「リミット 刑事の現場」

梅木という刑事が、道を歩いていた女性を突然、刺し殺した犯人に向かって言う。
犯人と被害者の女性に面識はなく、若い男性である犯人は、相手は誰でも良かったと言った。
この男には友人もなく、職業的に未来もないと思い、彼は社会、世の中を恨み、誰でも良いから殺してやろうと凶行に至ったのだった。

梅木刑事「だから何だ。自分が如何に孤独で虐げられてきたか泣きながら話したら、誰かが話をじっと聞いてくれるとでも思ったか!」

「お前はなあ、ただ、強い奴に向かっていくのが怖かった。だから弱い人を選んで刺し殺した。ただそれだけだ」。

「おめえの話なんか、わかってたまるか。てめえがいくらここで長いことくっちゃべっても、お前の気持ちなんかだーれもわかんねえ。みんな自分の人生背負って、精一杯忙しいんだよ。お前の人生に、その退屈な人生につきあってやってる暇はねえんだよ!」

梅木の言葉に、犯人が激昂し始める。
新人刑事が止めに入る。
「確かに今の世の中は、理不尽で不公平でどこに救いを求めれば良いのか、わからない。もしかしたら、一歩間違えれば、俺もこいつみたいになってたかもしれない」。
「もし、彼のSOSを受け止めてくれる奴がどこかにいたら、こんなことにはならなかった。そんな不幸な境遇があったとは梅木さん、思いませんか!」

梅木刑事「違う!それは違う!」
「人間は生きているうちに、殺したいほど憎い奴に出会うことがある。だが普通の人は殺さない殺せない」。

「こいつにも親がいる惚れた男か女かいる。そう思うとそいつが人間に見えて、だから人間は人間を殺さない!そして殺せない」。

「だがこいつは違う!こいつは憎くもない人を弱い人を選んで刺し殺した。なぜそんな事ができたか!それはこいつが人間じゃないからだ!」

「おめえもしっかり踏みとどまって戦え、人間なら!」

「…言ってもお前には遅いか。お前はよ、みんなの為に死んだ方がいい。ばあか」。

無差別殺人の犯人「お前、何言ってんだよ。人権侵害だぞ!」
梅木「お前に人権なんかねえ!」

このシーンを思い出す時が、度々あります。
最近起きた事件が、この事件と同じ類いの事件かはわかりません。
でも、再放送して欲しいと思ってしまうシーンです。


リミット 刑事の現場
スポンサーサイト
2014.10.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/2979-f7fd7919