1968年。
アメリカのコロラド州デンバーで、作曲家が格安の豪邸に入居。
しかし屋敷では毎日、何かを叩くような音が響き、ドアが勝手に開閉する。

調べたら、2階の部屋の壁がおかしい。
壁を壊すと、階段が現れた。
その先には部屋が現れ、少年の日記があった。

隠された部屋。
そこに子供がいた形跡がある。
怖い話だ。

この映画は、本当にあったこの話からできたらしい。
それを知ると、本当に怖い。
「チェンジリング」。

雪のある日、音楽の教授のジョン・ラッセルは家族と外出していた。
車が止まってしまい、ラッセルは電話をかけに電話ボックスへ入った。
外では、妻と娘が雪合戦をしてはしゃいでいた。

やってくる一台の車。
雪道で突然、スリップした。
対向車がそれを避けようと、ハンドルを切る。

ラッセルが事態を把握し、電話ボックスを飛び出そうとしたが遅かった。
妻は娘をかばうように抱きかかえ、後ろに倒れた。
そこに車は容赦なく、突っ込んだ。
ラッセルの車が、グシャリと潰れる…。

雨の中、ラッセルは仕事から家に戻ってきた。
門番が優しく声をかける。
「ありがとう」と言って、ラッセルは部屋に戻る。

箱に詰められ、片付けられた荷物。
家政婦が声をかける。
ラッセルは過去に戻る。

「パパ」と娘が笑い、ボールを投げてくる。
ラッセルの目の前に、娘とキャッチボールしたボールが転がっている。
シアトルに向かう荷物に、このボールも入れるよう、ラッセルは指示する。

事故から4ヶ月。
友人がラッセルを気遣い、シアトルの大学に呼んだのだ。
卒業生で、有名な作曲家となったラッセルは歓迎された。
友人の家では、兄弟が先を争って帰って来た。

ラッセルはそれを見る。
家はどうするのか聞いた友人の妻に、ピアノを弾いても苦情がこないよう、家を借りたいと言った。
クレア・ノーマンという女性が翌日、ラッセルを連れて古い立派な屋敷を案内しにやってきた。

広い庭。
石造りの屋敷。
12年前に歴史保存教会の手に移ったという、豪奢な古い館だった。
「すごいな」。

館は、チェスマンハウスといった。
博物館にする計画まであったのだが、住むために建てられた家なのでとクレアは言った。
ではなぜ、今まで人が住まなかったのだろう?
管理が大変だったのではないか。

家具はついている。
今は協会のほうで、手入れをする人間が来るとクレアは言った。
大きなグランドピアノがあり、調律すれば使えた。
ラッセルは館を借りることにした。

ラッセルがピアノを弾いている。
一箇所、鳴らないキーがある。
手入れの職人が人が来ているのを知らせて、ラッセルは出て行く。
誰もいない部屋。

ピアノがある。
ポン。
さっき鳴らなかったキーが、音を立てて沈んだ。

ラッセルの授業が始まった。
授業はラッセルの講義を聞きたい学生で溢れた。
夜には、チャリティーのコンサートに出席した。
ラッセルの曲が、演奏される。

地元の名士が集まっていた。
クレアから、チェスマンハウスを借りている人だと紹介された夫人は、少し怯えた表情を見せた。
「あそこ、広いでしょ」と、とってつけたようなことを言う。

上院議員のジョセフ・カーマイケルが演説を始めた。
30年も議員を務めた、実力者だ。
小柄だが、攻撃的な風貌の男で、歴史保存協会の理事も勤めている。

館に戻ったラッセルが眠りにつく。
朝、6時。
ごーん、ごーん、ごおおおんという音が館中に響く。
「タスケテ…」。

「助けてえ…」。
確かに子供の声がした。
ラッセルは部屋中を見回した。
誰もいない。

その日、ラッセルはピアノを弾いていた。
ギイイと音がする。
背後でドアが開く。

ドアは、こちら側に向かって開く。
廊下から、誰かが押さないと開かないはずだった。
だが、開いたドアの無効には廊下が見えるだけ。
誰もいない。

ラッセルが振り向く。
外をのぞく。
「誰かいるのか?タトルさん?」

「お呼びですか?」
呼ばれたと思ったタトルが、庭から声をかける。
掃除の人でも来ているのだろうか。

いや、今日はタトル1人しか来ていない。
気のせいか、とラッセルはピアノを弾き始めた。
前には録音機がある。

ラッセルは今、録音したピアノを録音する。
録音機が回りだす。
流れるような、ピアノの音。

約束した版画を持って、クレアがやってきた。
館の前で写した、古い写真もあった。
クレアが素敵な小物入れに目を留めた。

中には娘のキャシーが遊んでいた、ボールがあった。
クレアが気まずそうに、ボールを元に戻す。
乗馬服を着ているクレアに、ラッセルは一緒に乗馬に出かける。
ラッセルはつい、娘のことを思い出した。

馬が大好きだった。
事故のことが、ラッセルに蘇る。
その朝、眠りながら、ラッセルは泣いていた。

朝、6時。
ごーん、ごーん。
またあの音が、館中に響きだす。

ラッセルは目を見張った。
涙が止まった。
何だ?
この音は。

タトルはボイラーが詰まったのだろうと言って、パイプを叩いた。
だが2日続けて、朝6時きっかりに鳴ったのだ。
30秒鳴って、これもまたキッカリ終わる。
古い館だから、いろんな音が出るでしょうとタトルは言った。

その夜、館では学生たちが演奏をした。
雨が降っていた。
学生たちが帰って行く。

見送ったラッセルが家に入ると、水音がする。
雨の音ではない。
ラッセルはキッチンの蛇口が開いて、水が出ているのを見つけた。

「やめて…」。
声がした気がした。
ラッセルは階段を上がる。
また、水音がしている。

きゅっと蛇口が閉まる音がして、水音がやんだ。
上だ。
3階だ。
いぶかしげに、ラッセルは階段の上を見る。

暗い階段を上がっていく。
廊下には誰にもいない。
声がする。

水音が舌。
ラッセルがドアを開けると、バスルームの蛇口から水が出ていた。
浴槽に水が溜まっている。

ラッセルは蛇口をひねって、水を止めた。
その瞬間だった。
水の中に、何かがいた。

あぶくが、ひとつ、ふたつ、立ち上ってくる。
はっと、ラッセルが息を呑む。
水面にぼんやりと、顔が浮かぶ。

目が見えた。
こちらを見た。
あぶくと目が重なり、まるで目玉が水に浮いてくるように見えた。

子供だ。
男の子だ。
ラッセルは後ずさりして、部屋を出た。
声も出なかった。

ラッセルはクレアを訪ね、館でこういうことが起きたことはないのか聞いた。
クレアは自分がここに来た時はもう、空き家だったと言った。
ラッセルは根を詰めて仕事をしているのではないか。
事故のことで、精神もやられているし…。

電話で呼ばれたクレアが席を外すと、事務員の初老の女性がやってきた。
あの家は貸すべきではなかったのに、クレアが勝手に話を進めたのだと女性は言った。
「人が住むのに向いてないからです」。

「誰もあの館には住めないわ。人間が近寄るのを嫌っているから」。
「じゃあ、やっぱり以前に何かあったんですね?」
女性は無言で去っていく。

ラッセルは館に戻って、再び外出した。
その時、ラッセルの前にガラスが落ちてきた。
赤いステンドグラスだった。

しかし、どこの窓も割れていない。
ラッセルは館をじっと見る。
気が付かなかったが、屋根裏に窓がある。

赤いステンドグラスがはめこまれていた。
あそこだろう。
ラッセルは館の中に戻り、屋根裏に向かった。

ひとつ、ひとつ、ドアを開けて、確かめる。
だが庭に面した窓のある部屋はない。
奥の突き当たりに、部屋がある。
開けると、そこは物置だった。

古い壷やら、道具が棚に置かれている。
だがよく見ると、壁がおかしい。
ラッセルは棚をどかした。

壁の板を外すと、ドアが現れた。
鍵がかかっている。
ラッセルは鍵を叩き始めた。
壊れない。

その時、あの音が館に響き始めた。
ごおおん、ごおおん。
音が反響する。

ラッセルが再び、鍵を壊し始めた。
音がやんだ。
ドアを押すが、開かない。

体当たりする。
しかし開かない。
もう一度、と思ったとき、ドアはすうっと開いた。

スポンサーサイト
2015.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3054-36720ba6