ぶっ飛んだ展開の「猫侍」第2話。
いやいや、黒沢明監督の「蜘蛛巣城」見たのでね。
「猫侍」のぶっ飛びぶりに癒されたいと、思ったり。


拙者、元加賀藩、剣術指南役!
無双一刀流免許皆伝。
ついたあだ名が斑鬼。

ものすごい形相で、構える久太郎。
狙い定め、振り下ろした刀。
…と思ったらそれは鍬。
裏庭に野菜でも植えて、食費の助けにしようと言う考え。

(種、たね…、うぉう!)
植えようとした大根の種を、玉之丞が食べている。
「ていっ、ていっ!」

あわてて、久太郎が追い払う。
(おお、こんなに減ってる。ん?そんなにうまいのか?)
種を摘み上げて、見てみる。
一粒、口に入れて、久太郎は顔をしかめた。

しかし、(へっ?ん?結構いける)とすぐにまた一粒、口に入れた。
じいい、と玉之丞が久太郎を見つめる。
(うまっ)
種を食べる久太郎が、玉之丞の視線に後ろめたくなり、背中を向ける。

「いただきます」。
久太郎の前には、ご飯1杯とめざしが乗った皿がある。
玉之丞の前には、やはりご飯が入った茶碗がある。

にゃおん。
玉之丞が鳴いた。
(なんだ?)
にゃおん。

玉之丞が、じーっと久太郎を見つめる。
(これは俺のだ)。
じー。
(そんな目で見るなよ…)

玉之丞は、久太郎を見つめる。
そのつぶらな瞳。
(しかし…。う、うーん)

ため息。
次の瞬間、めざしは玉之丞の前にあった。
玉之丞はにおいをかぎ、食べ始めた。

(うまいか?)
思わず、久太郎はにっこりする。
(お静。おハル。変わりはないか?こちらは玉之丞とめざしを取り合う)

「うふふ。たまにはね」。
「いただきます」。
お静とおハルの前には、うな重があった、

久太郎の声が響く。
(お前たちには苦労をかけて済まない。仕官が決まればすぐに迎えに行く)
そこまでつぶやくと、玉之丞がめざしを綺麗に平らげていた。
(はっ。もう食ったのか?全部?!)

久太郎は庭を見る。
(大根さえできれば…)
あおん、と玉之丞が鳴く。
(今は我慢だ。早く仕事を決めねば)

家を出る久太郎。
大家の菊乃がやってくる。
(出た!)
「おやあ?おでかけかい?」と菊乃は言ったが、すぐに鼻をヒクヒクさせた。

「ん?ん?獣のにおい。このにおい…、また猫?」
久太郎は「猫などおらん!」と言うと、(まずい。さいなら~)と逃げるように走っていく。
「竿は?釣りに行くんじゃないのかい?」と菊乃が言う。

久太郎は、猫見屋へ寄る。
その途中、美少年の役者に群がる女性たちを見た。
すごい人気だ。

(何だ?この騒ぎは?)
するとその美少年が「斑目さま!」と言った。
(んん?)

「これはこれは。ご無沙汰しております」。
(誰?)
「うわあ、懐かしい」。

美少年がしなを作る。
女性たちの嬌声が上がる。
久太郎は去っていく。
「斑目様?」

猫見屋ではお七が玉之丞を抱いて、「少し痩せたあ?相変わらずの貧乏暮らしなのねえ」と言った。
(ほっとけ!)
「そういえば、この近くに新しい口入屋ができたのよ。行ってみれば?玉ちゃんは私が預かってあげる」。

久太郎が壁を見る。
値段表が改正されている。
(んん?おおっ。猫預かり、半日30文。また値上げ!こいつ…!)

久太郎の視線にお七は「何よお」と言った。
「これで仕事が決まれば、安いもんでしょう。さあ早く、行った行った!」
久太郎を送り出し、玉之丞を抱っこしながら、「がんばってねえ!行ってらっしゃあい!」と手を振る。

口入屋の看板には、ぴんはね、と書いてあった。
(ぴんはね…。えげつない名前だなやっぱり帰ろう)
踵を返した久太郎の背中に、店から出てきた主人が「旦那!仕事をお探しですか!」と声をかけた。
「お侍様にピッタリな仕事を取り揃えております!」

そう言って、久太郎の前に回ると、その顔にびくっとなるがすぐに笑顔になると「どうぞどうぞ」と店の中に招き入れた。
「亭主の天引と申します。先ずはこの、登録帳にご記入願います」。
(名前…、斑目久太郎。年、47)

「47!結構行ってらっしゃるんですねえ」。
(大きなお世話だ)
(経歴、元加賀藩、剣術指南役、無双一刀流免許皆伝)。
それを見た天引屋の主人は、「おお、おお、それはすごい」と感心した。

「どうしておやめに?」
(まあ、一身上の都合)
「ああ、首、ですね」。
(たっ、失礼だなこいつ!)

(好きな食べ物。んん?ようかんだな)
その答えを見ると天引屋は、「ぷっ。甘党ですね」と吹き出した。
(いちいち!)

(自分を動物にたとえると。うん…、トラ。いや、イヌワシかな。…この質問、(就職に)関係あるかな?)
「ところで、どういったお仕事をお探しで?」
(剣術指南役)
「いや、いやいやいや、無理ですよ。もうちょっと妥協していただかないと」。

「あははは」と笑いながら、「そうだなあ、用心棒なんかいかがでしょう。その怖い顔だ、立ってるだけで相手が逃げ出しますよ」と言った。
(怖い顔は生まれつきだ!)
「そう、その怖い顔!用心棒にピッタリだ!間違いない!」
(こいつ…)

久太郎は黙ったまま、店を出る。
「あ、ちょっとお待ちを!斑目さまー!」
その名前を聞いて、店先で腰掛けていた武士が立ち上がり、後を追いかけてくる。

路地で久太郎を見つけたその太った武士は、「お待ちください!」と言った。
「拙者、戸田藩士、小野寺信吾と申す。失礼だが、おぬし、斑目久太郎殿か」。
「うむ」。
「おお、そうか。剣の達人との噂だが、それはまことか」。

ハエが飛んでいる。
久太郎は答える代わりに刀を抜き、閃かせ、鞘に収めた。
「ん?」

小野寺は気が付かない。
(ん!)と久太郎は心の中でつぶやく。
だが、小野寺は気が付かない。

(ふん!)と、久太郎が地面に向かって視線を送る
「ハエ?」
小野寺が地面を見る。
「羽が切れてる。まさか今ので?お見事!」

(えっへん)
「その見事な剣の腕、我が藩にて生かすつもりはないか?」
(きたーっ!)
久太郎は心の中で叫んだ。

その頃、お七は玉之丞をブラッシングしながら、「相変わらず良い毛艶してるわねえ」と言った。
「私も分けてほしいわあ」。
玉之丞をとかしていた櫛で、自分の髪をとかす。

小野寺の屋敷で、久太郎は「息子に剣術を教えてほしい」と言われていた。
それも、子供向けではなくびしびしと教えてほしいと。
成果が上がれば、剣術指南役に推挙すると言われた。
(剣術、指南役…)

久太郎の顔が、思わずほころぶ。
(いかんいかん、気合。気合)
「貫太郎!」と小野寺が自分の息子を呼ぶ。

「父上、貫太郎です」。
まだ年端も行かない子供がやってくる。
「こちらは斑目久太郎殿。今日からお前の師匠だ」。

貫太郎と言われた子供は、久太郎の顔を見ると途端に泣き出した。
「顔が怖い!」
(へっ?)
「鬼みたいだよ~」。

小野寺がうろたえる。
(お、鬼?まずい、いかん)
久太郎も内心、あわてる。
(し、しまった!ええ。えええええ。やってしまったのか…)

話はなかったことになった。
その帰り、久太郎は再びあの、美少年がいた芝居小屋の前を通った。
(猫又座?)
「斑目さま!」

声がして、中から、あの美少年が出てきた。
(あ、またあいつだ)
(え?こっち来た。おっ、来た)

美少年は、久太郎の前まで近づいてきた。
(何か、怖い…)
「なぜお逃げになるのです」。
(だから、誰?)

「拙者、職を変えたでござる」。
(誰だ?)
「私ですよ。ほら」。

美少年はそう言うと、手にした扇子で手のひらにすらすらと書く仕草をした。
「ひい爺ですよ!」
(ひい爺?)

久太郎の脳裏に、猫と一緒に裏路地に座っていたあの老人の姿が蘇った。
(ええええ?ジジイ?まじ?!)
「その節はいろいろお世話になりました。絵描きをやめて、今は役者の世界で生きております」。

(理解不能!)
「すべてはあれのおかげです」。
ひい爺だった美少年が指差す先には、一軒の店があった。
(整形?)

「私は生まれ変わったのです。ひい爺から、相崎すみれの助」。
そして袖をめくり、力こぶを見せた。
「青春を取り戻します!」

「座長、そろそろ」と、男が呼びに来た。
「ちょっと待ってておくれ」。
そして、「さらば。お名残惜しいが、これにて失礼!」とポーズを決めて去っていく。

(なんだ、いちいち?)
(えええ?なんだ、あいつ?)
整形屋と書かれた店の看板を見て、(さらば、さえない私?ううん?)とつぶやく。

「いらっしゃいませー!」と、店の中から、青年が出てくる。
「いかがですか、整形!人生が変わりますよ!」
しかし久太郎は、あわてて逃げていく。

その夜。
「そば、そば~。いつもあなたのそばに~」と呼びかける夜鳴きそばの屋台があった。
そこで、同心と岡引きがそばを食べている。

「あちちち」と同心が、そばから口を離す。
「だんな、猫舌ですか?」
「うるさい!」

岡引きの問いに起こった同心だが「あちちち」とまた、そばから口を離す。
くすっと岡引きが笑う。
「あっちい!」

同じ夜。
長屋。
玉之丞は、ざるの中。
(人生は変えられる、か…。ううん)と、久太郎は考えていた。

布団をはがし、座り、玉之丞をざるから取り上げる。
玉之丞の顔を見て、抱きしめる。
そして思案する。

翌日、久太郎はまた、猫又座の前を通る。
整形屋の前で、足を止める。
(何が整形だ、まったく)

「そうそうそう、その怖い顔。用心棒にピッタリだ」と天引屋の主人は言った。
「顔が怖い」と、小野寺の息子は泣いた。
「青春を取り戻します!」と、ひい爺は力こぶを見せた。

(ばかばかしい!)
(うん?)
1人の老婆が、整形屋に入っていく。

(ま、まさか)
「いらっしゃいませえ!」という声がした。
(うん?)
「ありがとうございましたー!」

(早や)
久太郎の前を、整形屋から若い女性が出て行った。
(えええ、ええ?ぴちぴち?!)

(まじ?)
(んん?)
信じられない思いの久太郎の前を、ひい爺だった美少年が「みんなついておいで!」と言って走っていく。
女性たちがその後を追いかけて走り、久太郎が巻き込まれる。

その嵐が去った後、久太郎は「玉之丞?」とびくの中に呼びかける。
びくの中は、空だった。
あおん。

玉之丞の声がする。
「玉之丞!」
玉之丞を探して、久太郎が整形屋の中へ入る。

「いらっしゃいませ!」
「違う!」
「どうぞこちらへ!」

「やめろ!」
久太郎が叫ぶ。
「あああああーっ!」と悲鳴が聞こえる。
ばたん、がしゃんと音がする。

「玉之丞、俺だ玉之丞!」
玉之丞が逃げていく。
「玉之丞、玉之丞!俺だーっ!」
叫ぶ久太郎の顔は、まったくなさけない顔に変わっていた。

一句。
鬼面と 言われ続けて 四十七 うれしはずかし つかの間の夢



もはや、時代劇でもなんでもないと言いましたが、このことか~。
閑話休題の回かな。
玉之丞の愛らしさはますます、パワーアップ。

前回より表情がリラックスしていて、撮影にも慣れた感じがします。
良い表情が撮れてます。
あんな目で見られたら、食事譲りますね。
久太郎の職探しも、スタート。

しかし、ひい爺の若返りはわからない。
あんな技術は、現代にもない。
整形って、どーいうこと。
つかの間の夢ということは、期間限定のような気がする。

かる~く見られるお笑いの回。
玉之丞の愛らしさを愛でる回。
しかし、久太郎がめざしで、妻子がうなぎってかわいそう。

お静の実家がいいのかな。
それでお静さんが、おっとりしているのかな。
お七こと、高橋かおりさんが綺麗ですね~。
高橋さんの楽しそうな笑顔が見られるのも、猫侍の楽しいところかな。

久太郎の表情も、パワーアップ。
北村さん、顔の筋肉すごい動くなあ。
今回はストーリーは進展なかったですが、 久太郎の心の声と表情に笑わせてもらいました。
シーズン2は、2人でいろんな人と関わり、いろんな経験をして、人の人生を見ていく物語みたいですね。


スポンサーサイト
2015.04.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3063-8a4384bb