こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPドラマ・連続サスペンス ≫ 思い出して書く 「腐食の構造」

思い出して書く 「腐食の構造」

森村誠一シリーズ、確か第1弾「腐食の構造」。
途中から松田優作氏が出てくるので、当時、ファンだった友達は喜んで見てました。
小説まで読んでました。

しかし、この小説はまだお子さまには難しかった。
私もちょこっと読んでみましたが、飛行機事故の現場の描写の凄惨さが子供には衝撃でした。
後に現実で、もっと衝撃の事故を知ることになりますが(合掌)。





正直、子供にはなかなか難しいドラマで、わかんないわぁ…と思っていたところに松田優作氏が登場。
突き飛ばされたヒロイン・島田陽子さんのピンチを救います。
ここで確かに、空気が変わりました。
子供も集中させる魅力があった。

小説と合わせて覚えているんですが、島田陽子さんの旦那さん役が、「ウルトラマンタロウ」こと、篠田三郎さん。
なんかの研究員だった。
実は彼には島田さんではなくて、好きな女性がいて、島田さんを酔っ払って間違ってその女性の名前「冬子」と呼んだりしてしまう。
彼の完成した発明が悪用されると、大変なことになるらしい。

そして彼はその、冬子という女性と飛行機に乗っていて、その飛行機が自衛隊機と衝突。
飛行機は、大破してしまう。
今考えたら、何て設定なの!

しかし研究が悪用されることを恐れていた彼は、死んだことにして生きていると妻の島田さんは確信。
夫を探すことにするが、彼の研究を狙った人たちによって島田さんは家捜しされたり、突き飛ばされたりと大変な目にあう。
小説では家捜しがプロによって徹底していて、冷凍庫の中まで暴かれてた。
ドラマではアルミフォイルに包んで冷凍庫に入れてた研究資料は、無事でした。

そして島田さんを救う、松田優作氏演じる大町という男が登場。
頼もしい彼に、島田さんは惹かれていく。
夫が冬子を好きなら、もうそれでいい。
島田さんは夫に再会したら別れを告げ、大町と一緒になる決意をする。

だけど、よくわかんないけど、理由は覚えてないけど。
大町は最終回に、冬子を助けて雪山で遭難するハメになる。
穴掘ってか、洞窟でか、わからないけど冬子と並んで吹雪をしのいでいた大町。

だが彼は救助の幻覚を見て、雪山にダイビング。
あんなにかっこよく、頼もしかった大町さんが、「奥さ~ん!」とか絶叫してあっさり雪山で死んじゃうのにはビックリ。
「どうしたの~?!」と目が開けられず、叫んでいる冬子。

梶芽衣子さんだった。
島田さんは清楚な感じで、梶さんは妖艶だった。
小説では、2人はとてもよく似ていて、どちらかというと島田さんの奥さんのほうがオリジナルで、冬子がコピーみたいな印象さえあったはず。

だから、旦那さんは自分と結婚したんだ、と小説で奥さんはショックを受けていた。
ドラマでは2人は、似てない。
それで篠田三郎さんも、結局、飛行機には乗っていなかったけど亡くなっていた。

やがてわかったのは大町の正体。
大町は、偽名だった。
彼は、あの飛行機と衝突した自衛隊機のパイロット・町田龍一だった。

罪滅ぼしにまだ遺体が見つからない島田さんの旦那さんを探そうとしていた。
そこで、この陰謀に巻き込まれたのでした。
ほら、友達が松田優作氏のファンだったせいか、こういうところはすごい覚えている。

小説では確か、冬子から謝罪の手紙が来る。
でも旦那さんのことについて謝っているけど、大町のことには全然触れてなくて、旦那さんより大町がかわいそうで奥さんは泣く。
一体、大町って何のために!みたいな感じで。

小説のラストはヒロインが、大町の死んだ山に一人登る。
あそこに大町が待っているとか、書いてあった気がする。
ということはこの人大町の後を追っちゃうのかなあ、と思いました。

ドラマのラストは、島田さんが梶さんに会いに行って、非難する。
旦那さんについて妻として怒ったというより、多くの人を狂わせた陰謀を冬子が黙認し、その結果、大町まで死なせたことにだった。
梶さんは遭難の後遺症で、ほとんど目が見えなくなっている設定だった。
非難された梶さんは、静かに反論してくる。

梶さんの冬子も、徹底して権力の道具扱いされていた女性。
いろいろとしょうがない事情があって、しょうがない事情というか、巨大な権力の前にはどうしようもないというか。
淡々と語る梶さんは、迫力があった。

巨大な悪、権力の中枢は、腐食している。
腐食の構造。
警察の捜査も、権力の中枢には及ばない。
真相が闇に葬られ、刑事は島田さんに詫びる。

この話は主要な登場人物は島田さんと梶さん以外がみんな死んじゃったり、殺されちゃったりして、それで巨大な悪はなんともないんです。
さらには小説もドラマも、必死に悪用されまいと守った研究も、すぐに別の人によって完成させられ、実用化されちゃう。
結局、篠田さんの必死の努力も何にもならなかったのである…と結んで、小説は終わっていたはず。
ドラマは、これ、動画見て思い出したけど、島田さんのアップで終わっていたんですね。

毎回、毎回、重い、爽快感はまったくないエンディング。
これに重なる、これまた憂鬱な切ないメロディーと歌詞の曲。
歌うのは、小椋桂さん。

曲は「心のひだ」。
最終回は「げっ、これで終わり?!」という救いのなさと驚きでビックリしていると、間髪いれずにこれが流れた。
暗い。
正直、明るい気持ちの時に見たほうが良いと思うような、救いのなさ。

でも、わからないながらも、良くできたドラマだったような気がする。
あれから一度も再放送見ていないけど、今見たら感動するのだろうか。
キャスティング見ると、私にはすごい豪華な出演者。
もう一度見たいと思ってしまっても無理はない。

藤あや子さんがこの「心のひだ」を歌っていました。
しっとりした恋の歌。
しかし聴きながら、いやいや、これ暗くて後味悪くてね…と思ってしまったのは「腐食の構造」のテーマ曲だったからです。
70年代だから作った、作れた、救いのないドラマだったかもしれません。



スポンサーサイト

Comment

No title
編集
こんばんは。

森村作品をかなり読んだつもりの私ですが、「腐食の構造」は手を出さずじまいです。
なんとなく、読む気になれないのですよ。
まあ、70年代ならではの視点で描かれた内容ですね。

今ではあの頃と権力の構造も大きく変わったと思いますが、その頃と視点がさほど
変わらない森村作品は、既に「大いなるマンネリ」なのかもしれません。
2014年06月29日(Sun) 22:05
ふぐにさん。さん
編集
>ふぐにさん。さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。
お返事遅くなり、申し訳ありません。
実は返信できたと思い込んで、本日まで返信していなかったことに気づきませんでした。
大変失礼しました。


>森村作品をかなり読んだつもりの私ですが、「腐食の構造」は手を出さずじまいです。
>なんとなく、読む気になれないのですよ。

私も、友達に無理やり?渡されなかったら、読んでなかったと思います。
爽快感がないというより、難しそうというか、興味をそそられないというか、読破するのに根性が必要というか、飽きてしまいそうというか、なんか違うという違和感というか。
その全部なんです。
単に相性の問題で、とっつきが悪いんでしょうが、

>まあ、70年代ならではの視点で描かれた内容ですね。

いえてます。
もう、設定が今ではない設定ですね。

>今ではあの頃と権力の構造も大きく変わったと思いますが、その頃と視点がさほど
変わらない森村作品は、既に「大いなるマンネリ」なのかもしれません。

「悪」というものも、変わったと思いますね~。
森村さん、おもしろいですけど、森村さんにとっては権力とか、腐食の構造は、あのまま変わらないものなのでしょうか。
松本清張作品は、現在もそうだなあと思うんですが、森村さんはあの頃はそうだなあと思うことが多いです。
2014年07月01日(Tue) 14:28
No title
編集
私も昔リアルタイムで本ドラマを観、DVD発売を機に再見しました。小説の登場人物がイメージに合った俳優さん方で演じられてると思いました。脚本を担当された松山善三さん先日鬼籍に入られたそうですね。ご冥福をお祈り致します。
2016年10月08日(Sat) 12:36
うぼでさん
編集
>うぼでさん

はじめまして。
読んでくださって、コメントありがとうございます。

>私も昔リアルタイムで本ドラマを観、DVD発売を機に再見しました。

土曜日の夜、10時からのドラマでしたよね。
月曜日の夜にはできない、重い話でした。
DVD見たい…。

>小説の登場人物がイメージに合った俳優さん方で演じられてると思いました。

この頃のドラマはキャスティングがうまいです。
俳優さんもピッタリな演技で応えてくれてますね。

>脚本を担当された松山善三さん先日鬼籍に入られたそうですね。ご冥福をお祈り致します。

俳優さんだけじゃなく、監督、脚本家の方の訃報も良く聞くようになりました。
寂しいですね。
良い作品を残してくれたと思います。
ご冥福をお祈りします。

コメントありがとうございます。
良ければ、また来てくださいね。
2016年10月10日(Mon) 10:21
No title
編集
こたつねこさんへ
コメントご返信ありがとうございました。何十年かぶりにDVDで再生したらTV放映時とは少し違った気持ちになりましたが見応えを感じました。スタッフのカメラマンが映画「南極物語」「敦煌」の撮影を手掛けた椎塚彰さんだったのですね。懐かしくて藤あや子さんバージョンの主題歌も聴いたりしました。
2016年10月10日(Mon) 19:54
うぼでさん
編集
>うぼでさん

こんばんは。

こちらこそコメントありがとうございます。

>何十年かぶりにDVDで再生したらTV放映時とは少し違った気持ちになりましたが見応えを感じました。

あの当時、わからなかったことも、今は感じとれそうです。

>スタッフのカメラマンが映画「南極物語」「敦煌」の撮影を手掛けた椎塚彰さんだったのですね。

良いスタッフ揃えてますね。
見応えあったはずです。

>懐かしくて藤あや子さんバージョンの主題歌も聴いたりしました。

これ、真っ先にこのドラマ思い出しましたよ。
救いのないエンディングだったなあ…と。
小椋さんの声がまたピッタリ。
藤さんはステキですし、歌うのはずっと後のことですが、このドラマのエンディングは小椋さんの声で良かったと思います。

実にこのドラマに合っていて、こんなところのセンスも良かったですね。
そう言えばこの時間帯のドラマのエンディング曲って、印象に残っています。

コメントありがとうございました。
2016年10月10日(Mon) 23:42
平九郎を決めましょう
編集
この前イオンの本屋で東野圭吾さん原作、阿部寛君主演のスキーサスペンス映画の宣伝をモニターで流してました。「腐蝕の~」が映画になる事があるなら、大町役を彼にして貰ったら合うのではないでしょうか。
2016年10月22日(Sat) 15:39
うぼでさん
編集
>うぼでさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>この前イオンの本屋で東野圭吾さん原作、阿部寛君主演のスキーサスペンス映画の宣伝をモニターで流してました。「腐蝕の~」が映画になる事があるなら、大町役を彼にして貰ったら合うのではないでしょうか。

ああ、似合いますね。
他のキャストも考えたくなりますね。
冬子は誰が良いかな、とか。
うーん、楽しいです。
2016年10月23日(Sun) 15:05
蒼いビードロ
編集
松田さんの息子さんの翔太君との仲が話題になっている故九重親方の娘さんもムードがどこかミステリアスで「冬子」みたくなのは本ドラマに出たお父様の天国からのプレゼント?でしょうか…(笑)。
2016年11月27日(Sun) 23:40
うぼでさん
編集
>うぼでさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>松田さんの息子さんの翔太君との仲が話題になっている故九重親方の娘さんもムードがどこかミステリアスで「冬子」みたくなのは本ドラマに出たお父様の天国からのプレゼント?でしょうか…(笑)。

確かに良い雰囲気ですね。
栗山千明さんが良いかな、と考えていました。

九重親方も整った顔立ちの方でしたが、娘さんもですね。
親方は現役時代は強くてかっこ良くて、大横綱、相撲界の大スターでした。

コメントありがとうございました。
2016年11月28日(Mon) 17:34
飛行機と手旗信号
編集
原作本が分厚いのを当初すごいと思ったのを覚えています。映画「剣岳点の記」て観たら松田龍平君が演じた「ノブ」てスラッとしててほんの少しですが本ドラマの大町に見えました(笑)。
2016年12月13日(Tue) 04:03
うぼでさん
編集
>うぼでさん

こんばんは。

>原作本が分厚いのを当初すごいと思ったのを覚えています。

当時、文庫本で4センチぐらいあったでしょうか。
表紙も顔半分が金属になっていて、インパクトありました。

>映画「剣岳点の記」て観たら松田龍平君が演じた「ノブ」てスラッとしててほんの少しですが本ドラマの大町に見えました(笑)。

やはり面影ありますね。
ちょっとマイルドになっているかな。

しかし考えれば考えるほど、あのラストでエンディングの音楽が流れるって、すごいです。
救いがないです。
切なすぎますね。
また書いてしまいますが、これ、明日が休みの日という日に放送してくれて、本当に正解です。

コメントありがとうございました。
2016年12月14日(Wed) 00:20
想い出のかけら
編集
こたつねこさんコメントご返信ありがとうございました。あの文庫本の青い顔の女人まるて梶さんそのまんま?です。おっしゃられる様に栗山千明ちゃんが「冬子」を演じても良さそうです。久美子は、もう少し昔の細川ふみえちゃんが適役だと思います(笑)。
2016年12月17日(Sat) 12:54
うぼでさん
編集
>うぼでさん

こんばんは。

>こたつねこさんコメントご返信ありがとうございました。

こちらこそ、コメントありがとうございました。

>あの文庫本の青い顔の女人まるて梶さんそのまんま?です。

梶さんのイメージで描いたのか、あのイメージで梶さんがキャスティングされたのか。

>おっしゃられる様に栗山千明ちゃんが「冬子」を演じても良さそうです。久美子は、もう少し昔の細川ふみえちゃんが適役だと思います(笑)。

あ~、なるほど。
高畑充希ちゃん、多部未華子ちゃんなんかどうかな?と考えていました。
こうやって考えると、今作ってもらっても楽しめそうですね。

コメントありがとうございました。
2016年12月18日(Sun) 02:11
編集
原作の久美子が大町に「私もうあの人が生きていても戻らないわ。」て話す所何かすごいと思いました。しかしドラマ中の篠田さん、優作さん、どちらもいい?男で島田さん撮影現場では目移りしたのでは…(小笑)。
2017年01月26日(Thu) 21:16
編集
優作さんがはみ出し刑事を演じた映画「人間の証明」がドラマ化されますね。刑事を藤原竜也君がするそうです。ドラマ「腐蝕の~」みたく観た人をいい意味で「ビックーリ」させてくれるのでは。
2017年01月27日(Fri) 15:11
うぼでさん
編集
>うぼでさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>原作の久美子が大町に「私もうあの人が生きていても戻らないわ。」て話す所何かすごいと思いました。

冬子さん、すまないにあれだけ動揺していたのに。
それだけ、大町が頼りになったし、今思うと、久美子は自分の意志で男性を好きになったことがなかったのかもしれませんね。

>しかしドラマ中の篠田さん、優作さん、どちらもいい?男で島田さん撮影現場では目移りしたのでは…(小笑)。

キャスティングうまいですよねー!
大町を松田優作さんにさせるって、センスが良いです。
冬子が梶さんというのも、センス良かった。

土曜日の夜だったんですよね。
大人の時間だったんだなー!って思います。

コメントありがとうございました。
2017年01月29日(Sun) 02:11
うぼでさん
編集
>うぼでさん

こんばんは。
コメント、ありがとうございます!

>優作さんがはみ出し刑事を演じた映画「人間の証明」がドラマ化されますね。刑事を藤原竜也君がするそうです。

えええー!
それは楽しみ。
また違った棟居刑事になりますね。

>ドラマ「腐蝕の~」みたく観た人をいい意味で「ビックーリ」させてくれるのでは。

まだ戦争の傷跡が生々しい人々がいた時代のお話ですもんね。
あの時代と言う設定でやるんでしょうか。
それとも現代に置き換えるんでしょうか。
楽しみ!

情報ありがとうございました!
2017年01月29日(Sun) 02:29
「待てい…!」「放して…!」
編集
「腐蝕の~」「人間の~」どちらも副?登場人物も魅惑的でしたね。前者は中橋少佐?、なおみ、後者は行方不明の妻を追いかけるひ弱な夫、どちらもイメージに合った方々が演じてました。「私を信じ、愛してくれた中橋さんへの…」て台詞、私も言われてみたいです。
2017年02月02日(Thu) 17:51
うぼでさん
編集
>うぼでさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>「腐蝕の~」「人間の~」どちらも副?登場人物も魅惑的でしたね。

どのエピソードも、それで作品が一つ作れそうなんですよね。

>前者は中橋少佐?、なおみ、後者は行方不明の妻を追いかけるひ弱な夫、どちらもイメージに合った方々が演じてました。

スタッフ、キャスティングうまいですよね。

>「私を信じ、愛してくれた中橋さんへの…」て台詞、私も言われてみたいです。

良いですねえ。
この頃の俳優さんの年齢を聞くと、その成熟度に驚いてしまいます。

コメントありがとうございました。
2017年02月03日(Fri) 22:41
そんな事が許されると…。
編集
島田さん、梶さんて現在でも活躍?されてる様ですね。本ドラマでの共演経験の座談会とかがあれば聞いてみたいです。
2017年08月06日(Sun) 00:15
うぼでさん
編集
>うぼでさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

梶さんの息の長い第一線での活躍は、本当にすごいと思います。
島田さんもこの頃、「犬神家の一族」などで可憐なヒロインをよく演じていらっしゃいました。
今だから話せる話、なんてこの当時の共演話など聞かせてくれるとうれしいですね。
DVDの特典映像なんかにあると、かなり魅力的です。

コメントありがとうございました。
2017年08月06日(Sun) 21:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL