こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP映画・ホラー/サスペンス ≫ カリガリなのだ

カリガリなのだ

子供の頃。
夜中にふと、目が覚めた。
テレビがつけっぱなしになっていた。

親が起きて見ていたかは、覚えていない。
テレビには、古い映画らしい、白黒の画が映っていた。
その白黒の画の中の、酷薄そうな男は静かに、冷ややかに言った。
「カリガリ博士だ」。

覚えているのは、これだけ。
何の映画かもわからない。
夢だったのかもしれない。

カリガリ…、カリガリ。
人の名前だった。
そんな名前の夢が、あるものか?

それから何年も経って、オールナイトの映画館で、古い映画の上映があった。
その中のタイトルのひとつに「カリガリ博士」があった。

カリガリ…、カリガリ。
これは、あの映画?!
夢じゃなかった。

カリガリ博士という映画を、ばっちり記憶に残した。
そしてまたその何年か後。
ついにその白黒映画のビデオを見る機会があった。

ドイツの有名な、サイレント映画らしいということも知った。
しかし…、サイレント映画。
サイレント映画なら、酷薄な感じの男が「カリガリ博士だ」と名乗ったりしない。

映画は、サイレントで、不気味な雰囲気に溢れていた。
美術もなかなかで、映画史を語る上で欠かせない映画であると思った。
しかし、私が子供の頃見た、夜中の夢のような映画ではなかった。
自分が見たのは、何だったのかー!

そしてまた、何年か後。
「怪人カリガリ博士」というアメリカ映画があることを知った。
話からしてどうもこれこそが、酷薄な男が「カリガリ博士だ」と言った映画らしい。
しかし、確かめる術はない。

さらに時間が経って、今。
そのDVDを見ることができそうになっている!
子供の頃の、夢のような記憶に、私は会えるのだろうか。
あの酷薄な男は、私に向かって「カリガリ博士だ」と言うのだろうか!


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL