天気が良いので、外でランチ。
ベンチに座って、おにぎりを食べようとした時、うなり声が聞こえました。
背後の植え込みの中に、大きな茶色のトラ猫。

キミか!
私と目が合ったので、敵意がないことを示すためにゆっくり瞬き。
しかし、うなる。

おお、怒っている。
ここは自分のテリトリーだから、出て行けって?
うーん、でも他のベンチには人がいるし。
すいませんけど、ここで食べます。

場所代でございます。
おにぎりの具の、シャケを植え込みの中に置く。
野良猫の餌やりには、賛否両論。
シャケが猫の体に良いかどうかもある。

ですが、場所代ということで。
シャケを置いた後は、静か。
ふと後ろを見ると、シャケがない。

そしてテリトリーの主と、目が合う。
再び、大声を出す。
催促ですかっ。

次の日、またベンチに行きましたが、主はいなかった。
その次の日、別のベンチの植え込みに主はいました。
私を見る目が、若干柔らかかったような気はする。

しかし、別の植え込みに駆け込んだので私は場所代を置かずに済んだ。
まあ、場所代を払う人の顔ぐらい覚えて、待ち伏せてたらいいんじゃないか。
そういうわけには行かないか。

だけど、野生の猫はたくましいな。
家の猫ではあれでは到底、太刀打ちできまい。
たくましく、生きていってほしいと思う昼下がり。

スポンサーサイト
2015.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3081-1e8bf45f