闇に生き闇に消える 「サスケ」

サスケ。
白戸三平氏のマンガ原作のアニメです。
子供の時、見た記憶があります。

見ていた当時は、サスケがなぜ他の忍者たちに追われているのか、わからなかった。
サスケの父親を倒して、ナンバーワンになりたいんだろうなと思ってました。
何か、そんな描写も、あったような気がします。

成長してわかったんですが、サスケは徳川側の忍びに追われていたんですね~!
そういえば、敵は服部半蔵。
柳生十兵衛。


半蔵はごつくて、妖怪っぽかった。
十兵衛はまだ若い青年で、スリムな長髪で片目を閉じていた。
お約束の眼帯はなかった。

私が知ってる服部半蔵や柳生十兵衛は、時代劇の主人公。
だから「サスケ」の設定を知った時、ちょっとビックリ。
立場が変わって彼らは敵だったら、かなり怖い相手になる。

「サスケ」の最終回、サスケと父親はある村に落ち着いた覚えがあります。
父親はかつての妻のような優しい女性と一緒になって、サスケと共にその村に住むことを選ぶ。
忍びとしての生き方をやめる。

あれほど執拗な追っ手がどうしたのかは、ちょっと覚えてません。
でもハッピーエンドでした。
私の中の「サスケ」は、そこで終わったんです。

原作に、その続きがあったのを知ったのは、ずいぶん後です。
いや~、ほんとはものすごく悲惨なラストだったんですね。
アニメの「サスケ」にも、今なら変更されるようなシーンはあった。
しかし原作は残酷と言うか、シビアな原作のラストだった。

この時代、徳川側に従う以外の勝ちはなかった。
それ以外の生き方ってなかった。
改めて、歴史を見る思いがします。

権力者側を相手に、痛快に動き回った小さな少年忍者サスケ。
でも最後は、圧倒的な権力に押し潰される。
「サスケ」は、少年がたくましく成長して行くマンガだと思ってました。
それは実は世の中の非情さ、無情さを見せる物語だった。

ほんとに冒頭のナレーション通り「闇に生き、闇に消える。それが忍者の運命なのだ」という話だったんですね。
当時のマンガや映画は、こういうラストを用意することが多かった。
時代の空気を感じます。

子供の時、このラストを知らなくて良かった。
知っていたら、サスケを懐かしく思い出すことには、ならなかったでしょう。
今度、「サスケ」を見る時は、幸せなラストだけ、受け入れて見ることにします。
冒頭のナレーションも、音楽もカッコいい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード