この夏のガメラ祭りが終わってしまったけど、最後の「イリス」があの終わり方だったでしょう。
やっぱり見ていた友達が、続きがあると思っていたらしい。
それで次回の放送予定を見て、愕然としたそう。
ごめん、想像が付いて、すんごい笑っちゃった…。

次週予告で愕然とした友達も、あの後を考えていたらしい。
友達は、ラスト、ガメラの咆哮で炎が一段と燃え上がったので、あれがギャオスを焼き尽くすと思っている。
私も炎が高くなったので、今度の技はあれか?なんて思った。

似たような発想ですね。
あの炎がガメラの咆哮に応えるように燃え盛り、ギャオスたちを焼き尽くす。
それと、私もガメラは何度でも復活するものだと思ってた。

片腕はなくしたけど、ガメラはどんどん進化するし。
人の祈りがガメラを強くするし。
今度は綾奈まで、加わっているし。
監督はどう考えているんでしょうね?

私は「ガメラ 小さき勇者たち」は、チラッと見ている。
家に帰ったら家の者が見ていたんですよ。
確か、ガメラがまだ小さいカメで、子供が育てていた。
帰宅していろいろ用事を済ませながら見ていたら、ガメラも自分が怪獣だとは思っていない感じで、そんな中、敵怪獣が襲ってきたらしい。

だけど怪獣としての自覚も能力にも目覚めていない、意識は子供のガメラは巨大な相手に苦戦。
子供たちがそんなガメラに、赤い石を届けようとしていた。
危機一髪、ガメラに石が届けられ、ガメラは危なっかしいながらも勝利。

しかし、子供たちとは別れなければならなかった。
それでも絆は、切れない。
ガメラはまた、やってくるよ!って感じだった気がする。

あれは平成ガメラ三部作の前?
いや、絶対、後だった。
続編?
でも続編ないみたいだし。

ほんとに、ほとんど事前の情報や予備知識なく、ガメラは見た。
そうしようと思っていたし。
でもなんか、記憶では80年代に1作、マッハ文朱さんが宇宙人役かなんかで、ガメラが作られていた気がする。
さらに友達は、「レギオン」の最中にテロップが入ったから、入らないのがほしいと言い出した。

私もあの精巧な特撮を、もっと綺麗な画面で見たい!と思った。
それならDVDや、ブルーレイだよね!とも思った。
でも、いろんなのがい~っぱいあって、どれ選んで良いかわかんない。

私は、監督の金子さんのほかの作品にも、興味がわいてきた。
とりあえず金子さんの手がけた特撮作品を探して、そして見ることにする!
さらにさらにとりあえず、ガメラの話をして、会社の人にガメラを見させることにする。
やっぱり、怪獣映画は子供の映画だと思ってるみたいだから。

映画本編が終わった後も楽しめるなんて、ほんとに名作、傑作だよね!
名作はそういうものだよね。
でもやっぱり、続編作って…。
↑しつこい


スポンサーサイト
2014.08.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2945-ccd29bae