こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP読書 ≫ 遠藤周作著 「怪奇小説集 3つの幽霊」2つめ

遠藤周作著 「怪奇小説集 3つの幽霊」2つめ

2つ目の経験は、それから1年半後。
留学しているリヨンの町の、学生寮で経験した。
その寮は、昔は娼館だったらしいが、廃業後、学校が買い取り改造した。

1階は門番の老夫婦の部屋。
2階と3階が寮で、4階は元は女中部屋で、今は物置になっていた。
住んでいる学生は20数人だったが、クリスマスが近づくとみんな帰省してしまっていた。

冬のリヨンは霧が濃く、深く立ち込め、空はどんよりと曇り、ほとんど晴れの日がない。
午後4時ごろになると霧は街全体を包み、静まり返る。
クリスマス近く、この寮に残っているのは遠藤先生と門番夫婦だけだった。
もちろん、ほとんど交渉はないため、遠藤先生と門番夫婦と鍵は1つずつ持って出入りしていた。

4階建ての建物に、ほとんど1人しかいないというのは寂しいどころではない。
日本の密集した住宅とは違い、隣と隣は離れている。
廊下も部屋も静まり返り、自分の靴音だけが響く。

12月の22日の朝、遠藤先生は門番の夫婦の夫から、鍵をかけずに部屋に上ったと怒られた。
しかし遠藤先生は否定した。
神経質な遠藤先生は、何度もドアのノブを回して開いていないことを確認している。
だが門番夫婦は、ノン、扉は開いていたと言う。

「真夜中に階段を上がっていく足音がした」とも言う。
「何時ごろですか」。
「午前1時ごろだ。女房に時計を見てもらったから、間違いない」。

21日の夜がそんなだったので、22日の夜は遠藤先生は扉を何度も押して、開かないことを確かめた。
それから3階の部屋に戻り、本を読んだ。
いつもより霧が厚く、外を見ると街頭がぽつんぽつんと青くにじむように見えて、通りには誰もいなかった。
遠くで教会の鐘の音が聞こえる。

12時の鐘の音を聞いて、遠藤先生はベッドに入った。
異国で考えるのは、故郷のこと。
駅からの道、道端にある家、あんな家があった。
あの通りにはあんな店があった。

異国に1人でいる人間が考える回想。
寂しい回想。
その時、遠藤先生は足音を聞いた。

足音は階段をゆっくり上がってくる。
1階から2階へ、反響する足音。
足音が大きくなる。
3階に近づいてくるのだ。

遠藤先生は飛び起きた。
耳を済ませていると、足音は3階に上ると踊り場でしばらく消えていた。
だが今度は、4階に向かって上がっていく。

「誰ですか」と遠藤先生は声をかけた。
返事はなかった。
4階の物置部屋の戸が軋んで、閉まる音がした。

廊下に出た。
この時は遠藤先生は、浮浪者がねぐらを求めて入ってきたのだと思っていた。
誰もいない。

非常用のベルを押した。
門番がかけつけた。
「4階に誰かいる」。
階段の手すりから顔をのぞかせて、遠藤先生は叫んだ。

門番と遠藤先生は、建物の電気と言う電気をつけた。
さすがに建物内は、昼間のように明るくなる。
明るさに勇気をもらって、2人は4階に上がった。
物置の戸は、閉まっていた。

戸を開けると、かび臭い匂いがする。
物置の中には壊れたベッドや、マットレス、陶器があったが、猫の子1匹いなかった。
窓の隙間から、霧が入ってきていた。

玄関の扉を見たが、堅く閉ざされていた。
裏口も、他の窓も閉まっている。
ではあの足音はどこから始まり、どこに消えたのか。

その夜、門番夫婦は遠藤先生の隣の部屋に寝た。
遠藤先生はともかく、門番夫婦はひどくおびえたのだった。
そして足音はもう、二度としなかった。

学生たちがクリスマス休暇を終えて戻ってきた時、遠藤先生はこの話をしてみた。
「昔、ここの女中と恋仲だった男の死霊が、霧の夜に訪ねて来たんだぜ」。
したり顔で言う学生もいたが、もちろん、そんなことは作った話だ。

靴音を聞いたのは、遠藤先生と門番夫婦の3人だ。
幻聴とか、聞き間違いとは思えない。
あの学生寮には、こんな怪談ができて語り継がれているのかもしれない。
だがあのクリスマス近くに寮に現れた足音は、今もって理由がわからない。


冷えた空気。
どんよりした雲の下の、重苦しさ。
厚い霧の街。
まるでその中にいるような描写。

独りの寂しい異国のクリスマス。
そこでする回想が、リアル。
外国の夜、一人でするにはあまりに寂しい回想。
でもたぶん、そういう状況ではするであろう回想。

広い建物に響く靴音が、聞こえるよう。
静けさ。
足音の理由も、現れた場所も消えた理由も、2日だけで消えた理由も、わからない。
実話だから当たり前だけど、こういう不思議が一番不思議でリアリティがある気がする。

実は毎年あるけど、誰もいないからわからなかっただけ?
いや、だったら門番夫婦は知ってるか。
独りの雰囲気と夜の雰囲気が、怖さを増幅させます。

さて、2つの話はいずれもフランス。
だが最後、3つ目の話は日本で経験した話だ、ということで3つ目の話もあります。
これが同じ作家の人と一緒に、経験しているなかなか怖い話。

そして後日、遠藤先生はこの宿に再び、カメラマンと学生を連れて検証に泊まっているのです。
も~、さすが狐狸庵先生。
遠藤先生は幽霊屋敷に1泊して検証するという企画をやっていたようですが、これはその第1弾。

「夏のよき物語を、私たちは破壊してしまった」という結果に終わった話もあります。
しかしこの3つ目の幽霊話の検証は、最後にやっぱり「うわああああ」となっています。
他にもタイプを変えた「怖い」話が、何本も掲載されていました。
今読んでも、「うわあ…、怖いな」と思えた本で、年月が経っているのに怖いんですから、ほんとに怖い本だと思います。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL