『新・江戸の旋風』(’80年1~8月)は
どちらも殺陣を担当されてるのが宇仁貫三さんなんですよ。
でね、2作品を続けてみると沖さんの立ち回り、上達されてるなぁと感じます。
あくまでど素人意見ですが、
刀を振り下ろした際、その勢いでつられて前屈みになり気味だった上半身が、
背筋を保ったまま後ろに残るようになって、より見栄えが良くなった気がします。
ちゃーすけさんはどう思われますか?
高身長(しかも足が長い!)で大刀を使う殺陣は、
それこそど素人ながら、土台(下半身)が安定しにくいだろうなぁと思うので、
努力されたのではないでしょうかねぇ。
宇仁さんの目にはどう映ったのか、ちょっと聞いてみたいものです^^
2014年08月17日(Sun) 05:15
まっきーさん
編集
>まっきーさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>私ね、佳那さんの凛とした強めの声が結構好みだったりします。
>それが役柄を通すと、冷酷だったり、高飛車だったり、妖艶だったり、溌剌さだったりと、
>幾通りにも聞こえて来るからホント凄いなぁって。

綺麗な人で、見ていて楽しかったです。
被害者役の時は本当にかわいそうに見えるのに、悪女役の時は本当に「何かしでかしてくれる!」って目が離せなかった。

>現在は闘病中だと最近テレビで知り大変驚きましたが、
>なんとか回復なさって欲しいと思います。

男前な人だったんですよね。
かっこいい人だったなと思って、今は年齢なりの味のある女性を演じてくれそうで。
何とか回復して下さるといいなと思います…。

>兄貴(森下哲夫さん)が蔵に閉じ込められた際の佐吉(沖雅也さん)ですが、
>このセリフの後、残る2人の悪党が蔵前から去るのを見送りながら、
>えんじ色のいつもの法被? 羽織? の袖口に手を引っ込めて
>「バイバ~イ」ってな感じで掌をパタパタと扇ぐ仕草が何とも素敵でねぇ!
>その着物を使っての表現力と自然な演技が好きすぎて、
>またまた何度も巻き戻しておりました^^;

このドラマの沖さんはまた、すごく良いんですよね。
秋野さんと絶体絶命のピンチの時の沖さんがまた、かっこいい。
いやいや、あれでは普通は惚れちゃうでしょうと思います。

>ところで、この『隠し目付参上』(’76年4~9月)と『新・江戸の旋風』(’80年1~8月)は
>どちらも殺陣を担当されてるのが宇仁貫三さんなんですよ。

宇仁貫三さんの殺陣は、かっこいいですよね~。

>でね、2作品を続けてみると沖さんの立ち回り、上達されてるなぁと感じます。
>あくまでど素人意見ですが、
>刀を振り下ろした際、その勢いでつられて前屈みになり気味だった上半身が、
>背筋を保ったまま後ろに残るようになって、より見栄えが良くなった気がします。

まっきーさん、すばらしい~!
本当によくみていらっしゃる。

>ちゃーすけさんはどう思われますか?

眠狂四郎の円月殺法、雷蔵さんも最初は体を後ろで支えてふらつかないようにしていたのが、少ししたら支えはいらなかったそうです。
片岡さんの眠狂四郎もすごく、良かった。

私はこのお2人を見て、沖さんの眠狂四郎も見たかったと思ってしまいます。
沖さんなら、円月殺法もぶれずにやってくださった。
すばらしい眠狂四郎になったと思います。

>高身長(しかも足が長い!)で大刀を使う殺陣は、
>それこそど素人ながら、土台(下半身)が安定しにくいだろうなぁと思うので、
>努力されたのではないでしょうかねぇ。

沖さんは絶対、自分に厳しいからかなり努力されたと思います。
現代物で拳銃を撃つポーズもさりげないですが、スタイリッシュに見えるよう、すごく工夫しているのでは。

>宇仁さんの目にはどう映ったのか、ちょっと聞いてみたいものです^^

きっと、魅せる俳優だと思ってらっしゃったのでは。
沖さんのお話は、沖さんと仕事をされたスタッフさんから聞いてみたいです。
2014年08月18日(Mon) 23:00
お返事、ありがとうございます^^
編集
>秋野さんと絶体絶命のピンチの時の沖さんがまた、かっこいい。
 いやいや、あれでは普通は惚れちゃうでしょうと思います。

「きれいだよ、お駒ちゃん」
「あはは、無理しちゃって。 さようなら、佐吉っつぁん」
「あばよ」
すんでの所で春楽に助けられ、ホッと安堵の息をつくお駒を微笑みながら見る佐吉。

ちゃーすけさんが仰ってるのは、からくり御前(大滝秀治さん)の回で合ってます?
ええ、あれはズルいって私も思いました。 もうまさに “惚れてまうやろー!” ですわ。
佐吉は市松が終わって3か月後のスタートでしたが、キャラが全く違うんですよねぇ。
しかも、町人と武士と黒装束が拝めるというありがたさ^^;
時専chでの続きがとっても楽しみです!

立ち回りの件、ニュアンスをわかって下さって嬉しいです^^
特に『新・江戸の旋風』は斬るんじゃなくて峰打ち、さらに十手もありましたから、
また違う難しさがあったやもしれませんね。

>沖さんのお話は、沖さんと仕事をされたスタッフさんから聞いてみたいです。

彼と一緒にお仕事された方々の多くも、もういい歳になられてるでしょうし、
お元気なうちにと言っては何ですが、彼のエピソードをどんどん語って頂いて、
番組(放送)なり書籍なり、ファンが触れられる機会を作って貰いたいなぁと思います。
2014年08月19日(Tue) 01:51
まっきーさん
編集
>まっきーさん

>ちゃーすけさんが仰ってるのは、からくり御前(大滝秀治さん)の回で合ってます?

そうです、あれは良いシーンですね。

>ええ、あれはズルいって私も思いました。 もうまさに “惚れてまうやろー!” ですわ。

おおっ?
これが沖さんに演じさせた意味ですね?!って思いました。

>佐吉は市松が終わって3か月後のスタートでしたが、キャラが全く違うんですよねぇ。

実は沖さんは相当に器用な方で、というか、沖さんの魅力はああいうお茶目なところにあった気がします。
沖さんのコメディー、もっと見たかった。

>しかも、町人と武士と黒装束が拝めるというありがたさ^^;
>時専chでの続きがとっても楽しみです!

ああいう娯楽に徹した時代劇が今、なくて寂しいです。
それにはまる沖さんって良いですね。

>立ち回りの件、ニュアンスをわかって下さって嬉しいです^^

いえいえ、まっきーさん、本当によく見ていらっしゃる。

>特に『新・江戸の旋風』は斬るんじゃなくて峰打ち、さらに十手もありましたから、
>また違う難しさがあったやもしれませんね。

十手って、扱うの、難しそうです。

>彼と一緒にお仕事された方々の多くも、もういい歳になられてるでしょうし、
>お元気なうちにと言っては何ですが、彼のエピソードをどんどん語って頂いて、
>番組(放送)なり書籍なり、ファンが触れられる機会を作って貰いたいなぁと思います。

何だか、沖さんの話、存在がタブーみたいにされていて、すごく残念なんですよね。
CS放送が出てきて、やっと沖さんの存在が知られてきたというか、魅力がわかってもらえるようになってきた。
沖さんのテレビドラマも見たいですね。
2014年08月20日(Wed) 22:05
No title
編集
>実は沖さんは相当に器用な方で、
 というか、沖さんの魅力はああいうお茶目なところにあった気がします。
 沖さんのコメディー、もっと見たかった。

ちゃーすけさん、同じくです。
そういやシボレーから降りる際、いつも頭ぶつけてましたなぁ!
あ、車もぶつけてたけど^^;
『俺天』という作品があってホントに良かったなぁと、私もしみじみ思ってます。
(飛び飛びではなく、26~30話くらいあれば尚よかったんですがね^^)
ネットでインタビュー記事の書き起こしなんか読ませて頂いて感じるのは、
すごく朗らかな方だったんじゃないかということ。
それこそ年齢を重ねられて、いい具合に力の抜けたチャーミングなオジサマ役なんて、
ぜったい素敵だったでしょうねぇ!

何というか、器用貧乏というのとは違って “表現できてしまう”、そんな感じがします。
もちろん、その役を演ずるために必要な事は、
それこそ細かいディティールにまでこだわって努力して身に付けられた上で、
それらを使って表現する時の匙加減が絶妙で、思わず唸ってしまう事も屡々です。

>何だか、沖さんの話、存在がタブーみたいにされていて、すごく残念なんですよね。

当時のタブー視の空気は、細かいことがわからなかった小学生の私でも感じてました。
(当時のマスゴミと、公の場で社長に徹せられなかったH氏が原因と思ってます)
でももう30年以上たったわけで、未だに面白おかしくはやし立ててる輩はともかく、
彼の作品を放送する事、彼や彼とのエピソードを語る事が、
誰かに、また何かに影響することはほぼないと思うんですよ。
個人的には一作品でも多く地上波で! とは思いますが、
出演作品をただただ放送してくれさえすれば、もうそれだけでいいです。
きっと「誰、このカッコいい人」「何、この素敵な声」「この人、芝居上手いなぁ」
となること間違いなしですから!!
2014年08月21日(Thu) 02:44
まっきーさん
編集
>まっきーさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
お返事が遅くて、すみません!

>そういやシボレーから降りる際、いつも頭ぶつけてましたなぁ!
>あ、車もぶつけてたけど^^;

お茶目で、ああいう作品がもっと見たかったです。
お茶目やってもかっこいいのはもう、しょうがないです(笑)。

>『俺天』という作品があってホントに良かったなぁと、私もしみじみ思ってます。
>(飛び飛びではなく、26~30話くらいあれば尚よかったんですがね^^)

沖さんは影のある役が非常にはまりますが、ああいう楽しい作品が残っているのは良かったです。
あの沖さんはとても楽しそうで、本当はこういう人なんじゃないか。
もっとこういう役もやりたかっただろうな、と思います。

>ネットでインタビュー記事の書き起こしなんか読ませて頂いて感じるのは、
>すごく朗らかな方だったんじゃないかということ。

たまに見せる笑顔がすごく良いですしね。
ああいうお顔がもっと、見たかったなと。

>それこそ年齢を重ねられて、いい具合に力の抜けたチャーミングなオジサマ役なんて、
>ぜったい素敵だったでしょうねぇ!

若いイケメンさんがいても、絶対存在感がありましたよ。
時代劇なら、「剣客商売」の田沼意次ができるような俳優さんだったのでは。

>何というか、器用貧乏というのとは違って “表現できてしまう”、そんな感じがします。

勘が良いというか…。
それだけに繊細でいろんなことを感じ取るので、つらい面もあったと思いますが、俳優はそんな沖さんの感性が生かせる職業だったでしょう。
本当にご自分の魅力と才能を信じて、無茶をしないでほしかった。

>もちろん、その役を演ずるために必要な事は、
>それこそ細かいディティールにまでこだわって努力して身に付けられた上で、
>それらを使って表現する時の匙加減が絶妙で、思わず唸ってしまう事も屡々です。

天性のものにあぐらをかいて平気でいるタイプじゃないですからね。
大先輩に混ざって、あの若さであの存在感は今思うとすごかった。
先輩たちに恥ずかしくないよう、がんばった方だと思います。

>当時のタブー視の空気は、細かいことがわからなかった小学生の私でも感じてました。
>(当時のマスゴミと、公の場で社長に徹せられなかったH氏が原因と思ってます)

もう、おもしろおかしく取り上げられましたね。
H氏が沈黙してくれていればいいのに、と思いました。
悲しいと言えるような空気さえなかった。
私はちょっと、報道する男性たちの沖さんへの嫉妬も感じましたよ。

>でももう30年以上たったわけで、未だに面白おかしくはやし立ててる輩はともかく、
>彼の作品を放送する事、彼や彼とのエピソードを語る事が、
>誰かに、また何かに影響することはほぼないと思うんですよ。

あの当時の騒動を知らない世代の方はそれこそ、沖さんを見て素直にかっこいいと思ってくれる。
そこで何か言われても「ふーん、だから?」なんじゃないでしょうかね?
当時、沖さんを好きだった人も何か言われても、今度は「だから何?」って言える。
それだけの時間がたって、沖さんの魅力が衰えないからこそ、言えると思います。

>個人的には一作品でも多く地上波で! とは思いますが、
>出演作品をただただ放送してくれさえすれば、もうそれだけでいいです。

もうね、「横溝正史シリーズ」でも、「必殺仕置人」でも、「俺たちは天使だ!」でも良いです。
いやいや、本当にかっこいい…。
「太陽にほえろ」だって良いんです…。
何か放送されればなあと思いますよ。
2014年08月23日(Sat) 00:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL