ディアゴスティーニの「大魔神」。
まずはブックレットを見ていたら、五味龍太郎さんが載っている。
時代劇の悪役に、五味さんは欠かせない。
いらっしゃるだけで画面が引き締まる。

少し前、成田山の節分の豆まきに参加されている五味さんの写真を見ました。
素顔は豪快そうな、懐の深そうな素敵なおじ様って感じだなと思いました。
「大魔神」の紹介文を読んでいて…、えっ。

去年、お亡くなりになっていたなんて!
すごいショック。
知らなかったことがまた、ショック。
悲しくて涙が。

まだお元気でいらっしゃると思っていました。
ごめんなさい。
今度は貫禄を見せた長老の悪役も、首領役も、それから素敵なおじ様役なんかも見たかった。

五味さん、長い間楽しませていただきました。
お姿を拝見すると、あっ、五味さんだあー!って楽しかった。
私には欠かせない俳優さんの1人でした。
五味さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



スポンサーサイト
2014.09.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2960-03c29aa0