上様を本気にさせる人

確か、「暴れん坊将軍」に、石橋蓮司さんが出演した話があったはず。
しかも、家康公のお墨付きか何か持っていて、上様の言うことも聞かない。
でもその話は、第1シリーズにはなかった。
夢だったのか…。

そう思っていたら、ありました!
第2シリーズの3話!
家康公ではなく、綱吉公の永代お構い無しのお墨付きを持っていて、無法働き放題。

しかし最後は、永代お構い無しのお墨付きは、人殺しも犯罪行為をお構い無しなんて書いてな~い!と言って、吉宗はバッサリ。
お墨付きは粉々に。
紙吹雪になってしまった!

蓮司さんと、蓮司さんに言われて最初に上様に斬りかかった2人は、ほんとに上様に斬られた。
さすが、蓮司さん。
上様を本気にさせる人。

蓮司さんが妾にしようとしてた娘は、今は議員さんになった三原順子さん。
最初は徳田新之助に覗きをされたと勘違いして、ひっぱたいちゃったりしたんですが、やがて徳田新之助を好きになった。
親に売られた形で妾奉公に出される前、め組にいるはずの新さんに会いに来た。

蓮司さんの魔の手から上様に助けられたけど、新さんを上様と知ったらもう、前のようにはいられない。
新さんに「(家に)戻るのか」と聞かれて、自分を売った親のところでも戻ると言う。
そこが自分の居場所だから。
ちょっと悲しいけど、しっかり者の娘はきっと大丈夫。

三原さんの儚い恋物語と、蓮司さんの凶悪さが見られる。
蓮司さんのこれ以外の「暴れん坊将軍」出演の覚えはない。
三原さんも良いし、私には貴重なエピソードでした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

確か神谷主水正という役名でしたね。

暴れん坊将軍は将軍が主人公というだけあって
主人公を圧倒する程の存在感を持つ悪役が、余り出てこない様に
感じるのですが、石橋蓮司さんは凄かったですね!!!

城中で問い詰められても、お墨付きで居直り吉宗に礼を取らせ
乗り込まれても平伏せず叩き斬って明日の天下を占ってやるとまで
言い放つ。凄まじい存在感でした。

それと実は石橋さん、この話以外にも一度だけ出演されてます。
第一シリーズの28話に登場するのですが、この話では吉宗の命を狙う
軍学者を演じておられます。

こちらの役柄も吉宗相手に一歩も引かない凶悪さで、怯む事を知りませんでしたね。
話自体もかなりハードで名エピソードに入ると思います。

古畑さん

>古畑さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>確か神谷主水正という役名でしたね。

名前も良い(笑)

>暴れん坊将軍は将軍が主人公というだけあって
>主人公を圧倒する程の存在感を持つ悪役が、余り出てこない様に
>感じるのですが、石橋蓮司さんは凄かったですね!!!

好敵手は尾張公ぐらいで、それも吉宗と張り合うというよりは、こそこそっと陰謀巡らす感じですもんね。
しかし蓮司さんは良かった!
真っ正面から、逆らったー!

>城中で問い詰められても、お墨付きで居直り吉宗に礼を取らせ
>乗り込まれても平伏せず叩き斬って明日の天下を占ってやるとまで
>言い放つ。凄まじい存在感でした。

さすが、蓮司さんでした。
もうあの不敵さ。
それでいて下品じゃないところが良い!

>それと実は石橋さん、この話以外にも一度だけ出演されてます。
>第一シリーズの28話に登場するのですが、この話では吉宗の命を狙う
>軍学者を演じておられます。

おおお、見逃してる?!
ショックー!

>こちらの役柄も吉宗相手に一歩も引かない凶悪さで、怯む事を知りませんでしたね。
>話自体もかなりハードで名エピソードに入ると思います。

見なきゃ、見なきゃ!
教えて下さって、ありがとうございます。
蓮司さんはほんとに、良い俳優ですよねえ…。
「暴れん坊将軍」は初期は、バラエティにとんだ話が多く、おもしろいです。
コメントありがとうございました!

>>それでいて下品じゃないところが良い!
確かに演じた役としてはほぼごろつき旗本なんですが、石橋さんが演じると
どこか気品があって、不敵さ・凄みが良く出てましたよね!!

第二シリーズはこの3話も含め最初3回は、暴れん坊将軍にあまり出演しない
悪役俳優さんが強烈な役柄で登場しているのが面白いです。

まず第1話では南原宏治さんが「賂の動かぬ政などありはせぬ」と豪語する
ある意味で吉宗と対極の思想を持った目付役で登場しますし

2話では抜け荷を働く長崎奉行で小池朝雄さんが出演しています。
劇中の沈着で論理的な物言いが、やはりコロンボだなと思いました(笑)

そして3話の神谷がこの記事で取り上げておられる石橋蓮司さんですから
思えば、中々凄いスタートですよね。

古畑さん

>古畑さん

>確かに演じた役としてはほぼごろつき旗本なんですが、石橋さんが演じると
>どこか気品があって、不敵さ・凄みが良く出てましたよね!!

そうなんです!
ここが名優さんのすごさなのでしょうが、ただの町のゴロツキの悪役の時と、三河以来の旗本の悪役と、違うんです!
この、品の良さが出てるって、すばらしいんじゃないでしょうか。

>第二シリーズはこの3話も含め最初3回は、暴れん坊将軍にあまり出演しない
>悪役俳優さんが強烈な役柄で登場しているのが面白いです。

はい、うれしかったです。

>まず第1話では南原宏治さんが「賂の動かぬ政などありはせぬ」と豪語する
>ある意味で吉宗と対極の思想を持った目付役で登場しますし

南原さんがまた、存在感あるんです。
声が良くて、声聞いてるとつい、「良い声だなあ」って言ってます。

>2話では抜け荷を働く長崎奉行で小池朝雄さんが出演しています。
>劇中の沈着で論理的な物言いが、やはりコロンボだなと思いました(笑)

「あっ、小池さんだ!」って言ってしまいました。
小池さんのコロンボも実に良かった。

>そして3話の神谷がこの記事で取り上げておられる石橋蓮司さんですから
>思えば、中々凄いスタートですよね。

第2シリーズを力強くスタートさせるために選ばれた俳優さんだったんですね。
強烈な悪役はいつも、物語を引っ張ってくれます。
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード