タイムスリップ

見ました、「まんが日本昔ばなし」、先行放送。
懐かしい!
見ていた頃も、懐かしく思い出しながら見ました。

♪裏の畑でポチが泣く♪の「花咲か爺さん」。
犬はポチじゃなくて、シロでしたが、シロが死んじゃうところは泣けました。
画のお月さんも泣いていた。
しかし、ハッピーエンドで良かった。

それで「見てはなりませんよ」って言われると、人間って見ちゃうんですね。
「浦島太郎」は今見ても、開けちゃいけない玉手箱をみやげに持たせられた。
あれを開けるってことが、竜宮城との決別なんでしょうが、浦島太郎は神隠しにあったとか言われてたんだろうか。
海で行方不明になるなんて、珍しくなかったのか。

「座敷わらし」は、子供の頃見たら、ちょっと怖かったな。
いなくなると没落するし、ふいっと来たりいなくなったりする。
それなら、最初から地味に暮らしていた方が良いような気がする私は貧乏性。
これ、音楽も終わり方もちょっと奇妙な余韻を残して終わるから、余計怖い感じがするんですね。

「キジも鳴かずば」がありましたが、確か、すごい嫌な気分になる話だったなあ…。
そう思ったら、やっぱりめちゃくちゃ暗くなる話でした。
「カチカチ山」ではお婆さんが殺されちゃうし、ここも悲しかった。

「さるかに合戦」は考えてみると、牛のふんが喋るししかも知恵者って、シュールな話だ。
あれは踏んじゃっただけで、すごいダメージだと思う。
蛇も狸も狐はもちろん、うぐいすやすずめだって、人の姿に化ける。
そしてコミュニケーションをとってくる。

こうやって見ると、日本って、万物に魂が宿ってるんですね。
日本人の職人気質って、こういう性格から来ているのかも知れない。
深いな!まんが日本昔ばなし!
…などと難しいことを考えたりもしたが、大半は楽しく見ただけなのであった。

これ見て、時代劇見ていたら、現代社会に戻って来るの、大変。
適応できなくなりそう。
タイムスリップ気分な連休なのだった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ちゃーすけさん、ご無沙汰しております!

私も録画したものをちびりちびりと見てる最中なのですが、いや~良かったですよね。
OPの ♪ぼうや~ でちょっとウルっときてしまいました。
昔話は勿論ですが寓話とか神話など、お話のバラエティと各話のクオリティの高さに、
いい歳になって見返してみても、改めて凄い番組だったんだなぁと思いました。
上っ面だけじゃなく、もっと深いところまで、
そして、明るいだけじゃなく、恐ろしさや怖さなども含めて
あの限られた尺のなかで、しかもお二人による演じ分けで
子供にも解りやすく伝えて下さっててホントに素晴らしいですね。
我が家の7歳児もじ~っと見ておりますよ。

ちなみに、私が子供の頃の土曜の夜といえば、
『料理天国』→『タイムボカンシリーズ』→『まんが日本昔ばなし』→『クイズダービー』→
『8時だョ! 全員集合』または『オレたちひょうきん族』でしたが、
この頃に一気にタイムスリップできた素敵な時間でした。

>これ見て、時代劇見ていたら、現代社会に戻って来るの、大変。

すんごくわかります!
まぁ私の場合はGW関係なく、最近は時専chが点きっぱなし状態なので、
すでに戻れてない感が^^; お邪魔いたしました!

まっきーさん

>まっきーさん

おひさしぶりです!
来て下さってありがとうございます。

>私も録画したものをちびりちびりと見てる最中なのですが、いや~良かったですよね。

レギュラー放送まで、これで楽しみます。

>OPの ♪ぼうや~ でちょっとウルっときてしまいました。

私もです。
当時の思い出がよみがえって来ました。

>昔話は勿論ですが寓話とか神話など、お話のバラエティと各話のクオリティの高さに、
>いい歳になって見返してみても、改めて凄い番組だったんだなぁと思いました。

子供の頃にあの番組が見られたなんて、実は恵まれた環境だったんですね。

>上っ面だけじゃなく、もっと深いところまで、
>そして、明るいだけじゃなく、恐ろしさや怖さなども含めて
>あの限られた尺のなかで、しかもお二人による演じ分けで
>子供にも解りやすく伝えて下さっててホントに素晴らしいですね。

宝物のようなアニメです。
二人芝居もすばらしいですね。
時代劇専門チャンネル、ありがたいです。
よく放送してくれました。

>我が家の7歳児もじ~っと見ておりますよ。

何だかうれしいですね。

>ちなみに、私が子供の頃の土曜の夜といえば、
>『料理天国』→『タイムボカンシリーズ』→『まんが日本昔ばなし』→『クイズダービー』→
>『8時だョ! 全員集合』または『オレたちひょうきん族』でしたが、
>この頃に一気にタイムスリップできた素敵な時間でした。

同じ、同じです!
ひょうきん族は違いますが、土曜の子供はTBSだったんですね。
この後は「Gメン75」か「大江戸捜査網」→「横溝正史シリーズ」でした。

>>これ見て、時代劇見ていたら、現代社会に戻って来るの、大変。

>すんごくわかります!
>まぁ私の場合はGW関係なく、最近は時専chが点きっぱなし状態なので、
>すでに戻れてない感が^^; お邪魔いたしました!

良いですね~!
私もチャンネルがほとんど時代劇専門チャンネルになっています。

コメントありがとうございました。

懐かしくて堪らないのに、何故か新鮮

ちゃーすけさん、お久しぶりです。

今更で恐縮ですが、5月5日は楽しかったですね。
ビデオ見放題ではまだ配信されていない作品もあり、大喜びでした。

リアル子供のみならず、「元子供の日」としても最高な一日。

>犬はポチじゃなくて、シロでしたが

定かか否か自信はありませんが、一説によると、明治の開国で西洋人が居住し始めた頃、(多分英国人)全身にブチのある犬が彼等の間で流行っており、ブチ=spotに因みSpottyと名付けられる事が多かった。日本人には「ポチ」に聞こえ、以来犬の代名詞になった…かもしれないらしいですよ。

♪うーらの畑で~の曲も、現代に作られたのでしょうから、或いは…ですかね?

「花咲かじいさん」は、泣いているお月様の他に、通りがかったお殿様が馬を止めると、おんまちゃんがどさくさで「貴重な肥料」を地面に何個も落としていたりして(笑)、よく見ると実に芸が細かい作画ばかりで唸らされます。

「浦島太郎」の玉手箱、私は不老(不死?)効果の類かと考えています。
竜宮城では歳を取らない、地上に戻れば300年が経過していても、太郎はそのまま。

もし箱を開けなければ、その年齢からの生活が再開し、普通に老けていったのでしょうか…気になります。

たちまち白骨化、ではなく、300+α歳の老人になったのも、玉手箱の不老効果?

いやいや余計な事なぞ詮索せず、純粋にファンタシーを楽しめば良いだけの話ですが、ふと思惑がよぎるといくらでも想像が膨らむのも、日本昔話の奥深い所だと思います。

さて、別チャンネルでは日曜の朝に「一休さん」を放映中ですが、こちらも懐かしーい!

本当に久し振り、♪好き好き好き好き~のOPに浸っていたら、よりにもより、最初に見たのは「めでたくもあり、めでたくもなし」のエピソード。

将軍様(キートン山田さん、いい味出していました。西沢利明さんが実写をやったら似合いそう)が初詣でお通りになるため、戦で焼き出された人達が身を寄せ合う河川敷で立ち退きが始まる。

ケツ顎も凛々しい(失敬)新右衛門さんも、宮仕えの辛さで煮え切らない態度、憤慨した一休さんは得意のとんち(と言う名の屁理屈或いは駄洒落w)を駆使し、桔梗屋さんと大店の旦那二人から、当初の要求(超大量の米etc.)の代りに、荷車に山盛りのおむすびをもらう事に成功。

喜び勇んで安国寺の本堂に駆け込むと、そこにはさよちゃんの幼馴染を始め、ほんのひと握りの弱った人しか残っていない。

侍が来て、又戦になるので、男は砦作り、女は飯炊きを食事の確保を餌に引き連れて行ってしまった。

やり場の無い怒りを胸に、一休さんはお正月で賑わう街中へ。
錫杖の先に髑髏を刺し、「ご用心なさい、ご用心なさい」と繰り返しながら歩く姿に、街の人達は「とんち小僧がおかしくなった」「正月なのに演技でもない」と罵声と石つぶてを浴びせ続ける…。

タイトルを目にした途端、当時のトラウマが蘇ってきました。
今時の子供向け番組では絶対に作れない、流せないだろうヘビーさ。

流石にこの一本のためだけにアイキャッチを変更する訳にも行かず、いつもの「おもしろかった?じゃーねー」の明るい声が、後味の悪さに拍車を掛けていました。

昔話も勿論そうですが、良い意味での容赦の無さを、子供にも正面切って提供していましたね。ウルトラマンも、救いの無いエピソードが結構ありますし。
子供騙しなどとんでもない、子供相手だからこそ真剣に、魂を込めて一話一話作っていた時代です。

今の子供や若者達が羨ましいと思う事も多々ありますが、この点では当時の子供で良かったと思います。

因みに、声優の増山江威子さん、一休さんでは母親の伊予の局とナレーター担当ですね。
今や日本中で誰一人疑わぬ、=峰不二子の声ですが、実は彼女の声質、むしろ母性を感じさせます。

不二子を演じたいと公言する某女優さん(どなたなのかはバレバレですねw)に対し、原作者が「彼女は第二シリーズの不二子のイメージ。色気が無いでしょ」の様なコメントをしたらしいですが、私も青ルパンの二階堂さんによる不二子の方が遥かに、「喰えない女」「憎めない悪女」オーラが抜群だと思います。

ルパンの項に書くつもりでしたが、一休さんついでに失礼致しました。

話は変わりますが、英国人も昔話や時代劇が大好きなようです。無論、あちらの自家製が。
代表は、前者なら指輪物語やロビン・フッド(子供向けアニメも人気でした)、後者はエリザベス1世等の王朝もの。

今でこそCS等のチャンネルも沢山あるでしょうが、私の在住当時はBBCが何でもかんでも取扱う(3つくらいしかチャンネルが無く、ロンドンのホテルで米国人観光客が「テレビが壊れている」と苦情を言う映画がありました)ので、日本ならさしずめ地上波番組と時専チャンネルとNHKが代わり番こに流れている感じでした。

ただ、西洋と言うかキリスト教が背景の文化では、動植物には魂や心が無いのが原則、故に食肉も憚らない、なる考えが根底にあります。

無様な食べ残しを、私が勿体無いとしつこく言うので、徐々に反省し始める欧米人も少なくないのですが、ある米国人は「肉は確かに勿体無いが、植物にはそれを感じない。感情も神経も無いから」と言い切り、呆れ返ってしまいました。

その人の意見が国民の総意では決して無いでしょうが、根深い所では大同小異な筈、おごる平家ならず超大国の未来や如何に…と思った直後が、かの9月11日、そして年月を経てのリーマンショックです。

特に前者は誠に不謹慎ながら、「あらあら、やっぱりバチが当たっちまって…」と内心呟いてしまう私は、骨の随まで日本人でござりまする(笑)。

>こうやって見ると、日本って、万物に魂が宿ってるんですね。
>日本人の職人気質って、こういう性格から来ているのかも知れない。

ちゃーすけさんのお考え、心底共感、賛同致します。
人間が考え出した宗教以前に、年齢や身分を問わず、自然を愛で恩恵に感謝できるのが日本人魂、その具現化が豊富でユニークな昔話。

7月の本放送開始が今から待ちきれません。

ではいつもながらの駄文、お目汚しに恐縮しながら本日はこれにて。
又お邪魔させて下されませ。ごきげんよう。

丁髷中毒さん

>丁髷中毒さん

お返事できなくて、本当にすみません。

>リアル子供のみならず、「元子供の日」としても最高な一日。

しかも本放送はちゃんと土曜の夜7時からやってくれるという、元子供にはうれしい配慮。

>定かか否か自信はありませんが、一説によると、明治の開国で西洋人が居住し始めた頃、(多分英国人)全身にブチのある犬が彼等の間で流行っており、ブチ=spotに因みSpottyと名付けられる事が多かった。日本人には「ポチ」に聞こえ、以来犬の代名詞になった…かもしれないらしいですよ。

な~るほど。
そういえば最近、猫の名前にも「たま」が少なくなったとか。
人間につけるような名前が多くなっているそうですが、「ポチ」もいなくなっているんでしょうね。

>よく見ると実に芸が細かい作画ばかりで唸らされます。

いろんなところがいちいち、楽しいですよね。

>「浦島太郎」の玉手箱、私は不老(不死?)効果の類かと考えています。
>竜宮城では歳を取らない、地上に戻れば300年が経過していても、太郎はそのまま。

あの時間の経過が異次元世界の話として、今も通じるんですよねえ。

>もし箱を開けなければ、その年齢からの生活が再開し、普通に老けていったのでしょうか…気になります。

あのままの太郎で、地上と同じ時間が経過していったのか、私も気になります。
玉手箱には300年の時間が入っていた?
しかし300歳はいくらなんでもないか。
うーん、浦島太郎は奥が深い。
いえ、丁髷中毒さんの言うとおり、日本昔ばなしの奥が深いんですよね。

>将軍様(キートン山田さん、いい味出していました。西沢利明さんが実写をやったら似合いそう)が初詣でお通りになるため、戦で焼き出された人達が身を寄せ合う河川敷で立ち退きが始まる。

ああ、西沢さんとか似合いそう。
桔梗屋さんは誰がいいかな。

>錫杖の先に髑髏を刺し、「ご用心なさい、ご用心なさい」と繰り返しながら歩く姿に、街の人達は「とんち小僧がおかしくなった」「正月なのに演技でもない」と罵声と石つぶてを浴びせ続ける…。

これ、私も覚えてます。
「正月から縁起でもねえことをする坊主だ!」って街の人が一休さんに石を投げるのも、ショック。
当時の子供には相当なインパクトでしたね。

>今時の子供向け番組では絶対に作れない、流せないだろうヘビーさ。

「アルプスの少女ハイジ」でも、役に立たないと判断されたヤギは処分される…なんてシーンがありました。
当時の子供向け番組には、こういうリアルな描写もあったんですよね。

>流石にこの一本のためだけにアイキャッチを変更する訳にも行かず、いつもの「おもしろかった?じゃーねー」の明るい声が、後味の悪さに拍車を掛けていました。

これ、これ!
「…おもしろくないでしょ」って思うしかなかった。

>昔話も勿論そうですが、良い意味での容赦の無さを、子供にも正面切って提供していましたね。ウルトラマンも、救いの無いエピソードが結構ありますし。
>子供騙しなどとんでもない、子供相手だからこそ真剣に、魂を込めて一話一話作っていた時代です。

「ジャミラ」とか「ウー」とか、ウルトラマンが退治することが正義なのか、これでめでたしなのか?と思ってしまうような話、ありましたね。
当時の大人から子供へ、考えてほしいメッセージが入っていたんだなあと思います。

>今の子供や若者達が羨ましいと思う事も多々ありますが、この点では当時の子供で良かったと思います。

これ、私の友人も言ってます。

>今や日本中で誰一人疑わぬ、=峰不二子の声ですが、実は彼女の声質、むしろ母性を感じさせます。
>不二子を演じたいと公言する某女優さん(どなたなのかはバレバレですねw)に対し、原作者が「彼女は第二シリーズの不二子のイメージ。色気が無いでしょ」の様なコメントをしたらしいですが、私も青ルパンの二階堂さんによる不二子の方が遥かに、「喰えない女」「憎めない悪女」オーラが抜群だと思います。

私が「懐古主義!」と言われてもしょうがないんですが、不二子ちゃんは青いルパンの不二子が一番好きです。
まさに謎の女で。
女盗賊だか、女スパイか、わからない謎の女。
途中、不二子とペアを組んでいた殺し屋の男が出たり、不二子がルパンをかばってその男を撃ってしまったり。

ルパンが処刑されたと思った不二子が、ルパンのワルサーを海に捨てながら、「ずいぶんひどいこともしたけど、本当は…」ってつぶやく。
色気、そしてあの絶妙なバランス、ルパンとの距離が、赤いルパンの不二子ちゃんにはないと思います。
赤いルパンの不二子は、宝石好きな女泥棒って感じで、これが好きって人もいると思いますけどね。
実際に大ヒットしてますし。

>話は変わりますが、英国人も昔話や時代劇が大好きなようです。無論、あちらの自家製が。
>代表は、前者なら指輪物語やロビン・フッド(子供向けアニメも人気でした)、後者はエリザベス1世等の王朝もの。

近代では「ダウントンアビー」とか、おもしろいですもんね。
アメリカの人もやっぱり、西部劇好きじゃないのかな?

>今でこそCS等のチャンネルも沢山あるでしょうが、私の在住当時はBBCが何でもかんでも取扱う(3つくらいしかチャンネルが無く、ロンドンのホテルで米国人観光客が「テレビが壊れている」と苦情を言う映画がありました)ので、日本ならさしずめ地上波番組と時専チャンネルとNHKが代わり番こに流れている感じでした。

アメリカは広大な国土に娯楽は少ないということで、テレビが発達するのはわかるんですが、日本もかなりチャンネル多いんですよね。
ヨーロッパってそれほどでもない…。

>ただ、西洋と言うかキリスト教が背景の文化では、動植物には魂や心が無いのが原則、故に食肉も憚らない、なる考えが根底にあります。

よくわかっていないのではっきりいえないのですが、たとえば西洋の人はペットは確かに家族として大切にすると思います。
が、人間と動物の線引きは、日本人にはないシビアさがある気がします。
昔、鴨を食べた時、その料理屋の裏に鴨の供養塔がありましたが、ああいうことは西洋の人はしないんじゃないかと。

>ちゃーすけさんのお考え、心底共感、賛同致します。

ありがとうございます。
針供養とか、使っていた針に感謝して供養するとか、日本人らしい~って思いますよ。
そういう、道具にも魂があるって考えが日本人の物を作る心、職人気質に多いに影響していると思うんです。
イタリアも職人気質みたいですが、そういえば麺類の微妙な茹で具合にこだわるのはイタリア人と日本人らしいですね。

>人間が考え出した宗教以前に、年齢や身分を問わず、自然を愛で恩恵に感謝できるのが日本人魂、その具現化が豊富でユニークな昔話。

自然災害が多い土地ですもんね。
自然に、いろんなものに神様が宿っているって考えになるのかもしれませんね。

>7月の本放送開始が今から待ちきれません。

ほんと、まだ先が長いなあって。
お返事が遅れて本当にすみません。
興味深いお話ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。
プロフィール

ちゃーすけ

Author:ちゃーすけ
癖の強い俳優さんや悪役さん大好き。
俳優さん、ドラマ、映画、CMその他、懐かしいもの、気になるものについて、長々と語っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

本も映画も文具も、いいものはいい!

LEVEL1 FX-BLOG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード