こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP必殺以外の時代劇 ≫ すずめもつばめも 「桃太郎侍」最終回前

すずめもつばめも 「桃太郎侍」最終回前

ほぼ1年?毎日、時代劇専門チャンネルで放送していた高橋英樹さん主演「桃太郎侍」。
先月でついに最終回となりました。
しかし「桃太郎侍」の最後は、すごかったんですね。
レギュラー出演者が、次々、お亡くなりに。

中でもずっと視聴者を和ませていた、すずめとつばめの師弟どちらも亡くなってしまうとは!
「必殺」並みのハードな展開。
つばめがかわいがっていた、すずめ。

お調子者で騒がしくて単純で、時には浅はかで人に迷惑をかけることもある。
桃太郎に恋するすずめを、からかうこともある。
でも決して人は悪くない。
むしろ一途で、お人好し。

そんなすずめは、いつも惚れては利用されたり、恋破れたりしていた。
ところが、すずめの結婚が決まった。
しかも相手は美男子!

みんなが祝う祝言の前日。
すずめのフィアンセは、事件に巻き込まれ、記憶喪失になってしまった。
祝言を挙げるはずのすずめのことも、まったく思い出せない。

さらには目撃者と思って抹殺を企んで近づいた盗賊一味の女性を、親切な女性と勘違い。
すずめよりこちらの美女を慕う始末。
自分を事件に巻き込んだ盗賊一味の女性とは思い出せずに…。
ショックのすずめ。

だがすずめは最期、フィアンセをかばって凶刃に倒れる。
フィアンセが無事であることを喜びながら、弱っていくすずめ。
記憶を取り戻したフィアンセは、驚愕。

なぜ、なぜ、すずめが死に掛けているのか!
驚きと嘆きの中、すずめは笑顔で死んでいく。
怒りの桃太郎。

…という、すずめなんて罪のないキャラクターの死は、ちょっと衝撃でした。
すずめなんて、きゃーきゃー騒いでいてほしいキャラクター。
あなたは、死んじゃうなんてハードな展開を迎えてはいけないキャラクターじゃなかったの?!

いやいや、つばめだって死んじゃう。
桃太郎の兄だって、死んじゃう。
どうしたんだ、桃太郎侍。
本当に本当に、全部の世界を断ち切って終わるのか。

すずめのフィアンセは、元フォーリーブスの江木俊夫さん。
これがまた、好演なんですよ。
「日本名作怪談劇場」の「怪談 玉菊燈籠」では男らしい武士でしたが、これは罪な優男。
江木さんって、良い演技するんですよね。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL